Happy 14th Birthday!

本日、11月15日はあーちゃんの誕生日であります!

あーちゃん、14歳のお誕生日おめでとう〜! 024.gif

つい昨日生まれたばかりのような気がするのに今日でもう14歳だなんて、月日が経つ
のがあまりにも早くてなんだか信じられません。

生まれた時はこんな感じで随分心配させられましたが。


e0326991_08492699.jpg


NICU(新生児集中治療室)に5日滞在してやっと家へ帰れた日、待ちに待った
グランマと対面。

(グランマが本当に嬉しそう。)

e0326991_08493979.jpg

e0326991_09045410.jpg


(子供の成長ってあっという間なので、小さいお子さんをお持ちの皆さん、子供
との毎日の貴重な時間を楽しく過ごして下さいね。)


尚、今日は誕生日と言っても大きなパーティを開くわけでもなし。


小さい頃からおもちゃや物を欲しがる様子もなく、物質欲があまりないあーちゃん
は、私達が誕生日には何が欲しいか?と聞いてもすぐには答えられず、最終的な
リクエストとしては「誕生日は一日中家にいて、自分だけの自由な時間が欲しい!」
と言うことだったので、その要望に応えて今日は一日中あーちゃんの好きにさせて
います。

普段だと週末でも数時間オンラインスクールのコースとかやってるようですが、
今日はそれもお休みで、朝早くから起きて例のNaNoWriMoのイベントの為の小説
を書いているようです。

好きな音楽を聴きながらだとインスピレーションがわくらしい。

e0326991_08510691.jpg

ただ、唯一(唯二?)のスペシャルリクエストとして、バースディケーキは大好きな
Nothing bundt CAKESのケーキが食べたい”と言う事だったので、夕べのうちに
このお店を訪れケーキを購入しておきました。


e0326991_08495060.jpg

e0326991_08495981.jpg

バースディケーキは大きくて1つのフレーバーしか味わえないので、その代わりに
カップケーキサイズ(と言ってもそれにしては結構でかいのですが。)をいくつか
買って複数のフレーバーを楽しみたいという事で、"Bundlet"と言うパーソナル
サイズのケーキを買いました。


e0326991_08505324.jpg


数あるフレーバーの中からあーちゃんが選んだのは...

・Red Velvet
・Chocolate Chocolate Chip
・Pecan Praline
・White White Chocolate

の4種類。

(5つにすれば?と言ったのだけど、なぜか4の数字にこだわった。)


ここのケーキはしっとりしていて甘さも控えめですごく美味しいんです!


e0326991_08511869.jpg


e0326991_08512933.jpg


e0326991_09552240.jpg

e0326991_08515550.jpg

e0326991_08520663.jpg

この顔みたらどれだけ美味しいか想像つきますでしょ?(笑)

e0326991_08522317.jpg

やはりティーネージャーになったせいか、最近は私がカメラを向けると嫌がって
なかなか正面の写真を撮らせてくれないのですが、「ケーキはどう?」と聞くと
隠れながら「いいね!」のサインをしてくれました。

e0326991_08525086.jpg


e0326991_08523869.jpg


もう一つのリクエストは地元の鉄板焼きレストランで普段はなかなか食べられない
豪華なスペシャルコースを食べたいと言う事で、今夜家族で外食する予定です。

(なんかどっちも食う事ばかり!やはりまだ色気よりも食い気のようですね。笑)


ここしばらくの間夕焼けをみる事もなかったのですが、外がやけにオレンジっぽい
なと思って窓をのぞいたら、今日は久々にきれいな夕焼け空をみる事ができました。


e0326991_09481284.jpg

e0326991_09482616.jpg


e0326991_09483806.jpg


オレンジ色が好きなあーちゃんにビッタリ!

空もあーちゃんの誕生日を祝福してくれたのかな?(笑)

ごく平凡で穏やかなバースディでしたが、あーちゃんはとても満足していたよう
なので良かったです。


いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-16 10:09 | あーちゃん

蛍光色ツイン

タイトル見て、(一体なんじゃ? (*´・д・)???)と思われている方もいるんでは
ないでしょうか?(笑)


ここ最近になっていきなりめっきり寒くなったこの地域ですが、特に夜は気温もかなり
低くなり、(最低気温が平均して−1℃〜–4℃)もう冬じゃないのか?と言ったくらいで
あります。

(本格的に冬になるとこの地方はどかっと雪も降り、もっと寒くなるのですが。)


...にもかかわらず、パパとあーちゃんは現在でも例の「夜の散歩」を続けています。

うちの近所は山を開拓した住宅地なんであまり電灯とかも見当たらなくて、月がない夜
などまさに真っ暗闇になってしまうので、運転している車がライトを照らすと見え易い
ようにと、最近パパとあーちゃんはハイライターのように眩しい蛍光色のトレーナーを
お揃いで着て夜の散歩に出かけているんですよ。(笑)

(だから「蛍光色ツイン」)


e0326991_08175017.jpg


もちろん反射テープもしっかりと足首とウエストに巻き付けています。(笑)

e0326991_08180384.jpg

e0326991_08181108.jpg


それにしてもいつも思うのですが、暗闇に車を運転していてライトを照らした際、
全く同じ格好をして背中に大きなバックパックをかつぎ、真っ暗闇の住宅地を歩い
ている2人組の姿を見たら、ドライバーは幽霊でもみたのでは?とびびってしま
うんじゃないか?と想像しただけで笑ってしまいます。


人がなんと思おうが一切気にならないマイペースのパパ。

そんなパパの奇行の道連れにされてるあーちゃんを不憫に思っていたのですが、
でも意外にもあーちゃんはこのパパとの夜の散歩(本人達は”night walk"って言っ
てます。笑)をかなり楽しんでいるようなんですよ。


バックパックの中にかなりの量の砂を入れているので坂道を上り下りして歩くだけ
でもかなりいい運動になるみたいで、就寝の数時間前に身体を動かすと夜もぐっすり
眠れるらしく、最近体調もすこぶる快調であります。


一昔前は体力だけが取り柄だった体育系のパパの方は、やはり50も半ばになると
さすがに体力の衰えを感じるようになったらしく、最近では散歩から帰って来ると
額に汗の玉を輝かせながらふーふー言ってますよ。042.gif


若い頃はホノルルマラソンをかなりいいタイムで走り抜いたりしてたのにねぇ。
やっぱり歳には勝てません。

e0326991_09093816.jpg


あーちゃんは平気で坂道もどんどん歩いて行ってるけど、自分はたまに息苦しく
なる事もあるそうで、最近ではあーちゃんに頑張ってついていってるなんてこと
言ってましたよ。


つい先日この夜の散歩に出かける際など、パパがあーちゃんのバックパックに
携帯を入れようとしていたのでどうしてかと聞くと、


「万が一歩いている時に心臓発作かなにか起こして倒れてしまった際、あーちゃん
が911(緊急時の番号)に電話出来るように。」


って事らしく、また、慣れない事や突然の事、緊急の状態などパニックを起こし
やすいあーちゃんの特性を理解しているせいか、散歩中に「パパが倒れた場合」
の電話での応対の練習や、対処の仕方などを前もって打ち合わせしたりしている
そうです。(笑、いや、笑っちゃいけませんね。)


パパもリタイアしてからあーちゃんの育児や教育に携わる時間が増えてからと
言うもの、あーちゃんの特質を更に理解し始めたようで、私の方もかなり楽に
なりました。


しかし、やっぱり毎日地道にエクササイズを続けていく事は大切ですねぇ。

あーちゃんは昔は体力がなくてちょっとした身体的活動もいつも「しんどい〜!」
「疲れた〜!」と文句を言ってたのにね。

最近ではかなり体力をつけていってるようです。


運動をしない日は”何かが欠けている”と感じるみたいで、すっかり毎日の生活
の一部となっているようで、「身体を動かすと気持ちいい」という感覚が身に
ついていってるようです。

いい蛍光傾向ですね。(笑)



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-15 09:38 | Exercises

Imposter Syndrome(詐欺師症候群)についての記事

このブログでもこのトピックについては以前とりあげた事がありますが、(詳しくは
ギフテッドの人達も陥りやすいこの「詐欺師症候群」についての記事を毎度お馴染み
ライフハッカーの日本版で見つけたので、参考の為にリンクしておきます。






最近では海外の記事や文献もライフハッカーの日本版で(日本に訳されて)かなり
読めるようになったので、様々な情報が得られて嬉しいですね。


日本語版にもオリジナル(原文)の記事へのリンクがついている事が多いので、
そちらも一緒に読むと英語のリーディングの練習になりますね。



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-15 07:11 | Gifted

Googleの面接で出された質問

今はもうやってないみたいですが、以前Googleの入社面接ではこういった奇問、難問
などが問われていたようですねぇ。



日本語に訳されているものを集めたページも見つけました。





あーちゃんに見せたらすごく面白がって解いてましたよ。

こういうのやるの好きなんですよねぇ〜。


私は完全にお手上げですが、あーちゃんの話ではロジックや統計、確率、簡単な算数や
数学のコンセプトに基づいた問題が多いみたいで、中にはMathcountsに出て来るよう
な問題もあるそうです。


ちなみに英語版の方の答えはこちら。



「こういう問題を答えるだけの面接だったらいいのにー!!!」

って言いながら結構、(全部じゃないですが)すらすらと解いていたのにビックリ
しました。


興味のある方、是非トライしてみて下さい!



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-14 11:01 | その他もろもろ

Mathcounts Newsletter

昨日、郵便受けの中にこんなものが入ってました。

あーちゃん宛に送られて来たMathcountsNewletter

e0326991_09402043.jpg

これまで数年間の間地区大会と州大会に参加して来たけど、こういうものが送られ
て来た事は一度もなかったのですが、今年の5月に全国大会に参加して名前が登録
されたせいか、今回初めてNewsletterが送られて来ました。


あーちゃんは高校生になったのでもうMathcountsとは関係なくなったのだけど、
”卒業生”として、こんなふうに時折情報を供給してくれるのは嬉しいです。


このニュースレターの中に興味深い情報が載ってました。

e0326991_09532553.jpg



今年(2014年)の国際数学オリンピックに参加したUSAチームメンバー達とコーチ
の全員が、もとMathcounts全国大会の出場者だったようです。

ほぉぉぉ〜!

そう言われてみれば見覚えのある顔と名前がちらほら。

e0326991_09570011.jpg

e0326991_09572335.jpg


やっぱり国際数学オリンピックに参加するような子達って、中学生の頃から
すでに凄かったんだなぁ。

この子達のほとんどが複数の年に参加している(中には3年連続参加!)という
ところもすごい。

3年間連続と言う事はですよ、中学の6、7、8年全て州で上位4以内だったと
いう事で、8年生ならまだしも、一番学年が低い6年生の時点で全国大会行きの
資格を得るなんて、本当ただ者じゃありませんよぉ。

この子達は多分、全国大会でも1位や2位の子達でしょうね。

そう考えると全国大会に参加した224人の中で、個人のスコアが半分よりも少し
上位だった(はっきりは忘れましたが90〜100位くらい?)あーちゃんなんぞ
とても国際数学オリンピックを目指すレベルではないですよねぇ。


(まぁ、全参加者100,000人の中で上位100位とみれば決して悪くはないですが。)


私が、何気に(今年度優勝した)「Swapnil君だとIMOに行けるだろうねぇ。」
と言うと、あーちゃん、ものすごい怖い目つきで私を睨みながら、


「僕だって今からがむしゃらになって頑張ったら可能性はあるかもしれない
じゃないかーーー!!!」


ムキー! (# ゚Д゚)


って、怒られちゃいました。(笑)


そうよねぇ〜、まだハイスクール始ったばかりだし、これからガンガン頑張れば、
この先どうなるかわからないものだしね。


数年前までは(Mathcountsの全国大会出場なんて夢のような話)と思っていた
私ですが、実際実現しましたし。(それもネバダ州で1位!)


昔からあーちゃんには私達も何かとかなりびっくりさせられてますので、この先も
驚かされる事を期待したいと思います。


このニュースレターを読んで、ますます数学コンテストへのモチベーションが高ま
ったあーちゃんでした。



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-13 10:30 | Math(数学)

むわっはははははぁ〜!

あーちゃんのパンケーキにチョコレートソースでsmiley faceを描こうとしたら、
何だかevil faceになってしまった...(汗)


e0326991_06112198.jpg



やっぱり私は微妙な手先のコントロールが欠けてるわぁ。

(あーちゃんの不器用さは私譲りだわ。苦笑)


再度挑戦!

今度はあーちゃんの好きなオイラーの等式を。

=と0がくっついてしまったけど、まぁまぁの出来かな?


e0326991_07545816.jpg


いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-12 06:13 | その他もろもろ

That's so true!

ネットで見つけた記事を読んでいて、

はぁぁ〜、(゚Д゚) 全くその通りだぁ〜。(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。)


と激しく共感、同意してしまった言葉の数々を抜粋。

まずこちらの、



と言う記事のリストの中より。


3. Being afraid of making mistakes is why so many students who
“succeed in school fail in life.”

“I believe that our society’s ‘mistakephobia’ is crippling, a problem that
begins in most elementary schools, where we learn to learn what we are
taught rather than to form our own goals and to figure out how to achieve
them. We are fed with facts and tested and those who make the fewest
mistakes are considered to be the smart ones, so we learn that it is
embarrassing to not know and to make mistakes. Our education system
spends virtually no time on how to learn from mistakes, yet this is critical
to real learning. As a result, school typically doesn’t prepare people for
real life—unless their lives are spent following instructions and pleasing
others. In my opinion, that’s why so many students who succeed in school
fail in life.”

“Everyone makes mistakes and has weaknesses and…one of the most
important things that differentiates people is their approach to handling
them.”


5. Learn to objectively reflect on yourself and others—most
importantly on your weaknesses.

“The most important quality that differentiates successful people from
unsuccessful people is our capacity to learn and adapt…people who can
objectively reflect on themselves and others—most importantly on what
their weaknesses are—can figure out how to get around those weaknesses,
can evolve fastest and come closer to realizing their potentials than those
who can’t…However, typically defensive, emotional reactions—i.e., ego
barriers—stand in the way of this progress.”


“Having others help find one’s weaknesses is essential because it’s very
difficult to identify one’s own. Most people don’t like helping others explore
their weaknesses, even though they are willing to talk about them behind
their backs. For these reasons most people don’t do a good job of
understanding themselves and adapting in order to get what they want
most out of life. In my opinion, that is the biggest single problem of mankind
because it, more than anything else, impedes people’s abilities to address
all other problems and it is probably the greatest source of pain for most
people.”


Remember that intelligent people who are open to recognizing and
learning from their weaknesses substantially outperform people with the
same abilities who aren’t similarly open.”





この記事のリストに出て来るほとんどの言葉がとても為になりますし、本当
にそうだなぁとうなずいてしまいました。

英語ですが、よかったら全部読んでみて下さい。


いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-11 09:58 | 英語の記事・情報

プログラミングが学べるサイト

昨日の記事でプログラミングの話題がでたついでに、ネットでコーディングが学べる
サイトをいくつかリンクしておきたいと思います。


まず、こちらは低年齢の子供達でも楽しみながら学べるコーディングのアプリを集
めたページのリンクです。



そしてこちらのページも数々のサイトがリストアップされていて参考になります。



↑のリストに含まれている「Codeacademy」は英語のサイトですが、下記の
サイトでやり方などが日本語で説明されているのでわかりやすいと思います。




その他、英語でもOKな場合でしたら諸々のMOOCのサイトで様々なコースが提供
されています。




おぉぉ、あと、こんな学校も見つけました!



”コードアカデミー高等学校は日本で初めてプログラミング学習を必修とした
普通科通信制高校です。”

”当校では通信高校として英語や社会といった普通科目も学習しながら、3年間で
普通高校を卒業することができます。”

”また本校の特色として全体の講義のうち、約3分の1をプログラミング学習に
当てています。”


ってことで、最近では社会のニーズに合わせて色んな学校も増えて来たようで、
オプションが広がると言う事はいい事ですね。


では、皆さん、

Happy coding~!


いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-11 08:39 | Resources

プログラミングにハマってます!

あーちゃんが興味や関心を示す分野というのは決して多くはないのですが、でも一旦
それらにハマってしまうとかなり熱中してしまい、寝ても覚めてもその活動にどっぷり
とのめり込んでしまうという状態になります。


でも熱しやすく冷めやすいパパとは違い、その情熱はかなり長い間続く事が多いので、
スキルを更に向上したり磨きをかけたりしていく事が出来るタイプですね。


今でも相変わらず数学やライティングに対する情熱はメラメラと燃え続けているよう
ではありますが、最近それらに新たに加わったのがプログラミングみたいであります。


過去にもMOOCを通してPythonなどのプログラミングのコースをとって独学していた
みたいですが、高校になって学校でAP Computer Scienceを取り始めてからは本
格的にJavaをやり始めたようで、とにかく毎日授業や課題をするのが面白くて仕方が
ないといったハマリようであります。


実はこのコース、9月にオンラインスクールを始めるにあたってコースを選択する際、
9年生のコース選択のオプションの中に含まれていなくて、学校の公式サイトのコース
選択のオプションのリストには含まれているのになぜ取れないのか?とカリキュラム
アドバイザーに聞いたところ、


「今学期はこのコースは(このオンラインスクールでは)誰も取ってなく、また現在の
時点ではこのコースを教えられる資格のある教師がいない為オファーしていない。」

との事でした。

(APコースは一応大学レベルのコースなので、それ相当の資格を持った教師が教える事
が義務付けられているみたいですねぇ。)


それを聞き、私が、


「もともとオンラインコースなんで授業内容や宿題、課題などの学習カリキュラムもそれ
相応に考慮して組まれているわけだし、教師が必要になる場合というのはどういう場合か? 
教師なしではこのコースはやり遂げられないのか?」

と聞いたところ、アドバイザーは


「全てはオンラインで出来るようになってますが、学校側の唯一の心配する点というの
が、生徒が授業内容やその他の面で支援が必要な際など、指導や援助をしてあげられない
(する人がいない)と言う事で、生徒は独自でやらなければならないという事なんです。
それでも構わないのであればコースはオープンする事はできますが。」


と言う答えが返って来たので、その事をあーちゃんに伝えると何食わぬ顔で、

「No problem. I'm sure I can handle it.」


と言ったので、(私とパパも多分あーちゃんだったら問題なくやっていけるだろうと信じ
て)「それでも結構です。本人も大丈夫だと言ってるのでコースをオープンして下さい。」

と頼んで受講可能にしてもらったのでした。


ここでも又、「No」と言う返事を受入れず、そこからダメもとで交渉を始めるという
スタンスにて欲しい物を手に入れる事が出来たと言うわけであります。(苦笑)


学校側は私達の事、(鬱陶しいモンスターペアレンツ)と思っているかもしれませんが、
あーちゃんの教育オプションに関してはまさに"leave no stone unturned"という感
じで、とりあえず全ての可能なオプションを探索する心構えが必要だと思ってますので、
学校側にどう思われるかを気にしてたらベストな状況を追求出来なくなりますし。


でもここで私達が、「うちの子なら出来ますので開けて下さい!」と、その主張や
リクエストをバックアップする証拠や根拠がなにもなく、ただ要望を突きつけていた
としたら学校側もまともに取り合ってくれなかったかもしれませんが、学校側も
あーちゃんの数学やその他の成績、実績などを認識していて、このコースを取るだけ
の資格が十分あると見なしてくれたからこそわりと簡単にコースを開いてくれたのだ
と思います。


という経緯でこのAP Computer Scienceのコースを取り始めたわけですが、最初
は私も少し心配していましたが、やはり数学が得意なあーちゃん、こういう関係の
科目は全く問題ないようです。


今学期は人より遅れてコースを開始したにもかかわらず、現在のところ71%終了し、
予定よりも先に進んでますし、課題や試験の総合スコアが99%とAの評価であります。


e0326991_09291913.jpg


ただ、このコース、専門用語やコンセプトなどの学習に加え、実践の課題(実際
プログラミングする課題)が多く、その活動に結構時間を費いやしてしまい、1つ
の課題を終えるのに数時間ほどかかってる場合もよくあったりします。


でもあーちゃんはすごく面白いといって没頭してやってますが。


このコースを開始して2ヵ月ほどしか経っていないのですが、かなり基本的な事を
学んだようで、自分の自由時間でも早速学んだ事を応用し、独自のプログラミング
を作成したりしてます。


e0326991_09285317.jpg


e0326991_09290741.jpg


「今月はNaNoWriMo月間で小説も書きたいし、オリジナルのゲームなんかも
プログラムしたいし、数学の勉強もしたいし...一日24時間では時間がなさ過ぎる〜!」
ってやりたい事がいっぱいあり過ぎてわめいているあーちゃんです。(笑)



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-10 10:47 | High School

自分の手首をがじじとかじりたくなる

昔むかしそのまたむか〜し、まだパパと結婚して間もなかった頃、アメリカに本格的に
移住し1年ほど専業主婦をしていたのですが、なんだか毎日の生活に飽きを感じてきて
いた私はなんらかの刺激を求め、外の世界に出てみる事にしたのでした。


と言っても結婚前、短期間でしたが日本の企業で管理職を経験して精神的にまだ疲れて
いたので正社員として仕事に就く気はなかったし、当時は夫婦二人だけだったので経済
的にもかなり余裕があった為、”甘やかされた主婦の単なる暇つぶし程度の活動”として
地元のモールの中にある高級デパートのコスメティックカウンターの香水売り場で
セールス社員として働き始めたのでした。


セールスと言ってもある程度商品(香水)に関する知識や情報を兼ね備えている必要
があった為、勤務中のかなりの時間に講習会や勉強会、新作お披露目会などに参加
したりする機会も多く、特に新しい商品やラインが発表される前のお披露目&勉強会
など、(シャネルやカルバンクラインなどの有名な会社が主催する際など特に)よく
高級ホテルのカンファレンスルームや晩餐会の会場などを貸し切って開かれ、贅沢な
料理やスナックなどを味わいながらの説明会をエンジョイしたものでした。


で、各会社は私達、セールスレップ(sales representative)に自分の会社の商品を
お客さんにアピールしたり売ってもらいたいので、よく"gratis"と言って私達に無料
で様々な商品(香水、ボディケア商品などなど)を配給してくれてました。


launch party(発売記念パーティ?)ではいつも新商品を無料でもらえたので、一般
よりも一足お先に試す事が出来ました。


当時うちのバスルームのカウンターにはシャネルやカルバンクライン、ディオール、
その他の有名ブランドの香水やバスラインがずら〜と山ほど並んでいて、でも私は
香りに関してはかなりpickyなんで、どんなに高価な香水でも自分が好きでなかった
らポンポン友達や親戚の人にあげてました。(ものすごく感謝されましたよ!)


時にはシャネルの香水など便所の芳香剤として使ったりなんかして、(使用後に
しゅって感じで。笑)冗談で「Chanel No2」("No2"は”大”のほう)なんて言って
ましたが。

酷いですねぇ〜。シャネルさん、ごめんなさい。(苦笑)


だから私は未だにお金をだしてフレグランスを買う事に若干抵抗を感じてしまうの
ですが、先日何気にネットでPhilosophyの新しいフレグランスについてのページ
に目がとまり、その商品説明を読んでいたらとてつもない好奇心に駆られてしまい、
ついネットで衝動買いをしてしまったんです〜!


Philosophyの商品は私も以前から使っていたので馴染みはあるのですが、この新
商品、かなりユニークと言うか何と言うか、普通だったら絶対買っていなかったと
思うのだけど、商品の説明やカスタマーレビューなど読んでいるとつい嗅いでみた
くて買わずにはいられませんでした。

(地元のデパートまで行くのが面倒くさかった。)


そのフレグランスとは...

                  「Fresh cream」

e0326991_09560954.jpg



いや〜、このフレグランス、マジでフレッシュクリームのような匂いがします。


カップケーキのフロスティングのバタークリームとも言えるような、バニラっぽい
ような、ちょっとばかりコンデンスミルクの香りも!


この香りを吹きかけた自分の手首をクンクン嗅ぐと、思わずかじじとかじりつき
たくなる衝動に駆られてしまいますよぉ〜。(笑)


でも身につけるフレグランスとしてはどうかなぁ。

やっぱり変な感じ。

gourmand(バニラ、チョコ、ハニーなどのフード系)のフレグランスは私くらい
の年齢になるとつけていても可愛くないし、洗練さが欠けている感じがするし。

(通りすがりに男性が追いかけてくるより犬の群れに追いかけられそう。)


臭覚過敏のあーちゃんに嗅がせると、これは大丈夫みたいで、

「う〜ん、ママ、You smell yummy~!」

なんて言ってましたが。

まぁ、あーちゃんが好きならそれでいいか。


ちょうど甘いものが食べたかったんで、つい妙な衝動買いしてしまいました。012.gif



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by mathgifted | 2014-11-09 10:27 | あーちゃんママ


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧