<   2014年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

英語の学習にも役立つ「読むTED」

あーちゃんと私はTEDの大ファンで、ちょっと時間が出来た時などよく二人で
一緒に様々なトピックについてのプレゼンを観ています。


これらのプレゼンを観る度に、今まで知らなかった分野やトピックを発見
したり、それらについて新たな興味や関心の気持が芽生えたり、又、すで
に馴染みの深い分野においてもまた違ったフレッシュな見方や新たな学び
を発見したりなど、あーちゃんにとってもいい刺激となっているみたいです。


これらはほとんどが英語によるプレゼンだと思うのですが、最近では
日本語の字幕付きのものもどんどん増え、英語が苦手な方も楽しむ事が
できるので便利ですよね。

Explore the full libraryのページの languagesのメニューに
”Japanese”と入力すると、日本語字幕付きのビデオの一覧が出て来ます。



それかこちらでも見られます。



また、これらの英語でのプレゼンは、英語、特にリスニングの練習にも
なると思うので、リスニング力を向上したいと思っている方達にとっても
いい教材の一つになるのではないかと思います。


こちらの「読むTED」と言うサイトには、日本語の字幕付き動画と共に
同じページにそのプレゼンの日本語訳全文が掲載されているので、内容
もじっくりと確認する事ができてとても便利。


私自身としては字幕付きだとつい読む方に神経を集中してしまって、聞く
方が疎かになってしまうタイプなので、(不器用なんでマルチタスクができ
ない。笑)もし私が英語のリスニングの練習をするのであれば、まず英語
のみのビデオを聞き、この「読むTED」の文章で、聞いた内容をきちんと
把握しているかどうかを確認するという形で利用するでしょう。


尚、少し前に私とあーちゃんがとてもエンジョイしたビデオの「読むTED」
バージョンがあったので、そのページをリンクしておきたいと思います。




こちらのビデオは日本語字幕なしです。
上記のリンクをクリックすると、字幕付きビデオと日本語訳の文章が
見れるページへ飛びます。


 


 彼が唱える事はとても理にかなっていて、私も多いに賛同しました。
(アメリカの数学教育に関してですが。)

以前の記事でも紹介した、このWolfram Alphaを使えば数学も楽しく
学べそうですね。

e0326991_8204725.jpg



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-04-30 03:45 | Resources

ARML(数学コンテスト)の地区大会

本日もまた数学関連の活動についての記事です。


昨日の日曜日、地元の高校で、ARML (American Regions 
Mathematics League)という数学のコンテストの地区大会が
開催されました。


"ARML is the World Series of mathematics competitions.
The contest is written for high school students, although
some exceptional junior high students attend each year."


と、公式サイトにもありますように、ARMLは基本的には高校生を
対象にしたコンテストですが、数学が特に優れた中学生達も毎年参加
しているようです。

年に一度行われる全国大会は、約1ヵ月先の5月の末にラスベガスで
開催される予定で、昨日の地区大会ではその全国大会に参加するチーム
メンバー15人を選別する目的も含まれていたようです。
(個人戦にて上位15人がチームメンバーとして参加出来る。)


ちなみに以下は去年('13年)のARMLの報告をした過去記事の
リンクです。興味と時間のある方はどうぞ。






昨日は4月の末と言えど風が強く、少し肌寒いくらいのお天気でした。

学校の近くから見た風景。
山々にはまだうっすらと雪がかぶっているのが見えます。


e0326991_09311192.jpg

コンテストが行われた地元の私立のカトリックスクール。


e0326991_09314139.jpg

週末だったので生徒がいなかったせいか、校内はひっそりと静まり返り
とってもピースフルな感じがしました。

e0326991_09321577.jpg


コンテストは午後1:00~5:30で、やはり中学生向けのコンテストと
違い、このレベルになるとチーム戦や個人戦、リレー戦、そして
内容的にも”証明”を含むものもかなりある為、長時間に及ぶみたい
ですねぇ。

試験開始直前にデイビソンアカデミーの仲間達とおしゃべりする
あーちゃん。


e0326991_09380209.jpg


いよいよ試験開始です。

e0326991_09414789.jpg

e0326991_09422791.jpg

ブレイクタイムにて。

父兄からスナックの差し入れがありましたが、ドーナッツやチップス
などといった、ほとんどが脳のエネルギー補給にはあまり良さそうに
ないものばかりでしたが。emoticon-0101-sadsmile.gif

e0326991_09364887.jpg

実は今回のコンテストには私とパパもボランティアとして参加し、試験
の実施や採点などの手伝いをしました。

私達以外にも8人ほどの親達がボランティアで参加していて、その中の
5人が母親だったのですが、そのうち白人はたった1人で、私を含むその
他4人は全てアジア人でした。(ほとんどが中国人)


子供達が試験をしている間は時間があったので、母親同士で色々と話を
していたのですが、いやぁ〜さすがにアジア人ママ達が集まると話題は
もうアカデミックな事ばかりで、どの学校が優れているとか、どの
ブログラムが優秀だとか、子供達のテストスコアや成績、その他の
アチーブメントの情報の交換(自慢話?笑)の祭典が繰り広げられて
いましたよぉ〜。

(恐るべきタイガーマム達の集い!笑)


まじでこれやってましたよ〜!

アジア人の母親がよくやる事シリーズの一部。
(他のアジア人の母親と自分の子を比較する。)

ビデオの1:09あたりから。


 




彼女達のほとんどが40〜50代といった感じで、英語の発音に強い中国
語訛があったり、英語力がイマイチだというのから判断すると、本来は
中国ネイティブで、アメリカに移住して来たと言うのがすぐわかりました。


いやぁ〜、でも個人の英語力って滞在年数では一概に判断出来ないもので、
中国から来たという母親の1人の英語はかなり強い訛があり、文法など
もかなり怪し気で、一生懸命英語で話そうと努力しているのだけど、他
の中国人の人達と話す時にはつい中国語が出てしまうみたいで、私に何度
も謝りながらもほとんど中国語を話していて、彼女は多分こちらに来た
ばかりなんだろうと思っていたら、聞くところによるともう13年も住ん
でいると言う事で、ちょっとびっくりしましたが。emoticon-0104-surprised.gif


やっぱりどれだけ長くアメリカに住んでいようとも、毎日積極的に英語
を話したり学んだりする機会を持たないと、英語力もなかなか向上しない
ものですね。

ちょっと話がそれましたが、そんなこんなで私もこの日は久しぶりに
長時間の間こういった教育熱心でパワー炸裂なタイガーマム達と延々と
おしゃべりしたので、全てが終了した後はど〜〜〜〜っと疲れましたよ。


コンテストの結果の方ですが、あーちゃんは個人戦においては去年の
全国大会の時よりも高いスコアを出したので、まぁ向上が見られたと
言う事でよしとせよ!という感じですが、昨日の時点では全国大会参加
チームに選ばれたかどうかはわかりませんでした。

多分、今週末の数学クラブの時に詳しい結果が発表されるのではないか
と思います。

今年も全国大会に参加出来るといいのですが...

とりあえず、この日もあーちゃんは同じ数学仲間達との活動を楽しんだ
みたいなので良かったです!


コンテスト終了後に北ネバダ数学クラブのメンバーで記念撮影。

去年よりも今年は女の子の数が増えています!
(いけ、いけ、数学ガール達〜!)

e0326991_09354978.jpg

あっ、あと一つ面白いと思ったのは、この学校の教室の椅子。

なんと教室の椅子が全てこんな感じでロッキングチェアーになって
いました!

e0326991_09331532.jpg

揺ら揺らと揺らす事で神経が落ち着くんでしょうか?

あーちゃん自身は適度の刺激がかえって脳を落ち着かせ、集中力
がアップして試験に集中出来たと言ってました。

う〜ん、なかなか面白いですねぇ。emoticon-0143-smirk.gif



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-04-29 11:09 | Math(数学)

子供の将来を損ねる親の行為7つ

又もやライフハッカーの日本版で、育児に関してとても参考になる記事を
発見しましたので、リンクしておきますね。


「こんな子育てしてませんか? 我が子の将来を損ねる親の行為7つ」


ざっと簡単にリストを書き出してみると...
(尚、各リストの詳しい説明はリンク先を参考にしてください。)


私達がついやってしまう子育て

1.リスクから隔離する

2.手を出しすぎる

3.褒めすぎ

4.甘やかし

5.自らの挫折経験を語らない

6.知能や才能を成熟と誤解する

7.模範になっていない


(ライフハッカーの記事より)


うわぁ〜! 私達(パパと私)も完全にguiltyですわ〜!emoticon-0107-sweating.gif

特に1と2の、「リスクから隔離する」「手を出しすぎる」の部分。


パパは「子供からリスクを取り除く事が親の役目」と頑に信じて、あーちゃん
を日頃から必要以上に監視、関与しすぎるコプター親父だし。(汗)

過保護は子供によくないっていつも口を酸っぱくして言ってるんですがねぇ。

5に関しては、私は自分の失敗、挫折経験なども結構あーちゃんに暴露して、
「こんなふうにならないようにね」emoticon-0111-blush.gifと伝えてますが。


私自身も、子供にはあれこれと手をかけ過ぎず、色々と失敗や挫折も経験
させながら、自分で対処して行く力をつけさせていった方が本人の為に
なると思います。


いつもご訪問ありがとうございます!


ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-04-27 08:00 | 育児

Memories: Santa Cruzの音楽好きペリカン

私達が長い間住んでいたカリフォルニアを離れ、ネバダに引っ越してきて
かれこれ2年半が経とうとしています。

こちらに来たばかりの頃は、同じ自然と言えどカリフォルニアとは少し
違った、ネバダならではの風景を存分に楽しみました。

雪の積もった山々と、透き通って真っ青なタホ湖の美しさは、未だに
何度見てもため息が出るほど感動します。


が、最近、Proof Schoolに心が大いに傾いているせいもあってか、何
だか無性にカリフォルニアが恋しくなり、よく昔の写真とかを見ている
のですが、ふと、あーちゃんが10歳の頃に(ネバダに来る少し前)私達
のお気に入りスポットであったSanta Cruzのピアを訪れた時の写真を
見て、ものすご〜くなつかしく、ノスタルジックな気分になりました。


その時見たペリカンが印象的だったので、多分、この時の写真は過去
ブログにも載せてたと思うのですが、(探すのが面倒くさい!笑)こち
らの方にもアップしておきたいと思いました。


Santa Cruzの桟橋を散歩していると...


e0326991_09171557.jpg

e0326991_09151617.jpg

どこからともなくペリカンがやって来た!


e0326991_09160579.jpg


あーちゃんとペリカンとのツーショットを撮りたいので、ペリカンの
近くまで行くようにと頼んだけど...

びびりぃのあーちゃんは怖がって近付いてくれない。

そのわりには遠くから格好をつけて一応ツーショット。


e0326991_09145333.jpg

写真ではわかり難いですが、ペリカンって結構大きいんですねぇ。

このペリカン、しばらくこのままフェンスに停まったままで、賢そう
な目であれこれと私達人間を観察していましたよ。

(バードウォッチングならぬ、ヒューマンウォッチング。)

e0326991_09163043.jpg


そして音楽好きなのか、ギターを弾いている音が聞こえて来る方向へ耳を
傾け、暫くの間はずっとそのままそこから動かず、聞き入っていました。


e0326991_09165142.jpg

e0326991_09341672.jpg

弾き終わった後パサパサっと飛び去り、その後すぐに小魚を口にくわえて
戻ってき、このギタリストの目の前にぽとっと落としたら面白いだろうな
と、勝手に妄想していた私。(お金の代わりに魚)

あぁ〜、なつかしのサンタクルーズ。

この夏にでも又訪れたいな〜。


e0326991_09173530.jpg


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-04-26 09:43 | Memories

面白いし勉強になるGIFの数々

Wow!  ヽ(゚Д゚;)ノ!!


と思わず叫んでしまう、とっても興味深くて勉強になるGIFを集めた
ページです。



の犬が舌を使って水を飲むスローモーに感動しました!


13のデモのように説明してくれたら、私も数学嫌いにならなかった
かもしれないのになぁ〜。


17の子宮の中で胎児の顔が出来上がって行く過程はちょっと不気味
で、ギョッとしましたが。
(自分の子どもはどの段階の顔でも可愛く見えるものでしょうが。苦笑)


うちの子めちゃくちゃかわいいなぁ〜。emoticon-0111-blush.gif


e0326991_06312639.jpg


いくつになってもまだまだ学ぶ事はいっぱいですねぇ。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-04-26 05:34 | Resources

Proof School : カリキュラム

2015年の秋にサンフランシスコのダウンタウンに開校が予定されている数学
の優秀な子達を対象にした学校、Proof Schoolのカリキュラムについ
ての簡単な情報を書き留めておきたいと思います。


以前にもリンクしたこちらのサイトにて、この学校の創立者の1人から
寄せられた書込みによると、


"Proof School will be elite but not elitist; no one who qualifies 
will be turned away because of financial need.  It can also not 
only be about math: we will be offering a complete, UC A-G 
accredited curriculum, plus an explicit social/emotional 
(SEL) and mindfulness program, and partnering with some 
of the finest educational and cultural programs the Bay Area 
has to offer so that we educate the whole child."


とあり、どうやらこの学校はプライベート(私立)になるようで、学費に
関してはまだ具体的に詳しい情報は発表されていませんが、上記にある
ように”学校の入学基準を満たす生徒は誰1人として財政的理由の為に受け
入れを拒否される事はない。”とあるので、ファイナンシャル・エイドの
提供なども充実しているのではないかと期待しています。


(じゃないと、うちのように退職手当で生き延びているミドルクラスの
家庭にはキツいです〜。汗)


そしてカリキュラムに関しては、この学校は本来、数学とコンピューター
サイエンスの分野を強調したカリキュラム構成が考慮されると言う事の
ようですが、同時に”It can also not only be about math”と言う事
で、カリキュラムの中には、カリフォルニア大学(UC)に入学する為に
高校で修得すべきの認定コース(必須科目)も全て組み込まれる予定の
ようです。


また、以前の記事でもこの部分を強調しましたが、この学校で私が特に
気に入っているのが、社会/感情知性や倫理観、道徳観、そしてライフ
スキルの部分の発達を促す為のカリキュラムも組み込まれるという部分
なのですが、上記のコメントで具体的に「social/emotional (SEL)」 
「mindfulness program」という言葉が書かれていたので、これ
らを少しリサーチしてみました。


social/emotional (SEL) と言うのは社会性や感情性スキルを発達
するプログラムのようですが、Wikipediaによると、具体的にはこう
いった面のスキルをターゲットにしているようです。


The following 15 skills listed are involved and promoted 
in SEL:


1.    Recognizing emotions in self and others

2.    Regulating and managing strong emotions
      (positive and negative)

3.    Recognizing strengths and areas of need

4.    Listening and communication accurately and clearly

5.    Taking others' perspectives and sensing their emotions

6.    Respecting others and self and appreciating differences

7.    Including identifying problems correctly

8.    Setting positive and realistic goals

9.    Problem solving, decision making, and planning

10.   Approaching others and building positive relationships

11.   Resisting negative peer pressure

12.   Cooperating, negotiating, and managing conflict and
        nonviolently

13.  Working effectively in groups

14.  Help-seeking and help-giving

15.  Showing ethical and social responsibility


いやぁ〜、どのエリアのスキルもあーちゃんにとって多かれ少なかれ
向上が望まれる部分で、これらのスキルの育成が毎日の学校の授業の
中に組み込まれているというのは本当に嬉しい限りであります。


この事から、この学校の創立者達、アドバイザリーボードメンバー達
(ほとんどが自らがトップレベルの数学者や教育者)が、アカデミック
な面だけでなく、math kid達の優れた才能が最大限に開花し、個人的、
社会的レベルでこれらの才能を実践的に活かしていく為には、こういっ
た社会性、感情性の分野のスキルも同時に発達させていく事が重要だ
という事をよく理解しているのがわかります。


尚、SEL(社会性と情動学習プログラム)に関して、日本語の文献も
見つけましたので、とても参考になる為、興味のある方の為に一応
リンクしておきます。




こちらに書かれているSELのねらいは、


■5つの基礎的な社会的能力


1.自己への気づきー 自分の感情に気づき、また、自己の能力について
           現実的で根拠のある評価をする力

2.他者への気づきー 他者の感情を理解し、他者の立場に立つ事ができる
           とともに、多様な人がいる事を認め、良好な関係
           を持つ事ができる力

3.自己コントロールー物事を適切に処理出来るように情動をコントロール
           し、挫折や失敗を乗り越え、また妥協による一時的
           な満足にとどまることなく、目標を達成出来るよう
           に一生懸命取り組む力

4.対人関係ー    周囲の人との関係において情動を効果的に処理し、
           協力的で、必要ならば援助を得られるような健全で
           価値のある関係を築き、維持する力。 ただし悪い
           誘いは断り、意見が衝突しても解決策を探ることが
           できる力

5.責任ある意思決定ー関連する全ての要因と、いろいろな選択肢を選んだ
           場合に予想される結果を十分に考慮し、意思決定
           を行う。その際に、他者を尊重し、自己の決定に  
           ついては責任をもつ力


こちらの文献もとても参考になります。



一般の学校で修得する科目も全てやりながら、数学、科学に重点をあて、
更にこういった分野のスキル向上のカリキュラムも組み込まれているなんて、
時間的に可能なのかな?とちょっと疑問に思ってしまいますが、まぁ何とか
うまく構成して行くんでしょうね。


ちなみにもう一つの「mindfulness program」と言うのは私も今回
初めて聞いたのでちょっとぐぐってみたのですが、上にも出て来た「自己
への気づき」「自己コントロール」の部分を更に深く掘り下げた感じで、
様々な状況においての自己の精神面、肉体面、感情面を認識し、外界の
刺激や自らの否定的な思考、感情などに対する対応や処理のスキルを向上
させ、ストレスを管理し、健全な精神と肉体を促進し、まわりの環境に対
しての気づきや、物事に対するポジティブな姿勢や見方から、生きる事に
喜びをと意義を感じる精神を育成するプログラムみたいですね。


親として、こういった部分は私も是非、あーちゃんに習得して欲しい
スキル(精神)で、やはり何をするのにでもただ呆然と無心のままで
自動的、機械的にやるのではなく、”mindful"な状態で取り組んで欲しい
という願いがあります。

このプログラムのアドバンテージとしては、集中力、持続力の向上も
あげられていました。


これらの社会性、情動性能力の向上は、math kidやスペクトラム層の
子達だけでなく、全ての子供に必要な教育ではないかと思います。


特に最近では集団生活に馴染めない子や、精神面、感情面でいろいろ
と問題を抱えている子、また、いじめや嫌がらせ、学級破壊などの
問題も増えてますし、全ての子供が難なく自然とこういったスキルを
習得すると言うわけではないので、こういった社会性、情動性スキル
の教育をカリキュラムの一貫として導入するのはとても大切ではないか
と思います。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


[PR]
by mathgifted | 2014-04-25 06:58 | Proof School

あーちゃんのABAセラピーの様子(動画)

「隠しカメラでABAセラピーをスパイ」という過去記事でも書きました
ように、あーちゃんがまだ毎日自宅でABAセラピーを受けている頃、
私は定期的にこれらのセッションをビデオに録画していました。


先日、珍しくクローゼットを整理していてそれらのビデオテープ(VHS)
を見つけ、いくつか再生して観ていたのですが、あーちゃんがまだちっち
ゃくて、言葉もちょこっとくらいしか出てない頃のものもあり、今観る
となんだか信じられません〜。


こちらの動画は隠しカメラを通して録画したVHSを再生し、それを
iPhoneのビデオカメラで更に録画しているものなので、クォリティ
がかなり悪いですが、大体の雰囲気は掴めてもらえるんではないかと
思います。


あーちゃんは自閉症と診断された2ヵ月後に集中ABAセラピーを開始
したのですが、このビデオは多分それから更に3〜4ヵ月くらい経った、
3歳半くらいの時のものです。






この頃やっと少しずつ単語なども発するようになり、セッションの
中では、「昆虫を5つ」言わされたりとか、「Bye bye, Daddy」など
の簡単なフレーズの練習をしたり、後、歌を歌う練習などをしている
様子などを観る事ができます。

(当時はまだ歌が歌えなかったので、歌詞をお経のように唱えている
だけのように聞こえますが。苦笑)


各項目の間にダウンタイム(ちょっとしたブレイク)があるものの、
基本的にはこのようなレッスンを繰り返し、一日8時間という長い
時間を様々なスキルの収得に費やしていました。


今振り返って観ても、あんなにちっちゃかったのにあーちゃんは本当
によく頑張ったなぁ〜とぎゅう〜っと抱きしめて褒めたくなります。(笑)


ここ数年間と言うもの、様々なコンテストで好成績をあげたり、色
んな賞を受賞したり、特別なプログラムに入会する事ができたりと、
なにやらもの凄い勢いで頑張っているあーちゃんですが、その頑張り
精神はすでにこんなに幼い頃から健在だったんだなぁと思ってしまい
ます。


このセラピーを開始した当時は専門家達から前もって、「セラピーを
していると言っても結果はどうでるかはっきりわかりません。こちら
側としては全力を尽くし、出来る限りの事はして行きますが、同時に
お母さん、あまり無茶な期待はしないでください。」とはっきりと言
われ、当時の私は(せめて一般の子達のように普通に話せて普通に学校
へ行ってくれさえすれば...)とささやかな希望を抱いていたので、それ
を考えると現在のあーちゃんは全く想像さえもしなかったほどに大きな
成長を遂げてくれ、私もありがたい気持でいっぱいであります。


子供の可能性って、本当に無限ですね。


ブログを訪問して頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村


[PR]
by mathgifted | 2014-04-24 09:10 | あーちゃん

YouTubeのscience series「Smarter Every Day」より

まず始めに。

皆さん、一つ前のあーちゃんのACTの結果報告の記事にたくさんの
応援のポチを押して頂き本当にありがとうございました。

(またバカな親が恥も知らず子供の自慢をしてるわemoticon-0114-dull.gif )と呆れかえ
っている人達も多いだろうなぁと思っていたのだけど、昨日のにほん
ブログ村のインポイントが多かったのにちょっとびっくりしました。


現在コメント欄を閉じているので読者の反応がわからないのですが、
応援のクリックの数から、あーちゃんのアチーブメントを心底喜こ
んでくださる方達も多いんだなぁ〜と、何だか感動してしまいました。


いつも私達変人家族を暖かい目で応援して頂き本当にありがとう
ございます。



さて、ここから本題です。


こんなcoolなお父さんから、こんな風に日々の生活の中で科学に
ついて学べたらいいだろうなぁ〜と思った動画をシェアします。


基本的にきちんと机に向って教科書やドリルなどで勉強するのが
嫌いなあーちゃんは、こういう学習法には大いに反応するので、
小さい頃やホームスクールをしていた時には私もよくこういうちょ
っとしたデモンストレーションや実験などをしていました。


現在でも数学はからきしダメだけど、なぜか科学は得意なパパと
色々とサイエンスについてのディスカッションをするのを楽しん
でいるようです。

(主に物理学方面ですが。)


やっぱりこんな風に色んなコンセプトも実際見たり、体験したり
するとわかりやすいですね。


いやぁ〜、それにしても親子でとっても楽しそう。

このサイエンスお父さん、本当に素敵だわぁ〜!




YouTube「Smarter Every Day」というサイエンス学習の
シリーズよりのクリップ。


最後のお父さんのヘリウム声に反応する子供達の表情が笑えます。 






いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-04-23 03:17 | Resources

ACT(大学進学適性試験)の結果

そうなんです。

実はあーちゃん、少し前に大学進学試験の一つであるACTに初挑戦した
のですが、本日オンラインにてその結果が発表されました。


過去2年間(6年生と7年生)はSATを受験したので、今回(8年生)は
SATとの違いにも興味があったし、今後の参考の為にと、初めてACT
受験したのですが、最近色々と忙しかった事もあり、受験の準備勉強など
全く出来ず、とりあえず当たって砕けろ的な状態で挑んだので、正直言って
私はちょっと心配していたのですが、結果を見て又もやびっくり!

こちらがあーちゃんの4月12日に受験したACTの結果です。


e0326991_05150831.jpg

SATのスコア範囲が200−800であるのに対し、ACT1−36となって
いて、ご覧の通り今回はMath36と言う事で、ついに念願のパーフェクト
スコアをだす事が出来ました〜!emoticon-0148-yes.gif


去年、7年生(12歳)の時のSATでの Mathのスコアが740と、800点
のパーフェクトスコアを出せなかった事に対してえらく悔しい思いをして
いたあーちゃんですが、高校へ進学する前の、まだミドルスクール在籍中
にACT(大学進学試験)の数学で満点を取る事が出来た、という事で本人も
これでゴールを達成したとかなり満足しているみたいです。


特に、

ACTを取るなら、絶対勉強したほうがいいです。実力では取れません。
欠点は、数学がSATより難しい事です。例としては、三角関数もでます。
(csc,sec,tan) 実力では取れません。英語に関しては、SATと変わらない
みたいですから、SATの勉強に励めべいいと思いいます。科学は、普通
の知識みたいですから、すこしはやっといたほうがいいとお勧めします。”


と、こちらのページの書き込みにもありますように、ACTの数学は SAT
に出てこない三角関数の問題とかも含まれているみたいで、あーちゃんの
個人的な感想としては、数学に関してはACTの方がSATよりも”若干”難し
いかなぁという事だったので、今回満点が取れた事が余計に嬉しかった
みたいですね。


でも私が思うには、SATにしてもACTにしても、数学のレベル自体は
あーちゃんにとってはすでにマスターしてしまっているレベルなんで、
高得点を得る事はある程度予想していましたが、今回パーフェクトスコア
だったという事は、あーちゃんの大の弱点である”うっかりミス”をしな
かったという事であり、私としてはその部分に意義を感じました。


又今回は、あーちゃんの苦手分野であるReadingのスコアが32と、
かなり満足のいく数値だったのに少し驚きました。


32という数値はこちらの全国ランキングによると、全国の受験者(高校
2〜3年生)と比較して95パーセンタイル(上位5%)と言う位置付けで、
まぁ、違った試験なので完全に比較出来るわけではありませんが、去年
受けたSATCritical Reading78パーセンタイルだったので、この
1年でかなり向上したかなという感じです。


(最近は学年より上のレベルの文学に挑戦したり、一日のうち読書に
没頭している時間も長く、又自分でも小説を書いたりしている為、読解
のスキルも向上して行っているのではないかと思います。)



尚、こちらが全てのセクションのランキングです。

Composite       33 (99パーセンタイル)

English       33(97パーセンタイル)
Mathematics    36(満点–99パーセンタイル)
Reading       32(95パーセンタイル)
Science        30(96パーセンタイル)



と言う事で、Composite(総合・平均)の33という数値は、全国の
受験者(高校2〜3年生)と比較して99パーセンタイル(上位1%)
言う結果になっています。


ちなみにCompositeの全国平均は20.9


あーちゃんは現在8年生(中2)と言えどまだ13歳で、1学年飛び級
をしている為、ネバダ州においては実質7年生であり、それで高校の
ジュニアやシニアと比較して上位1%の成績(それも全く勉強をせず!)
と言うのは、正直言って親の私もかなりびっくりしています。


このSATACTは、日本で言うとセンター試験にあたるようなもの
みたいなので、センター試験で全国的に上位1%の成績の、学力的に
大学の授業に対し準備が整っている高校生が、毎日中学2年生の授業
を受けなければならないと言う状況を想像すると、アカデミックな
面においてのあーちゃんの学校での日々の苦悩がある意味理解できる
ような気がします。


だからこそ、高校は例のProof Schoolを狙っているんですけどねぇ。

そして開校を待っている間は、高校とカレッジの単位が同時に収得
出来るDual Enrollmentの学校を目指すつもりでいます。


過去2年のSATの結果と、そして更に今回のACTの結果は、この
高校/大学のプログラムへ応募するのにもとても有利になってくる
と思うので、ミドルのうちに受けておいてよかったです。


ちなみに今回の数値は、8年生のデイビソンアカデミーの応募基準
全てのセクションにおいて達しているか超えていますし、(多分、
この先この学校には応募をする事はないと思いますが。)ジョンズ
ホプキンスのCTYタレントサーチのGrand Ceremony(最優秀賞)
受賞基準も数学の分野で達成しています。


ACT   G7       Math >=28 or Reading >=31

         G8       Math >=32 or Reading >=33


この事から、今回の数値は同学年、同年齢の子達と比較するとかなり
上位のランキングだというのを察する事が出来ます。

(デイビソンのサイトからすると、上位0.1%以上)

小学校の頃からアカデミックな分野は強かったあーちゃんですが、
ミドルになると、その傾向なども変化する事も多々ある(学業不振に
なる)と聞いていた事もあり、毎年こうして全国標準テストを受けたり
して発達を追って行ってるのですが、今のところはたいして問題なく、
いい調子で進んで行ってるみたいです。


ハイスクールになれば又、スカラーシップ関係でこういったテスト
などを受ける事も増えそうですので、これからも頑張って欲しいです。

(自分の学費は自分で稼げよー!笑)


とりあえず、あーちゃん、念願の数学満点おめでとう〜!


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-04-22 07:44 | SAT/ACT

Memories: 幼稚園のイースターお披露目会

今日はこちらはEasterであります。

私達はクリスチャンではないので、教会に行くでもなし、あーちゃんも
もうEgg Huntをする歳はとっくの昔に過ぎてしまっているので、今日
はごく普通の日曜日と言う感じで過ごしています。


まだあーちゃんが小さかった頃のEasterの写真をふと見ていて、ブログ
未公開の写真を見つけたので、記録としてMemoriesのカテに付け加え
ておきたいと思います。


こちらはあーちゃんがキンダーの時のもので、Easterの週に当時通って
いた学校で行われた「お披露目会」の写真です。


この時は確か、何かイースター関連の歌を披露してしたように思います。

e0326991_08244590.jpg

鼻ほじほじしてるみたい。(笑)
(又はどっかのおっさんが、「いやぁ〜実はこれがねぇ〜」って
言ってるみたいにも見える。笑)

e0326991_08251890.jpg

e0326991_08254658.jpg


小学校の頃はイースターや感謝祭、クリスマスとかの時期になるとやたら
こんな感じで学年別に色々なパフォーマンスのお披露目会なんかがあったり
して、親達も我が子の晴れの舞台を記録しようと、カメラやビデオカメラ
を片手にこぞって学校の体育館により集まっていました。


はっきりいってこういうのを鬱陶しく思う私は毎回は行きませんでしたが、
小学校高学年の頃の写真が見当たらず、まだ小さい頃(キンダー)のもの
は結構見つける事ができるので、当初は結構見に行っていたのでしょうねぇ。

無事パフォーマンスを終え、舞台から去っているところ。

e0326991_08420594.jpg



自作のイースターハットを被ってちょっとすまし顔でポーズ。

e0326991_08271418.jpg


e0326991_08275745.jpg

e0326991_08282573.jpg


最近は反抗期真っただ中のせいか、私達があーちゃんのいる部屋を通る
だけで、何やらものすごい鬱陶しそうな表情を丸出し、私達が何を言っ
てもすぐにグダグダと屁理屈を言い返して来たりする事が多くなって来
ているので、まだあどけなかったこの頃がとてもなつかしいです。(涙)


ちなみについでに過去のイースター関連の記事もリンクしておきますので、
まだ見た事ない方、あーちゃんのあどけなかった時期を見てやって下さい。
(笑)






あっ、ついでと言っちゃ何ですが、ネットでイースターバニーとの記念
撮影の写真を集めている記事を見つけ、大笑いしてしまったのでリンク
しておきます。



こんなイースターバニーだと子供も怖がるのは当然ですよねぇ。(笑)

e0326991_08284698.jpg

もっともあーちゃんは、なぜか小さい頃からこういう”一般的に怖そう
なもの”に怖がる事がなく、他人には理解出来ない独特の恐がりの感覚
をもっていた/いるようであります。

あーちゃんが恐怖に怯え、飛んで逃げたくなるギョロ目のにわとり。(笑)

e0326991_08291119.jpg


あーちゃんが怯えるものの数々を書いた過去記事。




何やら話題がイースターから離れてしまい、どんどん別の方向へ飛びそう
なので、この辺で終わりにする事にします。(笑)



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-04-21 09:23 | Memories


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

お気に入りブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

人気ジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧