カテゴリ:英語の記事・情報( 10 )

25 Critical Thinking Strategies

Mentoring Mindsと言うサイトで見つけたCritical Thinking(批判的思考)を促進する
ストラテジーがリストされた infographicがとても参考になりそうだと思ったので
シェアしますね。

これらのスキル・戦略は様々なアカデミックの分野だけでなく、生きて行く上で応用
すべきとても重要なライフスキルだと思うので、私もこれから更にこういった部分を
あーちゃんに指導して行きたいと思っています。




Courtesy of: Mentoring Minds

学校などの教育機関だけでなく、家庭で親が出来る事、いや、すべきである事
なども結構あり、とても役に立つ情報だと思いました。



いつもご訪問頂きありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-12-12 12:42 | 英語の記事・情報

成績について思う事

私が学校の成績、(特にA評価)そしてギフテッドの子の学習について常日頃から感じて
いることがまさにそのまま表現されている記事を見つけたので、英語ですが興味のある
方の為にリンクしておきます。




”The difference is that if grades reflect what a child knows
rather than what a child has learned, a child can get straight
A's without having learned anything. In other words, a child
can start out the school year already knowing most of the
material that will be covered during the year and will easily
get A's on assignments and tests. But isn't that a good thing?
Aren't straight A's a sign that a child will do well throughout
school and in life? Maybe. And maybe not.”


”What is important is that a gifted child , whether labeled or
not, needs to be challenged.”


Unless a child, no matter how bright, how gifted, needs to
work for good grades, he won't learn what he needs to be
successful -- the importance of hard work. In fact, he might
not even learn HOW to work hard. If everything comes too
easily to him, then he's going to think that he needs nothing
more than his ability to be successful.”


”If your child is getting straight A's without trying, it could
be a sign that she is not being challenged. And without
challenge, there is no effort. Once a child gets out of school
and into the work force, no one is going to look at her grades
any more. Those grades aren't going to open any more doors
or ensure success in your child's chosen field. For that, your
child is going to have to understand the importance of effort
and know how to meet a challenge. This is not to say that
grades aren't important, but unless those grades reflect not
just knowledge and learning, but also effort and hard work,
your child may not achieve the success in life that you might
expect from those straight A's. ”

(What's Wrong With Straight A's and Good Grades?より)



まさに痒いところに手が届くような、私の思いをそっくりそのまま代弁してくれた
かのような記事に感激してしまった。


”もし成績というものが子供の習得(学んだ事)よりも知識(すでに知っている事)
を反映するものであるなら、(すでに知識のある子は)別に何も新しい事を学ば
なくてもオールAを得る事ができるわけで、言ってみれば学年の始めにその年に学ぶ
内容をほとんど習得している子は、それほど努力しなくてもテストや課題でAを取れ
るだろう。”


と言う部分なんかまさにそうだなぁと思いました。

私もこちらの記事であーちゃんに、”Aの成績にこだわっているんなら学年レベルの
数学のコースを取ればその目的は果たせるが、はたしてそれで何を学んだと言える?”
と言ったばかりのとこだったんで、なんともタイムリーでした。


(ただ、逆に学習内容的には問題なくても課題や宿題の出し忘れなどと言った実行
機能や素行の部分が原因で減点となり、それらが成績に反映してしまう場合も結構
あると思うので、こういった分野が苦手な子達にとってはアンフェアな評価ともな
り得て色々と複雑な問題ではありますが。)



そして、子供がそれほど勉強しなくても簡単にAが取れるというのはその子にとって
チャレンジが欠けていて、チャレンジがなければ”努力”をする必要もないので、当然
困難や苦労などを克服しようと励む機会も少ないでしょうし。


こういった経験(もがき苦しんで克服していく)こそも”学習”の一部であり、子供
はそれらの経験から”the importance of hard work"(一生懸命働くことの大切さ)
を学んで行くんですよね。


だから子供にはそれぞれその子に適した「チャレンジ」が必要なんです。

ギフテッドの子が学校でオールAの成績だからと言って、その子が実際に”学んでいる”
とは限らないかもしれない。


子供にチャレンジが欠けているとそのうち学習意欲やモチベーションを失ってしまい、
アンダーアチーバーとなることもありえるので、親としてはこういった部分にも注意
が必要となってくるかもしれませんね。



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-11-30 11:21 | 英語の記事・情報

That's so true!

ネットで見つけた記事を読んでいて、

はぁぁ〜、(゚Д゚) 全くその通りだぁ〜。(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。)


と激しく共感、同意してしまった言葉の数々を抜粋。

まずこちらの、



と言う記事のリストの中より。


3. Being afraid of making mistakes is why so many students who
“succeed in school fail in life.”

“I believe that our society’s ‘mistakephobia’ is crippling, a problem that
begins in most elementary schools, where we learn to learn what we are
taught rather than to form our own goals and to figure out how to achieve
them. We are fed with facts and tested and those who make the fewest
mistakes are considered to be the smart ones, so we learn that it is
embarrassing to not know and to make mistakes. Our education system
spends virtually no time on how to learn from mistakes, yet this is critical
to real learning. As a result, school typically doesn’t prepare people for
real life—unless their lives are spent following instructions and pleasing
others. In my opinion, that’s why so many students who succeed in school
fail in life.”

“Everyone makes mistakes and has weaknesses and…one of the most
important things that differentiates people is their approach to handling
them.”


5. Learn to objectively reflect on yourself and others—most
importantly on your weaknesses.

“The most important quality that differentiates successful people from
unsuccessful people is our capacity to learn and adapt…people who can
objectively reflect on themselves and others—most importantly on what
their weaknesses are—can figure out how to get around those weaknesses,
can evolve fastest and come closer to realizing their potentials than those
who can’t…However, typically defensive, emotional reactions—i.e., ego
barriers—stand in the way of this progress.”


“Having others help find one’s weaknesses is essential because it’s very
difficult to identify one’s own. Most people don’t like helping others explore
their weaknesses, even though they are willing to talk about them behind
their backs. For these reasons most people don’t do a good job of
understanding themselves and adapting in order to get what they want
most out of life. In my opinion, that is the biggest single problem of mankind
because it, more than anything else, impedes people’s abilities to address
all other problems and it is probably the greatest source of pain for most
people.”


Remember that intelligent people who are open to recognizing and
learning from their weaknesses substantially outperform people with the
same abilities who aren’t similarly open.”





この記事のリストに出て来るほとんどの言葉がとても為になりますし、本当
にそうだなぁとうなずいてしまいました。

英語ですが、よかったら全部読んでみて下さい。


いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-11-11 09:58 | 英語の記事・情報

7 Thinking Dispositions

この記事、私が以前からあれこれ考えていた事が的確に説明されていて、つい
(そうそう、それなのよ〜!)と思ってしまいました。




"For instance, research into reasoning shows that people can make
arguments for either side of an issue when they're let through the
process, showing that they have the ability. But people usually don't
evaluate both sides, since they don't have the disposition."


"Being a good thinker means having the right thinking disposition,"
Tishman says, because otherwise you'll never make full use of your
abilities."


私の周りにはいわゆる”smart, intelligent”と呼ばれる人達が結構存在するのですが、
(知能テストでのIQも確かに高い。)でも日常の彼らの行動や判断を観察していると、
(あれだけ賢そうなのにどうしてあのような考えのない事を言ったりしたりしてまう
のか?(又は適切な行動が欠けているのか?)と、不思議に思う事も少なくありません。


私にしてみれば、こういう人達って、確かに思考力(ロジカル思考、批判的思考)の
能力やスキルはあるのだろうけど、実際の生活や状況の中でそれらを有効的に活用
していないと思う事がよくあったんですよねぇ。


能力はあるんだろうからそれを使ってないという事は、多分彼らは思考的にレイジー
なのかも?なんて思ったり。

(考えればわかるのだけど、あれこれといちいち考えるのが面倒くさい。)

でもこの記事を読んで何となく謎が解けた感じです。


優れた思考が出来る人(good thinker)と言うのは、能力(abilities)が備わって
いるだけではなく、”having the right thinking disposition”(適切な思考
の傾向を備えている)という事が大切になってくるようですね。


こちらがその7つの思考の傾向です。



1. The disposition to be broad and adventurous:


 The tendency to be open-minded, to explore alternative views;
 an alertness to narrow thinking; the ability to generate multiple options.


2. The disposition toward sustained intellectual curiosity:

 The tendency to wonder, probe, find problems, a zest for inquiry;
 an alertness for anomalies; the ability to observe closely and formulate
 questions.


3. The disposition to clarify and seek understanding:

 A desire to understand clearly, to seek connections and explanations;
 an alertness to unclarity and need for focus; an ability to build
 conceptualizations.


4. The disposition to be playful and strategic:

 The drive to set goals, to make and execute plans, to envision outcomes;
 alertness to lack of direction; the ability to formulate goals and plans.


5. The disposition to be intellectually careful:

 The urge for precision, organization, thoroughness; an alertness to
 possible error or inaccuracy; the ability to process information
 precisely.


6. The disposition to seek and evaluate reasons:

 The tendency to question the given, to demand justification;
 an alertness to the need for evidence; the ability to weigh and
 assess reasons.


7. The disposition to be metacognitive:

 The tendency to be aware of and monitor the flow of one's own thinking;
 alertness to complex thinking situations; the ability to exercise control
 of mental processes and to be reflective.



こうして見てみると、これらの認知的、思考の傾向はギフテッドの人達が見せる
特徴と重なっている部分も結構あるんじゃないかと思いました。


知的好奇心が旺盛で、知識の渇望が強く、あれこれと考えを巡らせ疑問を抱いたり
推測したり、自分なりの理論を立ててみたり、一見、単独であるように思える概念
を繋げ合わせて分析し、そこから結論を引き出す事ができたり、固定観念や偏見に
囚われる事なくオープンマインドな姿勢で色んな領域を探索、追求したり。


また、物事において明白さや正確さ、妥当性を求め、深い理解を渇望するなどと
言った性質、気質、傾向が強い人達と言うのは、そういったクオリティに欠ける者
よりも物事を幅広く奥深く、多角的視点から考える事ができるんでしょうね。


大切なのはこういう「姿勢や傾向」なのでしょう。

尚、こちらにもこの記事と幾分似たような内容の事が書かれていて、とても興味深
かったです。




この記事の中に出て来るこの問題、私は見事に間違えました。(恥)


For example, consider the following problem:

Jack is looking at Anne, but Anne is looking at George. Jack is married, but George is not. Is a married person looking at an unmarried person?

Your options are:

  1. Yes
  2. No
  3. Cannot be determined



私もかなり「思考的怠慢」になってるなぁ〜。




いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-10-28 10:34 | 英語の記事・情報

What Makes A Brain Gifted?

ネットで見つけた脳に関しての記事を読んでいて、(あれ〜?なんかすごくfamiliar
な情報、どこかで読んだ事があったような...?)などと思っていたら、まさに私が
随分前に読んだ事がある(過去にも紹介した事もあるEnriching The Brainと言う
本から一部抜粋された情報でした。


e0326991_09113361.jpg


e0326991_09123690.jpg


e0326991_09124823.jpg

e0326991_09125714.jpg



この本、脳全体について書かれていて、特にギフテッドのについてフォーカスして
いるというわけではないのですが、「Exploring Exceptional Brains」と言う
チャプターではギフテッドと呼ばれる人達の脳について、構造的、機能的な違いなど
がかなり詳しく説明されています。


記事はそのチャプターの一部を抜粋しているようです。

こちらがその記事のリンクです。



脳に関する様々な解剖学的名称などの専門用語も控えめで、一般人にもわかりやすい
ような言葉で説明されていて、とても興味深い情報が満載なので、こういった分野
に興味がある方は英語ですが是非、頑張って読んでみて下さい。



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-10-18 09:31 | 英語の記事・情報

10 Surprising Indicators Of Genius




リストの中についう〜ん、013.gifと思ってしまうものもありますが、とりあえずリンク
しておきました。


中にはかなり根拠に乏しいと思えるものも...

まぁ、あまり深く考えずに、娯楽的な感覚で読んで頂けると良いのではないかと
思います。



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-10-10 07:20 | 英語の記事・情報

What Do We Know About Human Intelligence?

やっぱり歳のせいか、たま〜に身体がだるくて頭がもや〜とすっきりせず、あくびばかり
でてしまう時があるのですが、今日も朝から何だかそんな気分で何をするのもかったるく
感じて仕方がありません。

不思議な事にそういう時はなぜか脳が妙な感覚に陥り、光過敏性発作を起こしやすくなる
ので用心しなくてはなりません。

一度発作が始ると目の前に眩しい幾何学のパターンが何度も何度もフラッシュして、目を
閉じても消える事なく、それどころか目を閉じると余計に酷くなり、吐き気をもよおす
ので本当に厄介なんですよねぇ。002.gif


若い頃はこんな発作なんかなかったのに、歳をとって光に対して異様に過敏になってから
幾度か発作を経験し、発作を起こす前触れの感覚もわかるようになってきたので、起きる
前になるべく予防処置をとるようにしています。


というわけで、本日はごく簡単に最近読んで面白いと思った「人間の知能」についての
英語記事のシェアです。



読んでいて全体的にうんうん、とうなずける部分が多かったのですが、特にこの部分には
首を大きく縦にふらずにはいられませんでした。


2. Myths about Intelligence

You've noted that "Much of what people know about intelligence is wrong
because they learned it from the popular press. " Which of these "myths"
do public ascribe to but need to be debunked?


(インタビュアーに質問され、最初の”伝説”をあげた後)


”Another myth is that anybody can be smart if they just work hard enough.
And that's just not true. I've worked with intellectually disabled people for
a lot of years, and it's unfair to say that those people just aren't smart
enough because they haven't worked hard enough. It's not the case.
Well it turns out that about half of intellectually disabled people have no
identifiable biological cause. They're probably at the low end of the
distribution. But there will be people who through no fault of their own
will not be able to achieve what you've achieved for instance. No matter
how hard they worked they wouldn't be able to do it. They just don't have
the intellectual capability to be able to perform at that level."



私自身もこれまで、特にあーちゃんがノンバーバルで中〜重度の自閉症と診断されて
すぐの頃など、その時利用していたABAセラピーのプロバイダーを通して様々な範囲
の”知的レベル”の子供達と触れ合う機会がありましたが、いわゆる”知的障害も伴う”
と言われる層の子達を見ていると、「誰もが努力をすれば賢くなる、そうでないのは
努力が足りないからだ」と言った見方は、毎日、長時間、人並みならぬ努力をして
頑張っていた彼らに対しての最大の侮辱だと感じるのであります。


そして、このポイントについては以前もあげたので、繰り返す事になりますが、
もう一度。


"The practice myth is another one: the idea that it just takes 10,000
hours of practice to become an expert. It has been fairly well demolished
recently in a number of papers. That's just an extension of the idea that
if anyone works hard enough they can accomplish anything. And it's also
not true because you need more specific abilities. For example, if you
want to be a musician you need to have special abilities, if you want to be
an athlete you need certain abilities and genetic endowments."


洋の東西を問わず、能力やインテリジェンスに関しては、こういった”歪んだ勝手
平等主義的概念”を抱く人達が多くてびっくりします。


でも目を皿のように大きくかっ開いて、周り(人)を鋭どく観察していれば、こう
いった考えなど信じる事もないとは思うのですが。


最後に私が特に賛同した部分。


Also, it seems that people don't want to believe that we each have limits.
Do you think that's true?


"It's all part of the philosophy of work hard and you'll be rewarded. That
everybody is the same and the only difference is how hard you are willing
to work to achieve a particular goal. And if you don't achieve that goal
it's because you haven't worked hard enough, not because you're not
capable enough. It would seem to me that a much smarter way of looking
at things is that I'm better suited for some things than other things and
so I should try to find those things I am suited for and work at those.
We're all unique and it would be odd if we were all great at everything."


まさにその通りではないかと思います。

大の努力家のあーちゃんですが、ぶっちゃけた話、どれだけ時間とエネルギーを
費やし努力しても、将来プロフットボールやバスケットボールの選手になったり
できるとはさらさら思っていません。(笑)


(本人もその事は十分承知してますし。)


人はそれぞれ違っていて当たり前。

個人にはそれぞれ得手不得手があって、その事(&自らのリミット)を認識し、
自分に適した(才能がある)分野を発見、そして発展させる努力をしていけば
いいんだと思います。



いつもご訪問頂きありがとうございます。

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-10-01 10:51 | 英語の記事・情報

"Tiger Moms" May Scar Kids

ひと時話題となった、”Tiger Mom"(タイガーマム)式育児に関しての英語の記事です。

こういった育児スタイルが効果的どころか、逆に子供に悪影響を及ぼす可能性がある
ということを示唆する調査発表について書かれています。




“Our research shows that Tiger Mother type of parenting, specifically
controlling, punitive, and less supportive type of parenting, is really not
working in this sample of Chinese adolescents,” said Cixin Wang, Ph.D.,
an assistant professor at University of California Riverside’s Graduate
School of Education.”


いくつかの育児スタイルの中で、このタイガーマム式は基本的にAuthoritarian style
(独裁・権威主義タイプ)に当てはまると思うので、


▼独裁・権威主義タイプ

子供の意見や行動、姿勢を絶対的な権威でコントロールするタイプです。有無を言わせ
ず親に従わせるスタイルなため、子どもは親の言う事は絶対と信じています。周りから
は行儀のいい子に見られますが、不安感・自己評価が低い・鬱といった不安定さに悩ん
でいることが多いです。  また、権力・能力を歪んだ見方で身に付ける可能性があり、
社会的スキルの欠落が見られるケースもあります。



とあるように、まぁ、調査結果はある程度予想されたものだったのではないでしょうか。


私自身はなるべく意識的にAuthoritative style(日本語の訳だと”民主的タイプ”に
相当するのでしょうか?)を心がけるようにしています。


ちなみにこの2つの単語、Authoritarian styleAuthoritative styleはよく似て
いますが、このスタイルの違いは下記のリンクに詳しく説明されています。




もちろん、親にも色々な性格やタイプがいるように、子供もそれぞれ色んなタイプ
が存在し、それぞれの性格や環境、インターアクションなどによって結果が違って
くるのかもしれませんが、基本的にはやはり「圧力」や「恐怖」「罰」などを用いた、
威嚇的な育児や指導には本当の意味で人を動かしたり導いたりするのに限りがある
と思いますし。


うちの父親は若い頃は今よりも短気なインテンス親父で、(パパみたい?)


「あれこれ屁理屈を言わず、ただお父さんが言った事に従え!」

と言った、典型的な独裁・権威主義タイプだったのですが、小さい頃から理屈や
合理、効率性などを重んじていた私にはこれが耐えきれず、気が強い性格もあって、
よくそんな理不尽な父親に反抗し、体罰とかも受けたりしてました。


でもあーちゃんのような子だったら多分、反抗も出来ず、自分の胸の中に溜め込ん
でしまい、後にオリジナルの記事にあげられていたような、不安感・自己評価が低い、
鬱といった精神的な問題に発展する恐れが大だろうなぁ、なんて思います。


私はそんなあーちゃんの個人の特質をある程度心得ているので、あーちゃんがぐん
ぐんと成長できる環境や育児、教育指導のスタイルを心がけるようにしています。


ただ、うちの「時々タイガーダッド」(Tiger Dad)がそんな私の努力を棒に振る
ようなことをやってしまうで困ったものですが。

本人はよかれと思ってやっているので(パパのようなタイプだと独裁・権威主義
タイプがかえって効果的かも?)余計にたちが悪いのですが...



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-27 09:50 | 英語の記事・情報

Understanding Sheldon (BBT)

秋はテレビドラマシリーズの新シーズンが始まったり、新しいドラマがデビューしたりと、
大のドラマ好きである私にとっては嬉しい季節であります。

来月からはThe Walking Deadの新シーズンも始るし、また秋の夜長をウォーカー
(ゾンビ)を観ながら過ごせるのが楽しみで、今からウキウキしています。


多くの番組が今週からシーズンが開始するみたいで、月曜日の今日は私の大好きな
「The Big Bang Theory」のシーズン8がいよいよ開始します!


e0326991_06344232.jpg


今夜は早めに夕飯の片付けを済ませ、久しぶりにの〜んびりとシェルダンを始めとする
それぞれが強烈なキャラのgeek squadとの再会を楽しみたいと思います。


今晩の新シリーズスタートにちなみ、このような面白い記事が書かれていたのを見つけ
たのでリンクしておきます。



記事内に個人的にはちょっと気になった部分がありました。


"Part of the show's attraction can be found in the non-stop humor
surrounding the quirks of the characters. The highly gifted are known
for being eccentric and this show highlights that a parade of situations
in which the characters and Sheldon in particular demonstrate their
oddities.

If you keep track, your favorite intellectual character is likely to display
social immaturity, rigidity, adolescent humor, unawareness of social
cues, one-sided conversations, unusual facial expressions, heightened
sensitivity and down right terror around the opposite sex. "
(中略)

"Sheldon's collection of attributes, including his lack of empathy, could
lead one to believe he has sociopathic tendencies. More likely, Sheldon
has Asperger's Syndrome"


ってありますが、う〜ん、まぁ、確かに”highly gifted"の人達の中にはかなり
エキセントリックなキャラも存在するとは思うのですが、でも上記の赤の部分の
特徴はHGのエキセントリックな部分と言うよりもどちらかと言うとアスペルガー
に由来する部分が大きいのではないかと思いますが。


これらの特徴は主にSheldonに見られ、(レナードやその他のキャラではこれらの
特徴が顕著でないと思う)”More likely, Sheldon has Asperger's Syndrome"
と言っているので、他のキャラクターが”単なるHG”であるのに対してシェルドンは
”2E”の疑いが高いという事になるので、その辺の区別を指摘せず、"highly gifted
の人達はこういう特徴があって〜ぶら〜ぶら〜”とジェネラルに書いてしまうと、
ギフテッドについてあまり詳しくない人達の間で誤解が生じやすいのではないか?
と思ってしまいましたが。

(私の考え過ぎかもしれないけど。)


まぁ、確かにシェルドン以外の他のキャラ達も”典型的なHGの特徴”がかなり見られる
とは思いますが、でも観ていると明らかにシェルドンは彼らとは違うと言うのが感じ
られると思います。


実際、あのドラマを観ていると、シェルドンがあまりにもあーちゃんによく似ている
ので私はいつも(ある、ある!045.gif )と大笑いしてます。


特に行動的に似ている部分は”ギフテッド”というよりも”OCD”から来ているところ
も多いので、やはり彼の場合は”highly giftedの特徴”と一言で言い切ってしまえない
ところもかなりあると思うんですがねぇ。


シェルドン以外のキャラ達は一般を基準にして見ると”エキセントリック”ではあり
ますが、でもまぁ、ギフテッドとしてみると彼らは”ごく普通のギフテッドの
エキセントリックさ”というレベルではないかと思います。

(私の印象ではデイビソンアカデミーの子達って、こういったシェルドン以外の
キャラに似ている感じがします。)


私から見ると、レナードなんか知能以外の部分はかなり”一般に近い”という気が
しますし。


でもあのレベルの知的能力(IQ 180台)ともなると、結構アスペルガーやOCD
などと言った神経性のコンディションが共存する可能性も高くなり、シェルドン
みたいなキャラも決して少なくないのかもしれませんねぇ。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-23 06:25 | 英語の記事・情報

Don't Send Your Kid to the Ivy League

ブログに今回新しく「英語の記事・情報」というカテゴリーを追加しました。

こちらには私が読んで興味深い、又は役に立つと思った英語の記事や情報、画像
などをリンクして行きたいと思います。

私に翻訳力や文章力があれば概要を訳してブログの記事にしたいとも思うの
ですが、残念ながら私にはそんな能力はないのでとりあえず情報のシェアだけ
でもと思いまして...(苦笑)


でも、このブログの読者の中には英語が達者な方もかなり多いみたいだし、又
現在英語、特にリーディングの学習をしている方達にも少しは役に立つのでは
ないか?と思います。

ただ、これらの記事は私が興味がある分野についてのものとなるので、かなり
特殊なトピックが多いかもしれませんが...(笑)


ちなみに私が興味のある分野は、教育、心理学(特に異常心理学)犯罪学、
脳神経学、形質人類学、法科学、宇宙学など。


早速ですが、先日読んだ教育に関する一連の記事がとても興味深かったので、
それらをリンクしておきます。



そしてこちらが同じトピックについて、ハーバード大学心理学教授の
スティーブン・ピンカー氏による記事であります。

上記の記事を書いたWilliam Deresiewicz氏の主張に対する反応なども含まれた、
なかなか読み応えのある、thought-provokingな記事であります。



最初のDeresiewicz氏の記事もうなずけるポイントがいくつかありましたが、
私自身は総合的にはこちらのピンカー氏の考え方、見方に賛同します。

特に、

”On top of this knowledge, a liberal education should make certain
habits of rationality second nature. Educated people should be able
to express complex ideas in clear writing and speech. They should
appreciate that objective knowledge is a precious commodity, and how
to distinguish vetted fact from superstition, rumor, and unexamined
conventional wisdom. They should know how to reason logically and
statistically, avoiding the fallacies and biases to which the untutored
human mind is vulnerable. They should think causally rather than
magically, and know what it takes to distinguish causation from
correlation and coincidence. They should be acutely aware of human
fallibility, most notably their own, and appreciate that people who
disagree with them are not stupid or evil. Accordingly, they should
appreciate the value of trying to change minds by persuasion rather
than intimidation or demagoguery.

I believe (and believe I can persuade you) that the more deeply a
society cultivates this knowledge and mindset, the more it will flourish.
The conviction that they are teachable gets me out of bed in the
morning. Laying the foundations in just four years is a formidable
challenge.If on top of all this, students want to build a self, they can
do it on their own time."


と言う部分に激しく同意しました。045.gif

まさにそうだと思います。

また、大学の入学受験の際に審査の対象となる”extracurricular activities"
(課外活動)について、


”What about the rationalization that charitable extracurricular activities
teach kids important lessons of moral engagement? There are reasons
to be skeptical. A skilled professional I know had to turn down an
important freelance assignment because of recurring commitment to
chauffeur her son to a resume-buiding "social action" assignment
required by his high school. This involved driving the boy for 45 minutes
to a community center, cooling her heels while he sorted used clothing
for charity, and driving him back- forgoing income which, judiciously
donated, could have fed, clothed, and inoculated an African Village.
The dubious "lessons" of the force labor as an overqualified ragpicker
are that children are entitled to treat their mothers' time as worth
nothing, that you can make the world a better place by destroying
economic value, and the moral worth of an action should be measure
by the conspicuousness of the sacrifice rather than the gain to the
beneficiary."

("The Trouble With Harvard"より)


と言う部分など、(根性がひねくれた)私が常々感じていた事と全く同じ考え
なので、うんうん045.gifと激しくうなずきまくるとともに、文章表現も面白く、
読んでいて笑えてしまいましたし、何よりも主張がバシっと的をえていて、胸
の中がスカっとした思いでした!


うちは”書類上見た目がよい”(肩書)という目的の為だけに、むやみやたらに
あれこれと課外活動に携わることはしない予定です。

あーちゃん自分自身にとって本当に”意味のある”活動を選び、それらに心と身体
と時間を捧げるよう忠告しています。

(それに価値を見いだせない大学は最初から行かせたくないですし。)


とにかくとても興味深くて色々と考えさせられた記事でした。


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-09-21 07:59 | 英語の記事・情報


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧