<   2014年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧

MITの入学説明会へ行ってきました

こちらの過去記事でお伝えしましたように、昨日は地元のある私立学校で開かれたMIT
入学説明会へ参加して来ました。


昨日は一日中どんよりとした曇り空で小雨がしとしとと降ったりやんだりのお天気で、
気温もかなり低く寒かったです。


実はこの説明の会場となった私立の学校、こちらの過去記事でさんざんぶつくさぼやいた
学校でして、過去記事で”多分ここにくるのもこれで最後でしょう。”と書いてあったのに
結局、なんの因果かまた来る事になってしまったのには苦笑いをしてしまった。012.gif


e0326991_06393133.jpg



e0326991_06472028.jpg


e0326991_06263797.jpg


20分ほど早めに会場に到着したので私達が一番で、またもや一番前の席を確保!


e0326991_06265184.jpg

緑が多い外の景色が和みます。

e0326991_06321260.jpg


説明会の最初の1時間ほどはこの大学や生徒達、そしてキャンパスライフなどについて
のかなり詳しいプレゼンテーションが行われました。


スライドに映し出される数々の写真や、プレゼンターの説明(普段はあまり聞く事が
ないような生徒達の内輪話など)はとても興味深くて思わず笑ってしまうようなもの
も多く、でもアカデミックな分野に関しては(やっぱりさすがだわ!)と唸ってしまう
凄さも予想通りで、全体としては私がある程度抱いていたこの大学のイメージとかなり
一致していたので安心しました。


プレゼンテーションの中で、この大学の生徒達を描写する形容詞として”quirky"
(奇妙な、風変わりな)という単語が幾度かでてきたのですが、それを聞き思わず、
(おぉ〜、あーちゃんにピッタリあってるかも?)などと思ったりしましたよ。


MITのフレッシュマン(一年生)は全員大学の寮に住むみたいで、(その後は一軒家
のルームを何人かとシェアしたり、アパートに住んだりと、オプションの自由がある
みたいです。)生徒達が快適な寮生活を過ごせるように、規則や規定も結構ゆるめで
皆かなり自由気ままにやりたい事をやってるみたいですねぇ。


寮でペットも飼っていいと言うのを聞いてちょっとびっくりしましたよ〜!


そしてその後はアドミッション(入学手続き)に関しての説明となり、色々と細かい
情報を得ることができました。


前にも書きましたが、MITに入学応募するには高校の卒業証明書がいらないばかり
か、年齢制限もないらしく、アドミッション担当の人の話では入学を受入れられた
最小年齢が11歳とのことでした!005.gif


そして願書とともに提出するSAT/ACTのスコアについては、複数のテストの各
セクションで一番高い数値を受入れるらしく、受験した年などの制限もないので
ミドルスクールの時に受験したスコアも受け付けるとの事でした!


となると、あーちゃんは8年生の時にACTのMathのセクションで満点をだしている
ので、そのパーフェクトスコアを提出する事ができます!


他のセクションはこれから向上させて行けば、全ての分野において満点スコアって
事も決して不可能なわけではないという事ですよね。


そして何より今回この説明会に出席して良かったと思う事は、この地域担当の面接
官達と会う事ができたという事でしょう。

MITは個人面接は「必須」ではないけれども受ける事を強く薦めていて、面接を受け
た志望者達は、受けなかった者達よりもはるかに合格率が高いとの事でした。


面接と言ってもそんな堅苦しいものではなく、面接官と地元のコーヒーショップや
本屋さんなどで落合い、一時間ほど気軽におしゃべりをするといったカジュアルな
形態のものらしく、大学側としては高校の成績やテストスコアといった願書の書類
以外の、その個人そのものの姿を見たいためという事らしいのです。


そのカジュアルな面接でペーパーだけではなかなか見えない、興味関心分野に対して
のパッションやモチベーション、意欲、これまで携わった活動に対する思い入れなど
と言った個人的なキャラの部分が垣間みる事ができ、それらの個人情報は合否の判定
に大いに役立つとの事でした。


ちなみにこの地域には面接官が二人いて、どちらも女性で(1人は年配、もう1人は
30〜40代くらい)二人ともMITの卒業生であります。


二人ともすごくインテリジェントそうな、(当たり前か!)でもすごく気軽に話やす
そうな感じの人達で、予め知っておくだけでも随分気が楽になった感じがしました。


パパはその1人とかなり長い間色々と話をしてましたよ!(笑)


この説明会に対するあーちゃんの感想は、「自分が描いていたキャンパスのイメージと
ほぼ同じかな? 予想通りって感じ」だそうです。


話を聞いて何だかますます「高校を早く終えてフルタイムで大学に行きたい」という
気持ちが強くなったみたいでしたよ。


e0326991_06270810.jpg


と言う事で、まだ高校に入学したばかりでこういう説明会に行くのは早いかなぁ?
なんて思ってたんですが、色々と情報も収集できたし、刺激をいっぱい受けて
モチベーションも高まったしで、とりあえず参加してみて良かったです。


説明会が終わって帰る頃には雨もやんでました。


e0326991_06275344.jpg


それにしてもやたらに雲が多い日だったなぁ。


e0326991_06273999.jpg

e0326991_06281086.jpg


e0326991_06331233.jpg


e0326991_06332410.jpg


会場でもらったパンフレットとMITのロゴ入りペン。


e0326991_06324037.jpg


e0326991_06325443.jpg


いつもご訪問頂きありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-09-30 09:09 | University

グランパも努力家だった

今は亡きグランパ(パパのお父さん)は、小さい頃は決して家庭環境に恵まれていたと
言えず、それどころかかなり辛い子供&青年期を過ごしたようです。


グランパのお父さん(パパのお爺さん)は酒好きの女たらしだったらしく、保安官という
職業についていながら勤務中に近所の主婦と浮気し、一度は情事中に浮気相手の旦那に見
つかってしまい、気が狂ったかのようにして追いかけて来る中、命からがら逃げたという
ようなエピソードもあるくらい。(汗)


グランパのお母さんはそんな旦那の酒癖、女癖に苦しめられ、最終的にはグランパの両親
はグランパが小学校2年生くらいの頃に離婚したらしく、その後間もなく両親どちらもそれ
ぞれ再婚し、(詳しい事情はよくわかりませんが)グランパは母方の母親、いわゆる彼の
お婆さんによって育てられたそうです。


でもグランパのお婆さんはグランパに関してほとんど無関心だったらしく、グランパは
学校でもクラスメート達や先生にひどい仕打ちをうけ、そのうち小学校も行かなくなって
しまい、地元の年上の不良仲間達とつるむようになってしまったそうでした。


まだグランパが生きている時、こういった子供時代の話をよく本人から聞かされ、まだ
そんな幼い身で色々と苦労をしてきたグランパがなんとも哀れでやるせない思いになった
ものでした。


その後、ありとあらゆる様々な苦労やアドベンチャーを経験し、(細かい話はスキップ
しますが、)17歳の頃、自分で親の承諾サインの部分をごまかしてサインして、Navy
へ入隊し、その後は人生の軌道修正期間として、子供、青年時代には得る事ができな
かった教育や訓練、人生経験を積み重ねて行ったようであります。


小学校2年か3年で学校をやめてしまったグランパは学歴こそなかったものの、軍で行
われた数々の試験やIQテストの結果はいつも飛び抜けていたらしく、「いつもどの試験
でも最低130以上の数値は出していた」などと当時言っているのを聞いても私はピンと
こなかったのですが、あーちゃんが生まれてギフテッド関連の情報を得てからは、
グランパの諸々の特徴を見ていると、グランパもギフテッドだったんだなぁって思った
りしたものでした。


(パパを含め、パパのお姉さんと妹も皆IQが高い。)



その後、日本に滞在している時パパのお母さんと知り合って結婚。

学歴がないわりには理数系に優れていたせいか、ロッキード社とか何やらテクノロジー
関係の有名な会社に勤務していたようで、その経緯とかはよくわからないのですが、
パパが高校生の時になんと昼間は仕事をしながら夜間などに大学のコースを取り始め、
サンフランシスコ州立大学で見事、学士の学位(Bachelor's Degree)を修得したそう
です。

(パパの話では専攻は「電気工学」かなんからしい。)

当時高校生だったパパの話では、

「お父さんは仕事や大学から帰って来たらさっさと夕飯を済ませ、いつも自分の部屋で
本を読んだり勉強をしていた。とにかくいつも熱心に絶え間なく努力をしていた。」

と言ってました。


小学校も卒業してなくて、高校生の子供3人と妻を養いながら、(あっ、当時10代で
ママとなった娘の子供まで養っていたので、厳密には”3人の子供と孫1人”ですね!)
夜は大学でコースをとって、最終的には大学卒業(学士修得)するというのはなか
なか簡単な事ではないと思うので、もちろんグランパは頭が良かったとは言え、この
アチーブメントは彼の熱心さと努力の賜ではないかと思います。

ちなみにグランパとあーちゃんは性格的にもよく似ていまし、二人とも物語や小説を
書くのが大好きで、グランパもよくショートストーリーを書き、私にもそのコピーを
くれました。

それらは今でも大切に保管していますので、また機会があればあーちゃんにも読ませ
たいと思います。

あーちゃんとグランパ。(あーちゃんの5歳の誕生会にて)


e0326991_11485887.jpg


グランパの大学の卒業式。

(パパの髪の毛があまりにもワイルドなんで笑ってしまった。)

左から、パパ、パパの妹さんの子供のJ、パパのお母さん、グランパ、パパの妹、お姉さん。

(ちなみにJさんはあーちゃんの従兄弟にあたり、あーちゃんと小さい頃から仲良しの
Aちゃんのお父さんであります。)


e0326991_11465469.jpg


こちらはパパが高校を卒業してアーミーに入隊したくらいの頃の写真。

真ん中の幼児がJさん。


e0326991_13585092.jpg

月日が流れ、今度はJさんがあーちゃんを抱っこしています。(笑)


e0326991_13595335.jpg


Jさんの娘のAちゃん。

e0326991_11532772.jpg

グランパが亡くなって3年半経ちますが、私達は今でも頻繁にグランパの話をして
いるので、グランパは私達の胸の中でいつまでも生き続けています。

あーちゃんの頑張り家さんな部分はグランパから受け継いだものかもね。


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-29 12:04 | その他もろもろ

線形代数学のクラス:その後の様子

こちらの過去記事であちゃー008.gifな大失敗(オンラインテストを受けるのを忘れてしまった)
について報告して以来、現在あーちゃんが地元の大学で取っているLinear Algebra
(線形代数学)のクラスについては触れていませんでしたが、その後はまぁ、何も大き
な問題もなく、なんとかそれなりにやっていってるみたいです。


あれ以来、毎日必ず大学のStudent Portal(生徒のマネージメントサイト)をチェック
し、宿題や課題の提出日や試験日を確認し、それらを忘れないように自分のスケジュール
サイトへきちんと書き込んで管理しているようであります!


やっぱり”しくじり”または”失敗”はいいレッスン(先生)ですねぇ。(笑)

失敗する事が大嫌いなあーちゃんは、その時の強いネガティブな感情を二度と経験したく
ないというのも大きなモチベーションとなってるみたいです。


授業内容につきましては、このコース、いくら数学が得意なあーちゃんと言えどかなり
難度が高くてチャレンジングなんではないか?と心配していたのですが、今のところ
クラス内での小クイズやオンラインのテストなど、いずれも95~100%の範囲のスコア
を得ているみたいで、本人も「もちろん高校の数学よりははるかにやりがいがあるけど、
でもテキストなど見ても全部自分で理解出来るし、授業も全く問題なくついていってる
よ!」って言ってるくらい。


ただ、このクラスでは週に一度”エッセイ、証明形式”の宿題があるらしく、通常10問
くらいの問題を答えと解法をペーパーとして毎週提出しなくてはならず、(平均して約
8〜10ページ)これが結構、やりがいがあるみたいですねぇ。


高校時代の数学のクラスではこういった「解法や証明」などの文章化はさほど要求され
なかったようなので、毎週のこの練習はあーちゃんにとってもとてもベネフィシャルな
活動になるのではないかと思います。

(頭で答えはわかっていても、それをロジカルに簡潔に説明(文章化)するのはまた
違うと思うので、頻繁にこういった練習をする機会があるのはいいことですね。)


この宿題、10問くらいなんで、1問間違っても90%、2問間違いで80%、とかなり点数
が落ちてしまう為、あーちゃんも慎重にやっているようですが、先日初めて88%という
低い点数を得てちょっとがっくりしてました。

(1問間違えて、もう一問は部分的に点数をもらったみたい。)


e0326991_10471892.jpg


時々、プロフェッサーから”nice"と褒め言葉を頂たりし、そんな時はめちゃめちゃ
嬉しそうにしてます。012.gif


e0326991_10473956.jpg


最近ではクラスメート達とも色々とおしゃべりしているみたいで、彼らのほとんどが
20~21歳らしく、「ママ、このコースが難しい〜って嘆いている生徒も多いんだよ!」
なんて言ってました。

(エッセイの宿題も60%が平均みたいなんてことも言ってた。)


去年、高校3年生(シニア)達と一緒にクラスを取っていた時は、彼らとの間に約
4〜5歳の差があったけど、現在では7~8歳まで差が広がって来たのねぇ。005.gif


e0326991_11055213.jpg



と、まぁ、とりあえずこんな感じで楽しみながらやってるみたいでよかったです。


大学レベルの数学なら今までのように楽々、い〜じ〜ぴ〜じ〜ってわけにはいかん
やろ、って思ってたんですが、いやぁ、あーちゃんが(こりぁ、難しいわ〜)って
四苦八苦するのは一体どのくらいのレベルなんだろうって思ってしまいます。
(大学院レベル?)


この秋学期で線形代数学のコースを終えると、次の学期ではDifferntial Equations
(微分方程式)のコースを取るらしく、毎学期最低1コース、そして次のサマーは
2コースくらいとろうか?などと考えているみたいですね。


この調子でいくと、高校を卒業するくらいにはかなりの数の数学のコースの単位を修得
することになるんではないか?と思いますが。


でも、大学に行き始めてからは、昔のように「今学年度は数学のクラスをどうしょう
かぁ〜〜〜!」と悩まされる事がなくなったので、私達もとても嬉しく思っています。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-28 11:12 | University

Proof School:日本語の記事

Proof Schoolについて紹介されている日本語の記事です。

一応リンクしておきます。



低所得家庭の子どもでも、能力があれば奨学金を支給する。”


うちのような中所得家庭は奨学金の支給も期待できず、一番中途半端なんですよねぇ。

アメリカに住んでいると「低所得層」が色々と幅広い援助を受ける事ができて、
一生懸命自力で努力しようとしているミドルクラス層の家庭が一番しんどい思いを
している感じさえするなぁ... ( iдi )


あぁ〜、ほんと、残念。(まだかなり諦めきれていない状態。苦笑)



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-09-28 06:01 | Proof School

パンプキンスパイスの季節

そろそろ毎年恒例のパンプキンスパイスの季節がやってまいりました。


この季節になるとやたらとパンプキンスパイス味の商品が出回るんですよねぇ。

昨日、買物に行って見つけたPumpkin Cobbler Bread


e0326991_10561060.jpg


シナモンやナツメグのスパイスが効いていて、これはまぁそれなりに美味しかったです。


e0326991_10562500.jpg


グリークヨーグルトもPumpkin Pie味のが!


e0326991_10563534.jpg

e0326991_10564448.jpg


"Limited Edition"(限定版)とついてあると、なぜかこの機会を逃してなるものか、
という気になって買ってしまう自分の単細胞さが情けない...


こういう食べ物だったらまだわかるけど、なかにはコーンチップスやらデオドラント
までも「パンプキンスパイス」の味や匂い付き商品が出回ったりして、そんなもん
買う人おるんやろうか?013.gif と思ってしまう。





ピンク色じゃないPepto-Bismolなんか考えられないなぁ。

パンプキンスパイスのタンポンやらコンドームって...(汗)


なんだかジョークのようなふざけた商品だわ。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-09-27 11:11 | アメリカ生活

"Tiger Moms" May Scar Kids

ひと時話題となった、”Tiger Mom"(タイガーマム)式育児に関しての英語の記事です。

こういった育児スタイルが効果的どころか、逆に子供に悪影響を及ぼす可能性がある
ということを示唆する調査発表について書かれています。




“Our research shows that Tiger Mother type of parenting, specifically
controlling, punitive, and less supportive type of parenting, is really not
working in this sample of Chinese adolescents,” said Cixin Wang, Ph.D.,
an assistant professor at University of California Riverside’s Graduate
School of Education.”


いくつかの育児スタイルの中で、このタイガーマム式は基本的にAuthoritarian style
(独裁・権威主義タイプ)に当てはまると思うので、


▼独裁・権威主義タイプ

子供の意見や行動、姿勢を絶対的な権威でコントロールするタイプです。有無を言わせ
ず親に従わせるスタイルなため、子どもは親の言う事は絶対と信じています。周りから
は行儀のいい子に見られますが、不安感・自己評価が低い・鬱といった不安定さに悩ん
でいることが多いです。  また、権力・能力を歪んだ見方で身に付ける可能性があり、
社会的スキルの欠落が見られるケースもあります。



とあるように、まぁ、調査結果はある程度予想されたものだったのではないでしょうか。


私自身はなるべく意識的にAuthoritative style(日本語の訳だと”民主的タイプ”に
相当するのでしょうか?)を心がけるようにしています。


ちなみにこの2つの単語、Authoritarian styleAuthoritative styleはよく似て
いますが、このスタイルの違いは下記のリンクに詳しく説明されています。




もちろん、親にも色々な性格やタイプがいるように、子供もそれぞれ色んなタイプ
が存在し、それぞれの性格や環境、インターアクションなどによって結果が違って
くるのかもしれませんが、基本的にはやはり「圧力」や「恐怖」「罰」などを用いた、
威嚇的な育児や指導には本当の意味で人を動かしたり導いたりするのに限りがある
と思いますし。


うちの父親は若い頃は今よりも短気なインテンス親父で、(パパみたい?)


「あれこれ屁理屈を言わず、ただお父さんが言った事に従え!」

と言った、典型的な独裁・権威主義タイプだったのですが、小さい頃から理屈や
合理、効率性などを重んじていた私にはこれが耐えきれず、気が強い性格もあって、
よくそんな理不尽な父親に反抗し、体罰とかも受けたりしてました。


でもあーちゃんのような子だったら多分、反抗も出来ず、自分の胸の中に溜め込ん
でしまい、後にオリジナルの記事にあげられていたような、不安感・自己評価が低い、
鬱といった精神的な問題に発展する恐れが大だろうなぁ、なんて思います。


私はそんなあーちゃんの個人の特質をある程度心得ているので、あーちゃんがぐん
ぐんと成長できる環境や育児、教育指導のスタイルを心がけるようにしています。


ただ、うちの「時々タイガーダッド」(Tiger Dad)がそんな私の努力を棒に振る
ようなことをやってしまうで困ったものですが。

本人はよかれと思ってやっているので(パパのようなタイプだと独裁・権威主義
タイプがかえって効果的かも?)余計にたちが悪いのですが...



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-27 09:50 | 英語の記事・情報

生物学のラボを体験

かれこれ2週間近く続いているカリフォルニアの山火事の為、ここ最近うちの地域では一日
のうちにその時の風の方向や状態によって大気がかなり煙ったたい時と、クリアな
時が交互に繰り返されている状態が続いています。


午前中は煙も一切なく、空気が澄んでいて青空が見えていたかと思うと数時間後には
風で煤や煙が飛ばされて来て、とたんにもやがかかったようなスモーキーな空になって
しまったりしています。

煙がひどい時なんか呼吸するのが苦しくて長い間外にでていられないほどです。

そのせいか、最近毎日頭痛がするし、頻繁にくしゃみと鼻水に襲われてます。(涙)


カリフォルニアの火事なんだけど、実際、私達が住んでいる地域がよくその影響を受け
大気汚染に苦しめられるんですよねぇ。

(赤い矢印がうちの地域)

e0326991_08354700.jpg


今日なんかも午前中はこんな感じで空気が澄んでいて青空が見えていたのに...

e0326991_07241066.jpg

数時間ほど外出していて、帰宅する頃には空気がど〜んよりとした感じになってた。

e0326991_07243502.jpg

e0326991_07242313.jpg

e0326991_07244732.jpg


お天気が良かったと思っていたのに灰色の雨雲まで現れて、ど〜んよりとした
暗い日になってしまいました。(汗)

e0326991_07245735.jpg

夕暮れ時には雲がこんな色になってました。


e0326991_14485153.jpg



e0326991_14490226.jpg



さて、お天気の話はこのくらいにして本題に入ります。


あーちゃんは現在、オンラインでHonors Biology(生物学)のコースを取っている
のですが、このコースにはラボ(実験やその他の実践的な学習活動)も含まれていて、
それらが予定されている時は、実際地元にあるこの学校のラボに出向いて授業を受け
る事になっています。


昨日はそのラボの日でして、午前中1時間半ほど参加して来ました。


ライブレッスン(ネットで生徒がログインして生で授業を受講する形態)ですでにこの
コースを受講している同級生達の名前は認識していたようですが、実際に顔を合わせる
のは今回が初めてだと言う事で、行く前はちょっと緊張気味だったあーちゃんですが、
先生を始めとするクラスメート達と学習活動を共にし、また、皆と色々と話もする事
ができてとても楽しかったと言ってました。


現在細胞について学習しているので、顕微鏡で自らの頬の内側の細胞を見たらしい。

e0326991_07250665.jpg


オンライン学習(ホームスクール)と聞くと、やっぱり同年代の子達との間の社会
交流などの部分が心配になってしまうのですが、この学校のシステムにはこうした
他の子達との交流の機会もあちこちに組み込まれているのでありがたいです。


ラボとかだけでなく、学年度中はフィールドトリップや様々な家族ぐるみのイベント
なども予定されているらしく、少し前にも新学年度開始を祝う集いがあったのですが、
その日は丁度Proof Schoolの説明会と同じ日だったので残念ながら私達は出席出来
なかったので、次回は参加してみようと思っています。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-26 09:38 | High School

やっぱりユニークな子だわぁ〜!

少し前まではチックOCDっぽい行動が目立っていたあーちゃんですが、オンライン学校を
始めてからと言うもの精神的にリラックスしたせいか、最近ではそれらもかなり減って
来たように感じます。


今思うに、やっぱり学校に行っていた時はアカデミックな部分で不満を感じていただけで
なく、他の生徒達の悪態に辟易したり、毎日の学校生活の中でのざわざわ感やノイズなど
と言った環境的な刺激に対して神経が過敏になっていたのではないかと思います。


現在ではストレスフリーで学習に専念出来るので、こういった好環境が精神的な面でも
かなりいい影響をもたらしているようで、以前のような暗い影が見られなくなったどころ
か、最近はいつも笑顔にこにこでご機嫌ムードであります。


何度もしつこいようですが、本当に子供って環境の設定次第で情緒やモチベーションなど
も大きく変るものなんだなと改めて思い知らされます。


そんなあーちゃんですが、でも基本的にはやっぱり昔と変わらず個性的な面は健在で、
いや、それどころか精神的にハッピーになったからこそか、最近ではまた昔のようにやや
エキセントリックな面を見せるようになりました。


先日、ふと私がベッドルームのバスルームに行くと、あーちゃんが洗面台に置いてあった
私のヘアブラシを手にして、ブラシについてある私の抜けた髪をきれいに取って掃除を
してくれてました。

私が、

「あーちゃん、きれいにしてくれてありがとう。でもそんなのママが自分でやるから気
にしないで。」

と言ったのに、一生懸命自分の指でブラシに挟まった毛を少しずつ取りながら、

「いや、こういうの見ていられないんだよぉ〜。それにこうやってきれいにするの
って快感だし〜。」

って。005.gif


多分これはあーちゃんのOCDからくる観念と行動なんでしょうね。


あーちゃんって、例えばバスルームのシンクにちょっとでも歯磨き粉の後が残っていた
のなんか見つけると(大抵はパパが犯人)それがなくなるまで水できれいに流してるし、
それだけでなく手を洗った後も石鹸のあわがシンクに少しでも残っているのを見るのが
耐えられないらしく、泡がシンクから完全になくなるまで、何度も繰り返し水道の蛇口
を開いたり閉じたりして水を流してますし。(汗)

あと、私がパソコンの机の横に飲み終えたグラスやカップなどを置いたままにしている
と、いつの間にかそれがキッチンのシンクに(ちゃんと水をいれて)置かれてますし。


(うぉぉ〜! 今数年前のあーちゃんのOCDについての記事を読んで笑ってしまった〜!
 記事に書いていたほとんどのOCDっぽい行動は今はすっかりなくなっているけど、
 私が望んでいた「食べ終わった(飲みおわった)食器をきちんと片付けるOCD」は
 見事未だに健在だわ〜!ありがたや、ありがたや〜。(笑))



e0326991_06531616.jpg


話がそれたので本題にもどりましてと。(汗)


最近歳のせいか髪の毛が抜けやすくなり、といてる時だけでなく、髪を洗ってもかなり
抜け落ちているので、

「いやぁ〜、ここ最近、毎日髪の毛がどんどん抜けて行っててねぇ、この調子だと
数年後には全部抜けてしまってママは丸坊主になるんじゃないかと心配してるのよ!」

というと即座に、

「ママ、人間の髪、いや厳密には頭の毛包(hair follicle)は約〇〇(私自身聞いた
けどはっきり覚えていない。)あって、例えば一日平均10本毛が抜けたとしても全部
なくなるまでには〇〇年かかるから、その時はママは100歳以上になっているから生
きているうちは丸ハゲになる心配はないよ!」


って言うじゃありませんか!005.gif

(そしてその後、次々と、”例え一日50本抜けても〇〇才、100本抜けたら〇〇才、
って感じでどんどん頭の中で計算して私に丸ハゲになる年齢をはじき出してくれた
じゃないですか。嬉しいやら怖いやら。苦笑)


話しながら即座に暗算で数字をはじき出すところなどの能力についてはもう毎度お
馴染みなのでそれほど驚きもしなかったのですが、でも「人間の頭には〇〇の毛包が
ある」というような数値まで咄嗟に出て来たのには驚いてしまいましたよ〜!

そんな情報、いつ学んだのか?

それにしてもよくまぁ、そういう数値を咄嗟に思いだして言えるもんだなぁ。


昔はよく突拍子もなくそういった数値や統計などの情報を口走っていた事が多かった
けど、最近そういうのもなくなってきたなぁ〜と思っていたけど、なぁ〜に、未だに
そういうあーちゃんらしいところも健在で、やっぱり昔から変わってないなぁと思っ
てしまいましたよ。(笑)


私の大好きなドラマ、Criminal MindsDr. Reidがよくものすごい早口でチーム
メンバー達に色んな情報や統計などをまくしたてていてるシーンがでてくるのですが、
そんな時はいつも(いやぁ〜、あーちゃんに似てるわぁ〜。)と思ってしまい、つい
親近感がわきます。(笑)


やっぱりあーちゃんって、いくつになってもあーちゃんらしくって(?)何やらほっ
と安心しました。

相変わらずユニークな子です。043.gif



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-25 07:07 | あーちゃん

秋の新ドラマ「Scorpion」

昨日の晩、この秋開始する新番組の1つである「Scorpion」というドラマのパイロット
エピソードを観ました。

この番組、夏の間ずっとプリビューが頻繁に流れていて、なかなか内容的にも興味
深そうだったので始るのを楽しみにしてました。

内容をごく簡単に言いますと、

”An eccentric genius and his team join forces with a government agent
to fight the new threats facing America in the digital age."


と、IQ 197のエキセントリックな天才と、同じく天才的な才能を持つ彼のチームが、
彼らのブレインパワーをフルに駆使しながら、政府(Department of Homeland
Securityー国土安全保証省)と手を組んで次々と振りかかかる脅威に立ち向い、
問題を解決していくと言ったもの。


e0326991_08290789.jpg


もうちょっと詳しい説明はこちら。


SCORPION, inspired by a true story, is a high-octane drama about eccentric genius
Walter O’Brien and his team of brilliant misfits who comprise the last line of defense
against complex, high-tech threats of the modern age. As Homeland Security’s new
think tank, O’Brien’s “Scorpion” team includes Toby Curtis, an expert behaviorist who
can read anyone; Happy Quinn, a mechanical prodigy; and Sylvester Dodd, a statistics
guru. Pooling their extensive technological knowledge to solve mind-boggling predicaments
amazes federal agent Cabe Gallo, who shares a harrowing history with O’Brien. However,
while this socially awkward group is comfortable with each other’s humor and quirks, life
outside their circle confounds them, so they rely on Paige Dineen, who has a young,
gifted son, to translate the world for them. At last, these nerdy masterminds have found
the perfect job: a place where they can apply their exceptional brainpower to solve the
nation’s crises, while also helping each other learn how to fit in."






ドラマの設定を読むと(おぉぉ〜!シェルドン達に続いてまた別の天才集団の番組
が〜!)っと、興味津々で昨日のパイロットエピソードを観ていたのですが、う〜ん、
何と言いましょうか。


番組の間、主人公が、

「自分は天才、人とは違う。一般人には僕らのような類いは理解出来ない!
ジーニアスというのはSQ (ソーシャルスキル)やEQ(感情スキル)が欠けて
いて、ぶら〜ぶら〜」

と、やけにIQやら天才やら、自分達は人とは違う、と言った部分を必要以上に
強調している(こだわっている)感じがして、何だか鬱陶しい感じがしました。

”My name is Walter O'Brien...and I'm genius"

って、自分で自分の事を「天才」と言っているのを聞くだけで、何やらげげっ
と思わずドン引きしてしまう。(゚Д゚;)


(辛口でごめんなさい〜。苦笑)


そりゃ、あんた達がめちゃめちゃIQが高い天才というのは充分わかりましたが、
でもなにも機会がある度にそれらをこれでもか〜ってくらいにいちいち言ったり
ほのめかさなくったって...015.gif


まぁ、一番最初のエピソードという事で、視聴者にそれぞれのキャラクターを
強くアピールしようとしたのかもしれませんが、でもあまりにもその部分に
こだわってしまうとそのキャラ自身に謙虚さが欠けているように見え、何とも
”obnoxious”だと感じてしまいました。

これはシェルドンに対しても言える事なんですがねぇ。(苦笑)

せっかく番組の設定やストーリー自体は面白そうなのだから、この先はもっと
各キャラクター自身やキャラの発展にフォーカスをあててもらいたい気もする
なぁ。


天才軍団以外の”ノーマル”なキャラとして、自分も天才の息子を持つ女性が
ソーシャルスキルに欠けるこの天才チームの”一般の世界”の通訳人として
チームに加わることになったみたいだけど、その設定も妙に現実味に欠ける
というか。

(チームの1人は確か心理学者で行動学のエキスパートじゃなかったっけ?
何も特別に知識や教育を受けていないウエイトレスに”解釈”を頼まなければ
ならないほど、この人達は”一般の人達や事情”についてcluelessなのか?と
思ってしまった。)


あっ、何やらものすごい辛口になってしまってごめんなさい。
何だか最近年のせいか、物事に対してどうもシニカルな見方をしてしまう
傾向にあるわぁ。(汗)


でも大衆メディアでよく描写される天才やらギフテッドのキャラって、どうも
あまりにも”ステレオティピカル”な描写やセリフなどが多くて、そういうのを
あまりにも強調し過ぎると、一般の人達の間にある種のミスコンセプション
や固定観念が植え付けられるのではと思ってしまうのですよ。


また、テレビ番組などで「IQ 180とか IQ190」などと聞くと、思わず私は、

「それって、どのテストの数値?」013.gif

って、聞きたくなってしまいます。

現在、アメリカで一般に使用されている知能検査は WISC-IVやWAISなどの
Wechsler式、Standford-Binet 5やWoodcock-Johnson III (Cognitive
ability) などなのですが、これらのテストはいずれも全検査数値の最高
数値が160〜165くらいまでなので、IQ 180って聞くと、一体どの検査?
って思ってしまうんですよねぇ。


そういうレベルの数値がでるのは、Stanford-Binet Form L-Mが頭に浮かぶ
のですが、でもこのテストは最後に標準化されたのが1970年代だったと思う
ので、かなり時代遅れとなっていて、正確な数値を測定するのが限られて来る
と思いますし。

(そういった理由でこのテストは現在ほとんどのサイコロジストが使用して
いないと思います。)

そういう数値がでるテストも実際存在するんでしょうが、細かい部分が気
になってしまう私としては、はっきりと”〇〇のテストで〇〇の数値”と
言って欲しいなと思うんですよ。

たかがフィクションドラマなどでそこまで正確さにこだわらなくても、と思わ
れるかもしれませんが、一般大衆はそれらを(正しいかどうかまでは気にせず)
”情報”や”知識”として受け入れる傾向にあるわけですから、報道する側は出来る
だけ正しい情報を供給する義務があると思うんですよね。

大体、アインシュタインのIQなんてのも、あくまでも推測じゃないんですか?
(彼自身は正式に知能テストなど受けた事はないと、どこかで読んだような。)


確かにWIAT WJIIIなどのアチーブメントテストでは、(特に小学生の頃など)
まだシーリングまでかなりヘッドルームがあるので結構高い数値が見られる事
もあるみたいですが、これらのテストは知能テストと関連性が高いとは言え、
ability(能力)ではなく achievement(達成度)を測っているのでIQとは言
えないと思いますし。


ちなみにあーちゃんも8歳の時にWJIIIのアチーブメントテストを受けたのですが、
Broad Math(数学総合)の標準スコアが185とでました。
(だから実際、こういう数値が出ると言うのが確認できました。)



e0326991_06092643.jpg

SS (standard score–標準スコア)145で99.9パーセンタイル(上位0.01%)
なので、(SD15)185だと上位何パーセントになるんだろう?

子供と違って算数・数学がまるっきりダメな私はとっさに数値がでてきません。
(苦笑)


話がテレビ番組からかなり逸れてしまいましたが、(毎度の事ですねぇ。苦笑)
とりあえず、この新しく始った番組、陳腐で一般化された天才像を強調し過ぎず、
ストリーそのものや、登場人物達のキャラの部分にフォーカスすれば、始って
5話くらいでいきなりキャンセル、と言うアメリカのテレビドラマ界ではよく見
られる運命を逃れる事ができるのではないかと思います。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-24 10:49 | TV番組/映画鑑賞

数学クラブ初日の様子

昨日の記事でもお伝えしましたが、昨日は今学年度初めての数学クラブ活動の日でした。


e0326991_08051029.jpg



あーちゃんの話だと昨日は初日とあってか、参加率があまり良くなかったようで、
最終的にこの日集った生徒の数は15人くらいだったようです。

その中で約半分くらいは去年のメンバーだったようですが、残りは新しい顔ぶれが
参加し、今年は女子の数もかなり増えていたそうです。

(女子のほとんどがデイビソンアカデミーの生徒のようですが。)


このクラブはARML(コンテスト)に参加する為の準備練習が主な活動なのですが、
次回のARMLまでまだかなりの時間があると言う事で、現在のところはその他の色々
なコンテストに向けての練習もしていくようであります。


コーチ(今年から大学へ進学した元デイビソンアカデミーの生徒の親)Sさんの
話では、これからは高校生だけでなく中学生もどんどんリクルートしていくらしく、
Mathcounts やAMC8などと言ったミドルスクール対象の数学コンテストの練習
も行う予定のようです。


去年のMathcountsのネバダ州大会で州で1位(ステイトチャンピオン)だった
あーちゃんは、コーチから中学生達のコーチングを手伝って欲しいと頼まれ、教
える事が大好きなあーちゃんはもちろん大喜びで承諾したようです。


(何だかますます忙しくなりそうねぇ。)


と言う事で、昨日はARMLの練習はやらず、また別の全国レベルの数学コンテスト
であるAMC (American Mathematics Contest)10/12の過去問をやった
そうです。


e0326991_08053324.jpg


その結果、

AMC 10 が 135
AMC 12 が 120

と、どちらのスコアもThe American Invitational Mathematics Examination (AIME)
の招待コンテストの基準を超えていて、(AMC 10では120以上、 AMC12で100
以上)コーチからえらく褒められたと嬉しそうに報告してくれました。


e0326991_08052270.jpg



でもこれらの過去問はかなり前の年のものだったので、

「この当時は今よりも問題が簡単で、最近は難度が高くなってるからなぁ〜。」

なんて言ってましたが。


でも又これで暫くやってなかった数学コンテスト関連の練習のモチベーションが
高まったみたいで、帰って来てから早速Art of Problem Solvingのサイトで
問題を解いてたようです。


学校の勉強に、課外活動(クラブ活動)にと毎日忙しい日々となりそうですが、
充実した時間を過ごしているようなので良かったです。


(最近では少し前の憂鬱そうな陰も完全に吹き飛んでどこかへ行ってしまって、
私もすごく嬉しいです〜。)



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-23 08:56 | Math(数学)


数学が得意な16歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧