カテゴリ:High School( 23 )

オンライン学校のオリエンテーション

昨日の午後、来週から正式に始るあーちゃんのオンライン学校のオリエンテーションに
家族全員で参加して来ました。


オリエンテーションの内容は主に、オンライン学習のシステムについての説明や
デモ、そしてガイダンスカウンセラーや各教科の教師との今学年度修得するコース
の選択についての話し合いやその他のQ&Aのセッションでした。


私達家族を担当してくれた教員はたまたま数学の先生で、すでにあーちゃんのこれ
までの経緯やら業績なども認識済みで、先生は興奮気味に、


「ここまで極端にギフテッドな生徒は初めてなので、私達にとっても(学習的
サポートの分野においては)未開拓の地である為、試行錯誤が必要となって来
るかもしれませんが、学校側も全力を尽くして出来る限りの事はして行くつもり
なので頑張りましょう!」

と言ってくれたのでした。


先生のその言葉を聞き、ほっと一安心した私は早速今までちょっと気になって
いたAMC (American Math Contest)の受験について尋ねてみたのですが、
先生の話では現在のところはこの学校はこのコンテストに参加していないと言
う事でした。


(実際、AMCに登録している学校は、この学区内でもデイビソンや学区の
ギフテッド&タレンティドプログラム、そして以前、私達が見学した私立の
エリート学校とあと公立では2〜3校くらいのもので、やはり一般の学校では
こういったレベルの試験(コンテスト)に参加する生徒は少ないんだなぁと
思い知らされました。)


...が、私がこのコンテストに参加する事があーちゃんにとってどれほど重要か
(国際数学オリンピックへの門)と言う事を話し、これから先も数学の優秀な
生徒達が入学して来ることだろうし、こういったコンテストにチャレンジする
事は彼らにとっても大きな利益をもたらすはずだと説得したら、数学の先生は、


「多分、現在の時点では受験するのはあーちゃんだけになると思いますが、
早速調べて登録しましょう。」

と言ってくれましたー!!! Yes! d(゜∀゜d) 


かなり厚かましいリクエストかなぁ?とも思ったのですが、でも数学の分野で
生きて行く事を目指しているあーちゃんにとっては、AMC受験は欠く事のでき
ない行事なのであります。


周りから「厚かましい」「図々しい」と思われてもかまいません。

通常の方法ではままならぬ、特殊なニーズを持つギフテッドの子育て・教育
支援には、

「道がないなら作ってしまえ」

的発想や行動力、厚かましさが必要不可欠なんですよぉ〜。


というわけで、オンライン学校に所属しながらも、あーちゃんはこれまで通り
毎年AMCコンテストに参加する事ができるようになりました。024.gif


これで私が心配していた点もほぼ全て解決したのでほっと一安心しました。


そして基本的にはあーちゃんの要望を重視しながらも、色々な点を考慮して
作成した今学年度(9年生)のプログラムがこちらであります。


9年生秋学期のスケジュール

■ELA (English Language Arts)

 Honors English

■Math

 Linear Algebra ( University of Nevada, Reno )
 (HS/ College Dual Credit)

■Science

 Biology

■Physical Education

 Online PE

■Health

 Health, Fitness, and Nutrition

■Computer Science

 Introduction to Computer and Technology

■Foreign Languages

 Japanese

■Social Studies

 Psychology

全8科目。

数学は大学のクラスでかなり密度が濃い為、それ以外に7科目もとるとなると
結構ハードではないかと思うのですが、まぁ、あーちゃんの事ですので多分
喜んで学習に挑むのではないかと思います。


本来ならばこの学校が提供しないJapaneseの授業も、別のオンラインコース
を通じて取る事ができるようにしてくれたようなので、あーちゃんも引き続き
日本語が学べると大喜びであります。


e0326991_09163424.jpg

e0326991_09161954.jpg

これまで行っていた学校を辞め、オンライン学校を始める事は私達家族に
とってかなり勇気のいる大きな決断ではありましたが、不十分で不満足な
現状に停まっていてもなかなか道が開かれませんしね。

思いきってぬるま湯から飛び出して本当に良かったです。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-31 09:29 | High School

Too late〜!  <(`^´)>

今朝早く、あーちゃんが現在通っている学校の学院長からメールが届きました。

内容は、

「A(あーちゃん)が別の学校へ行くという知らせを受けました。 とても残念な
ニュースです。 その件についてご両親とお話がしたいので、早急に連絡ください。」

と言ったものでした。

(どうやらこれから始める学区のオンライン学校が今朝(月曜日)入学手続の処理
を済ませ、正式にあーちゃんの学校に転校の通知をしたようです。)


う〜ん。


”残念なニュース”というのは明らかに自分達(学校側)の視点から見て言ってる事
であり、(学校の案内ビデオやスライドで、Mathcountsを始めとするあーちゃん
の様々な実績を紹介しているので、退学されたらそれが使えなくなるというのもある)
あーちゃんの状況や立場、ニーズを考えてくれているならば、今回の件は決して
”残念なニュース”ではなく、”素晴らしい機会”と見てくれるはずなのに、と私自身
このメールを読んでかなりがっかりしました。


この学校も行き始めて最初の2年間はあーちゃんの教育ニーズを満たそうと、色々と
融通をきかしてくれたり、働きかけてくれたというのは確かで、その事に対しては
私達も深く感謝しています。


でも去年、高校の学院長が変って以来、新しい学院長は私達の質問やリクエスト
なども鬱陶しそうな態度丸見えで対応し、いつも「その件はまた調べて追って連絡
しますから。」とその場逃れの対応ばかりで実際には何事も一向に実行されず、私
達はこの1年間ずっとイライラしていたんです。


今学年度も学校が始ってすぐに、この学院長とあーちゃんの学習設定に関して
ミーティングをしたのですが、又もや同じ様な態度と対応で、その後2週間経
っても一切音沙汰なしの状態だったので、今回あーちゃんの新しい学校から転校
の連絡を受け、何より一番にその日に「話し合いをしましょう。」とメールを
よこしてくる神経に、はっきり言ってその勝手のよさにものすごくイラついて
しまったのでした。


まさに、(何を今さらっ! もう遅いわよ!) <(`^´)>

って感じですよ。


オンライン学校の教員やスタッフは本当に親身になって色々と調べてくれたり、
今まではやってなかった事も融通を利かせてくれたり、学区のルールや規定にも
チャレンジして”例外”を認めてくれるように働きかけたり、とその姿勢や態度
が全く異なり、そういった部分だけでも気持ち的に違ってくるものなんですよね。


大切なのは「姿勢や態度、働きかけ」じゃないかと思います。

親は腫れ物のごとく鬱陶しそうに扱われ、当のあーちゃんは「適切なクラスが
ないから1人で図書館で自習して下さい」と言わんばかりにほったらかしに
するような学校では、あーちゃん自身も自分の扱われ方に疑問を抱くのも当然
ではないかと思います。


学院長のメールに対しては、パパが慎重に言葉を選びながらあくまでも中立的な
なトーンでミーティング断りのメールを返信しておきました。

自分にとって都合がいい(悪い?)事だけ素早く反応するっていうのってどう
なの?っと思ってしまったのでした。


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-26 11:41 | High School

公立のオンライン学校:私達が気に入った点

まず最初に。

昨日はたくさんの方からポチを頂き、皆さんが私達家族を陰ながら応援してくださ
っているというのがブログを通してひしひしと感じられ、とても嬉しかったです。

通常の学校から離れ、今回またホームスクール(オンライン学習)をする事に決め
たわけですが、この決断があーちゃんにとって最適だと信じながらも、私自身、心
の片隅に全く不安感がないわけではない為、皆さんからの(間接的な)応援や支援
に大いに励まされました。

本当にどうもありがとうございました。040.gif


さて、あーちゃんが今回入学(転校?)することになった公立のオンライン学校
ついては昨日の記事でほぼ基本的な情報はお伝えしましたが、前回では書ききれな
かった細かな情報、特に私達家族が大いに気に入った部分をもう少し詳しく書き足
しておきたいと思います。


まず、以前にもあげましたように、公立の学校という事でこの学区に所属する生徒
に関しては授業料やテキスト、教材も全て無料。 自分の都合の良い時間と場所が
選べ、自分に合ったペースで進む事ができるというオンライン学校ならではの一般
的なアドバンテージに加え、この学校が提供する利点というのが...


① ネット上に存在するだけでなく、実際にも市内に運営管理オフィスを構えていて、
  ここには常時、学区の教員やカウンセラー、スタッフ達が待機していて必要に
  応じていつでも学習援助やカウンセリングを受ける事が可能。


② 生徒一人一人に担当のアカデミックアドバイザー/カウンセラーが付き、ILP
  (Individual Learning Planー個別学習計画)という、個人の能力や目標に
  あわせた学習プランが立てられ、それに沿って学習が実施される。

  生徒の能力や学業実績により、Honorsや AP、 Dual-Creditなどのコースを
  取ることが可能で、生徒によりある一定の学区の規定も「例外」を認めてくれる。


③ この学区がオファーしないコースなども、別のオンライン学習会社や機関を
  通して受講が可能である。

  (例えば、この学校の外国語のコースカタログには「日本語」がないのだけど、
  学区に許可を得て日本語を提供する別の会社のコースが受講できるなど。)


④ オンラインコースが提供していないクラス(体育、アート、ドラマ、音楽、放課
  後のクラブ活動など)は、ゾーンの学校(住む地域によって学区が指定している
  学校)にて1学期に2クラスまで取る事が出来る。

  (その場合は実際、自分のゾーン指定学校のクラスに出席するので、他の生徒
  達と一緒にクラスを受ける事になり、社交の機会を持つ事ができる。)


  また、SAT/ACTなどのテストもゾーン学校で受験でき、National Merit
 (ナショナル・メリット)などの奨学金制度にも応募できるようなので、その点
  も一安心しています。


⑤ オフィス(スクール)にはコンピューターラボが設けられていて、ここの生徒
  なら誰でも業務時間(8:00am-4:30pm)以内であるなら時間に制限なくいつ
  でも訪問でき、学習指導を受けたり自習する事が出来る。

 (家で1人でオンライン学習するのが退屈になったり、自宅のパソコンが故障
  したり、暫しの間家族や親から脱出したくなったり、他の生徒達と交流した
  くなったりした時はいつでも気軽に何時間でもこのラボを訪れる事ができる
  ので、生徒達のいい息抜きの場ともなってるみたいです。)


こちらがコンピューターラボ。


e0326991_09111382.jpg


e0326991_09110395.jpg


⑥ オフィスにはStudent Lounge(生徒ラウンジ)が設けられていて、学習に
  関係なくただ単に他の生徒達と交流する場もある。


⑦ 定期的にフィールドトリップなども組み込まれているので、他の生徒達と交流
  する機会ともなる。


と、今ざっと思いつくのはこれくらいですが、とりあえずこのオンライン学校は
さすが「学区指定」という事で、システムやサポートもかなりしっかりとしていて、
且つ、個人のニーズに応じてかなりの範囲で融通をきかせてくれるようなので、
あーちゃんのような特殊な教育ニーズを持つ子にはまさにありがたい学校です。


この学校の生徒の中にはいじめや嫌がらせに苦しみ、一般の学校へ行けなくなって
しまった子や、学習障碍、発達障碍、感情障碍などを含む、その他諸々の障碍を
抱えた子達や、癌やその他のシリアスな病気を煩い、勉強したいのだけど一般の
学校に(身体的に)通えない子や、様々なコンテストや活動、遠征などで時間的
な自由が必要なアスレートや芸術的、音楽的に優れた才能を持つタレンティドの
生徒達も結構多いらしいそうです。


説明会の時にアドミッション担当の方が誇らし気に様々な生徒の紹介をしてくれ、
その中にはすでに作品を色々な展示会で販売している画家や、モデル、色んな
映画にも出演している俳優や女優さん達(ちょい役だとは思いますが)なんかも
いたりして、多種多様な才能やニーズを持つ生徒に溢れていました。


特にこういった学術的にギフテッド、そして芸術、スポーツ、音楽、その他の分野
にタレンティドな生徒達が彼らの能力や才能をフルに開花させる為には、一般の
学校では学習の内容もスケジュール的にもかなり限りがあることから、こういった
(オンライン学習)形態の教育が不可欠となってくるのではないかと思います。


スケジュール的にもかなり自由が利くようになるため、あーちゃんの場合も大学
のコースを受講する事ができるようになりましたし、これから先も色々な数学
コンテストや学習活動にも参加しやすくなりますので、やはりあーちゃんの学習
願望やニーズを満たす為にも、こういったアンオーソドックスな学習形態が必要
となってくるなと思い知らされました。


とにかくいろいろと調べてみると、意外と道はあるもので、諦めずにいろんな
選択を探索するのが大切だなぁと思いました。


今学年度のコース選択を含め、もろもろの学習設定について話し合うミーティング
が来週の水曜日に予定されているので、家族全員がその日を楽しみにしています。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-08-25 10:09 | High School

色々考えた結果...

ここ数日間、家族全員であーちゃんの教育のオプションについて色々とリサーチし、
幾つかの可能性をじっくりと考慮した結果、やっぱり現在通っている学校を辞め、
学区が提供するオンラインスクールを始める事に決めましました。

(家族で話し合ったものの、あーちゃん自身が最終的には決断を下しました。)


このオンラインスクールは8月25日(月)から新学年度が開始するという事で、
入学申し込み最終日であった昨日の金曜日に全ての手続きを済ませようと、パパ
も私も昨日は朝から書類を集めたり、あらゆる方面の関係者達と連絡を取り合っ
たり、実際にこの学校の業務管理本部を訪れ、校内を見学したり、学校のシステム
やカリキュラムについての説明を受けたりして、一日中バタバタと忙しく走り回っ
ていました。042.gif


その甲斐あってか、昨日の夕方までに入学手続きに必要な書類を全て提出する
事ができ、何とか今学年度(2014–2015)の入学が認められたのでした。

ただ、諸々の業務的な処理は実際来週の月曜日に開始する事になるので、まだ
完全にオフシャルではない為、それまでは現在の学校へ退学届を提出せず、
引き続き登校するようにアドバイスされました。


でもアドミッション担当の人が言うには早急に書類を処理するので、多分来週
の終わりまでには全ての手続きが終了し、さ来週から正式にこの学校の生徒と
してオンラインでコースを取り始める事ができるだろうという事でした。


いきなりの展開となりましたが、あーちゃんは騒がしく無秩序なクラスで退屈
な学習をしなくてよくなったと、とても喜んでいます。


ちなみにこちらがそのオンライン学校の案内です。


(この学校)is an accredited, online school for kindergarten through
twelfth grade students in the Washoe County School District (WCSD).
(この学校)offers its students a quality online education with a flexible
schedule under the guidance of local, caring, highly-qualified teachers.
(この学校)students have access to all of the WCSD's resources and able
to take classes, not available online, and participate in extracurricular
activities at their local zoned school. (この学校)also offers Gifted
and Talented, Honors, Advanced Placement, dual-credit courses,
and even the potential of graduating ahead of schedule. (この学校)
is a public online school and all graduates will receive a diploma from
the WCSD and be invited to participate in the graduation ceremony.

(この学校)offers independent learners the opportunity to have a
flexible schedule and work at their own pace in an alternative
learning environment from the traditional school.


オンライン学習と言う事で、自分のスケジュールに合わせて受講出来るので
時間的にもフレキシブルだし、またアカデミック的な面に関しても、自己の
レベルに合わせたコースが選択でき、GTプログラムやHonorsAPなどの
アドバンスコースも充実しているようですし、大学で修得した単位も高校で
認めてくれるdual-creditのシステムも導入しているという事で、あーちゃん
にとっても良き知的チャレンジを与えてくれるのではないかと期待しています。


スケジュール的に融通が利くようになったという事で、この学校のフルタイム
のハイスクールコースに加え、(6教科)実はこの秋学期に又しても地元の
大学であるUNRで数学(Linear Algebra-線形代数学)のクラスも取る事に
なりました!


一般の高校のクラス+大学のコースとなると、かなりハードなのではないか?
と少し心配していますが、でもあーちゃん本人はかなりやる気満々で、特に
線形代数学のクラスをものすごく楽しみにしています。

(この夏の刺激的な体験をまた味わえる事が出来ると大喜びですよ〜!)

この大学のクラスは来週の月曜日(8月25日)から開始であります。
(又してもいきなりの展開。)


尚、昨日、オンライン学校のアドミッション担当のCさんに今回取るこの数学
のコースを高校でも認めてくれる”dual-credit"にしてもらう手続きも済ませて
きたので、このコースは高校の単位としても認めてくれ、まさに一石二鳥と
言う感じであります。


オンラインでの学習カリキュラムもまぁ、基本的には学区のハイスクールと
さほど変らない為、レベルや内容的にはそれほど期待は出来ないかも知れま
せんが、でもこういったフレキシブルなシステムだと時間的に融通がきく為、
今までの学校に通っていたら取れなかったはずの大学のクラスも自由に取る
事ができるようになるので、その部分だけでもあーちゃんにとって大きな
利益となると思います。


また、この学校は「個人のレベルやペースに合わせた学習計画に基づいて進行
していく」という事で、本人次第でカリキュラムをどんどん進んで行く事も
でき、「予定よりも早く高校卒業」も可能であるという事なので、こういった
部分もあーちゃんにピッタリではないかと思います。


まぁ、実際やってみなければわからないので、とりあえずトライしてみます。

もしこの学校が期待に添わなければ学区内でまた別のオプションもありますし。
(何らかのオプションがあるというのは本当に素晴らしい事ですね。)


というわけで、ホームスクールの後2年半公立学校へもどった後、またしても
ホームスクールをする事になり、なにやら本当に変動の激しい、波瀾万丈な
あーちゃんのアカデミックライフですが、(オンライン学校の方曰く)
”特殊な才能を秘めた子には、特殊な道のりが当たり前”だそうなので、まぁ
これも仕方がない事ですね。


あーちゃんの教育に関しては長期計画なんてものは一切存在せず、まさに1年
1年単位で様子を見ながら調整の繰り返しという感じですが、幸いパパも私も
働いてなくて自由な時間がもてる身なので、これからも全力であーちゃんの
支援を心がけたいと思っています。


夕べはあーちゃんの新しい出発を祝って、(笑)地元のカジノの中にある
シーフードレストランにあーちゃんの大好物のカニを食べに行きました。


e0326991_09573394.jpg


e0326991_09574746.jpg

e0326991_09580052.jpg


e0326991_09581220.jpg


あーちゃんがデザートに選んだどでかいニューヨークチーズケーキ!


e0326991_09582510.jpg

そしてこちらは私が選んだ甘さ控えめで爽やかなキーライムのタルト。
めちゃめちゃ美味しかったです〜!

e0326991_09584294.jpg


というわけで、とりあえず(今のところは)一件落着であります。


いつもブログを訪問して頂きありがとうございます。

応援のクリックを押して頂けると更新の励みになりますので
よろしくお願いします〜。

あーちゃんに足を食べられましてん...
可哀想だと思ってぽちしてくれませんか?

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-08-24 10:15 | High School

公立のオンライン学校

今日の記事も昨日の記事の続きになってしまいますが、辛抱強く読んで頂けると
ありがたいです。(苦笑)

これまでも薄々とは感じてはいましたが、どうやら遂に現在のあーちゃんの学習
環境を見直し、再調整をする時期が来てしまったようです。


なんだか小学校4年生の時の切羽詰まった感じをまた思いだしてしまい、つい

で・じゃ・ぶ? (*´・д・) ???

って感覚に陥ってますが...


本当は去年からあーちゃんが現在の学校に対して不満を感じ始めていたというのも
私自身も薄々は感づいていたものの、心の中で(時が経てば何とか状況が改善する
のではないか)と言うwishful thinking(願望的思考?)と怠慢な部分でこれまで
見て見ない振りをし続けてきたところがあったのですが、やっぱりこのままの状態
ではあーちゃんの精神によくない!と自分に喝を入れ、今日は朝からずっとネット
で色々リサーチをしまくってました。


また、同時にあーちゃんがUNR (University of Nevada, Reno)に入学応募した
際色々と援助をして頂いたアドミッション担当者の方にも連絡をし、可能な進路の
オプションについて相談してみました。


あーちゃんのアドミッションを担当したQさんは、ほぼ即座にあーちゃんが正規
で大学に入学する為に必要なステップやプロセスなどの情報をメールで返信して
くれ、その思慮深さに感謝しました。


う〜ん。

やっぱりEarly College Entrance Programのシステムがない大学だと正規
で入学する場合はどうしても高校のディプロマ(卒業証書)が必要になってくる
みたいですねぇ。


Qさんからは”公立のオンラインハイスクールというフレキシブルなシステムを利用
して、自分のペースにあわせて高校の単位を取りながら、同時に並行して大学の
クラスも受講する”というオプションを薦められました。


Qさんに教えてもらった公立のオンライン学校のサイトをチェックしてみたのですが、
ハイスクールの部門ではギフテッドHigh Ability Learnerの生徒を対象とした
HonorsAPといったアドバンスコースも充実しているみたいで、又、提携して
いる大学やコミュニティ・カレッジでDual Creditも取れる仕組みになっている
ようなので、(UNRは提携大学の1つ)オンラインで自分の好きな時間帯やペース
で高校の単位を取りながら、同時に大学で知的欲求を満たし単位も修得する、と、
現在の状況よりも断然好ましいオプションも存在すると言う事を知ったのでした。


公立の学校という事で、授業料や教科書、その他の教材も全て無料というのも
嬉しいところです。


今日、学校から帰宅したあーちゃんに早速この情報を伝えると、すぐにパッと顔が
明るくなり、興奮に満ちた笑顔で「僕、オンライン学校をやりたい!」って言って
ました。

オンラインだと時間的にもフレキシブルなので、今までスケジュールが合わなかった
為に受講が不可能だった大学のクラスも受講出来るようになりますし。


問題のソーシャルの面についてですが、これまで通り週に一度は数学クラブ活動
を続ける予定ですし、(今学年度は9月から開始する予定)数学クラブのコーチ
は今年は高校生だけでなく、中学生対象のMathcountsクラブの活動も予定して
いて、州のチャンピオンだった(笑)あーちゃんに是非指導をヘルプして欲しいと
頼まれたので、(もちろんあーちゃんは大喜び!)数学関係での仲間達との交流
も増えると思います。


また、UNRでコースを取ればそちらでは他の生徒達とも交流する機会もあるで
しょうし、大学にも生徒が他の生徒を指導すると言うtutorサービスのシステム
があるので、あーちゃんが興味あるならばそういった方面でもソーシャルスキル
やコミュニケーションスキルを向上する機会もあるという事で、現在の不満に満
ちたソーシャル状況よりも、こういった”量より質”的な交流の機会の方があー
ちゃんにとって為になるのではないかと思います。



という事で、とりあえずこういったオプションもあるというのを知るだけでも
気持ち的に違って来るもので、あーちゃん自身も希望に満ちた様子でこのオン
ライン学校について色々と調べているようです。


いつも思う事なのですが、アメリカと言う国は教育の水準や質に関しては色々と
問題があるかもしれませんが、でも生徒の多種多様な教育のニーズに応えてくれ
る選択の自由があるという部分は本当にありがたいと思います。


とりあえず、オンライン学校も1つのオプションとして頭に入れておくとして、
またこれからも引き続きリサーチをして行く予定であります。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-21 10:44 | High School

又しても鬱な気分...(-_-)

いや、私でなくてあーちゃんの方なんですがねぇ。

夏休みの後半も少し気分的に沈みがちな日が続いていて、また学校が始ったら
環境も変わって色々とチャレンジや刺激も増え、すぐに元気を取り戻すだろう
と思っていたのですが、新学年度が始ってから2週間ほど経とうとしていますが、
未だに精神的にすっきりしない感がまとわりついて、完全に取り除く事ができ
ないみたいであります。


...と言うか、学校が始って逆に鬱が悪化した感じ...(汗)


理由は色々とあるみたいですが、まぁ、でも一番はAPコースのコンピューター
サイエンスの授業以外はどれも内容や学習、指導のペースも中学の時とさほど
変らず、特に英語と数学の授業に関して大いに不満を感じているようです。


数学は「復習するよりは自習した方がまし」と言う事で図書館でStudy Hall
(自習)をする事を選んだものの、でもやはり現在やっているオンラインの
コースもレベル的には高度だけどもそれも”復習”に過ぎず、毎日1人で黙々と
パソコンに向ってすでに習得した事をお復習いするのにも飽き飽きしている
みたいなんですよ。

はぁぁ。


「大学のサマーコースを取っていた時がすごくハッピーだった!」


って、この夏に初めて正式に大学のコースを受講した経験がよっぽど刺激的
だったのか、”今年の夏休みの一番のハイライト”って言うくらい楽しかった
ようで、う〜ん、なんか一旦こくのある甘い蜜を味わってしまったらもう
味気ない砂糖水なんぞ舐めたくない、って感じで、高校の授業にも失望して
しまってます。


”まだ学年が始ったばかりだから早まった判断はするべきではない。”と言い聞か
せてみても、「大体検討がつくよ。」って、もうほとんど諦め腰の態度だし。

(シラバスや教科書、これまでの教師の指導ペースやパターンから大体の
検討がつくという事らしいです。)


後、ソーシャルの面においても今年はかなり困難な状態みたいで、高校になって
中学校の時に仲良くしていた友達(と言っても2〜3人くらいですが。)が皆
別の学校に転校してしまって、休み時間やランチタイムにつるむ仲間がいなく
なってしまって孤独な思いをしているみたいなんですよ。


あーちゃんは人にうちとけるのに時間がかかるタイプなんで、即座に友達とか
作れないし、さらに高校になって新しくやってきた生徒達はもうすでに自分達
でグループを形成し、授業中や休み時間でも騒がしかったり校則に反する事を
平気でしていたりするので、そういうのを見たりすると毎日イライラして仕方
がない、って事らしいのですよねぇ。

私には言いませんが、多分、あーちゃん、そういう子達に対してなんとなしに
自らの不快感をそのまんま表すような態度をとったり言葉を発したりして、新
しい生徒達から「嫌なやつ」だと思われ、煙たがられているんではないかと思
ってしまうんですよねぇ。


はぁ〜、やれやれ。

そんなこんなで、あーちゃんは今学年度は初っ端から毎朝学校へ行く足も
重く、学校から帰って来ても何だか心身共に疲れたといった感じが伺われ、
あーちゃんのそんな姿を見ると、私の方までどんよりとした曇り空のような
気分になってしまいます。


現在の学校はうちの学区の中でもアカデミックな分野に関してもかなり評判
がよく、小規模ながらもAPコースやその他のアドバンスプログラムが充実して
いて、最初の頃はあーちゃんもすごく気に入っていたのですが、ここ数年の
間にはあーちゃんが尊敬していた教師も何人か他の学校に移動したりと、何
だか学校全体の雰囲気やシステム、ポリシーなども変って行き、正直言って
最近はあまり満足できる状態ではなくなって来ています。


でも、Proof Schoolという希望があったのでそれもさほど気にならなかった
のですが、その見込みもほとんどなくなった今、これから先の事を考えると
本当に頭が痛いですし、あーちゃんだけでなく私の方まで憂鬱な気分になって
きます。(涙)


はぁぁ〜。


以前は「高校生活を仲間と一緒にエンジョイしたい」という理由で、高校を
スキップしてそのまま大学に入学するという事は考えてなかったようですが、
今回、実際大学のクラスを受講してみて、自分にとっては“ソーシャルな面で
得る満足感よりも、自らの知的探究、知的渇望を満たす事による喜びの方が
断然大きい”と感じたようで、Early entrance to college(早期大学入学)
の可能性も考え始めているみたいであります。


SAT/ACTの数値から見ても、アカデミック的には大学の授業についていく
事自体は問題がないようですので、(実際、地元の大学であるUNRにすでに
入学が受入れられていて、その際にもアドミッション担当の人にフルタイム
として入学する事を薦められた。)正規の生徒として受講する為にはどうい
った手続きや条件が必要となって来るかなどといった事を調べるべきかなと
思い始めています。


あと、もう一つの希望と言えばこちらの過去記事にも出て来た高校とカレッジ
の単位が同時に取れるDual Enrollmentの高校。

この学校もちょっとマジで考えてみることにします。


あぁぁ〜、毎年毎年、あーちゃんの学習環境の設定には本当に頭が痛いですが、
とりあえずまた頑張ってリサーチしてみます。

追記:

昨日はたくさんの方が応援のポチと”Like"を押して下さり、とても
嬉しかったです。本当にどうもありがとうございました。040.gif


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-20 10:17 | High School

やっぱりまだ忘れ物が...

高校生になって2日目の昨日の午後、学校から帰宅したあーちゃんが私の顔色
を恐る恐る伺いながら、新しいロッカーの鍵をリクエストしてきました。

ロッカーの鍵って、そう言えば8年生が終了した日、それまで使っていた
鍵を持って帰ってこなかったような。

あーちゃんに聞くと、学年度最終日、担任の先生に「ロッカーの中の私物
は全て持ち帰るように」と言われたのでロッカーの中の物は全て持ち帰っ
たけど、ロッカーの鍵はそのまま忘れて来た!というじゃありませんか。

あーちゃんの学校はロッカーの鍵は自給なので、鍵も”私物”となるわけ
ですが、どうやらあーちゃんはそこまで頭がまわらなかったらしく、
”ロッカーの中の物”と文字通り、そこだけに集中していたらしい。


私自身、アメリカの学校へ行ってないので、(義務教育)そういった
細かいシステムなど慣れてなく、(私の高校ではロッカーなどなかった)
つい忘れてしまうんですよねぇ。

ロッカーの鍵を買い直すのはこの学校へ通い始めてこれで3回目


e0326991_06323716.jpg


6年、7年、8年生、と、3年連続で学年最終日に鍵をそのまま置いて
きてしまい、新学年度が始る前に学校に処分されて、新学年度が始る
度に新しい鍵を買わなければならないという状態。あははは。

私自身、毎年忘れてしまってるんですよねぇ。

最近、私の方も頭がぼぉ〜として、物忘れや忘れ物が酷いので、昔の
ようにあーちゃんを叱れなくなってきてるんです。(苦笑)

で、昨日の夕方早速ロッカーの鍵を買いました。


また、去年はPE(体育)はなかったけども、今年は必須科目の一つで
毎日授業があるので、体操服(シャツとショーツ)を毎日持参しなくて
はならず、今までよりも手に持つアイテムが増え、(バックパック+
ランチバッグ+ジムバッグ)そうなると管理も複雑になるので忘れ物
や失くし物も増えるのではないかと心配してます。


実際、新学年開始2日目の昨日、初めて体操服の入ったジムバッグを
持って行ったのですが、早速PE初日から(鍵なしの)ロッカーに置き
っぱなしにしてきたらしいし。(汗)

まさか体操服なんぞ盗む者などいないと思いますが、一度ランチごと
ランチバッグがロッカーからなくなった(盗まれた?)という経験も
ありますので、やっぱり鍵は必要ですね。


こんな感じでやはりルーティーン化していない事に対してはまだまだ
弱く、忘れ物がどうしても多くなってしまうので、新学年度開始後の
1〜2週間くらいはとにかく「トランジッションの調節ピリオド」と
して私の方もあーちゃんの毎日の行動に目を光らせなくてはならない
のであります。

毎年少しずつは進歩はしているものの、やっぱり個人の生まれ持った
「実行機能」というのにはセットポイントがあって、ルーティーンや
システムなどが崩れてしまうと「ディフォルトモード」にもどってしま
うのかなぁ、とちょっと落ち込みました。


そういう分野が苦手な人というのは、脳は根本的に変えられず、それ
よりもルーティーンやストラクチャー、システムの設定、自己管理や
時間管理のヘルプとなるアプリや工夫を利用したりなどの環境設定に
フォーカスして、日常生活をうまくマネージしていくしかないのかも?

まぁ、結果的には問題や困難な状態を避け、なんとか”機能”していれ
ばいいのだから、あまり深く考えない事にします。009.gif



さて、話が少し変りますが、昨日はもう一つの選択科目である「AP
Computer Science」のテキストも学校からもらって帰り、(レンタル
ですが)あーちゃんは嬉しそうにテキストを眺めたり、早速出された
宿題をやってました。


e0326991_07030858.jpg


このクラスではJavaに関してをやるようですね。

私には何が何やらさっぱりわかりませんが、テキストの中はこんな感じ。


e0326991_07032051.jpg


e0326991_07033727.jpg


宿題をするあーちゃん。


e0326991_07034990.jpg


e0326991_07041856.jpg



あっ、ちなみにこのブログでよく出て来るAPコースについて、すごく
詳しく説明しているブログ記事がありましたので、「APってなに?」
と思ってらっしゃる方はそちらを読んで頂けるとわかりやすいと思います。



このコンピューターサイエンスのコースも実は「先生に許可を得た者
だけが取れるクラス」なのですが、SATやACTのスコアやコンテスト
の結果、他の教師達からの話など、高校部門でもあーちゃんは結構有名
らしく、このコースを取る事もすんなり許可されたみたいであります。


やっぱり何らかの形で実績を残しておくというのは学業関係において
物事もスムーズに運び、とても便利だと感じます。


昨日はパパがあーちゃんを迎えに行った際、この夏に地元の大学で
受けたサマーコースの成績証明書をあーちゃんの学校の学院長に渡し
たようですが、学院長はその事&Aの成績にとても感心し、もしかした
らこれから大学で取るクラスの授業料を、この高校が負担してくれる
かもしれないという話もでていて、やっぱり実行、努力をする者は
”道が開かれる”という感じがして、あーちゃんにとっても”人生の教訓”
を学ぶいいレッスンとなったのではないかと思います。


まぁ、本人はそんなところまで考えてなくて、「ただ単に学ぶのが好き
だから」という本能的な欲望でやっているみたいですが。


少しオリジナルの記事のタイトルから話がそれてしまいましたが、今年
はこんな感じで「新しい学びの領域」に足を踏み入れるのをすごく楽しみ
にしているあーちゃんです。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-10 07:59 | High School

今日から高校生!

2ヵ月半以上の長い夏休みも昨日で終わり、あーちゃんが今日からいよいよ
ピカピカの高校生になりました〜!

アメリカは高校も義務教育なので、私立とか特別な学校以外は入学試験や
審査などもなく、そのまま学区のゾーン指定の高校へエスカレーター式に
進学するのですが、まぁとりあえず、

高校入学おめでとう〜! 024.gif


アカデミック関連の活動に携わっている事で喜びや充実感を感じるタイプ
のあーちゃんは、高校になると学習内容もぐんと難しくなり、チャレンジ
のしがいがある!と言って喜んでいます。


(実際のところどうなんでしょうねぇ〜。まぁ、でも確かにあーちゃんの
通う学校はAPコースも結構充実しているみたいなので、高校のクラスで
物足りないと思えばこれらのアドバンスレベルクラスを取る事もでき、
とりあえずオプションがあるというのはいい事だと思います。)


昨日の晩なんぞ、新学年度開始の準備に大忙しでしたよ。

これまでは私がバインダーや文房具なども全て用意してあげてたのですが、
さすがにもう高校生と言う事で、今年は私のヘルプは一切なしで、全て
自分で準備をしていました。


私が予め買っておいたバインダーにきちんと科目ごと記した(自分で記入
した)ディバイダーを挟み、ペンや鉛筆(全てきちんとといでいた)消し
ゴム、電卓などのクラスで使う文房具を入れた透明のパウチをバインダー
のリングに挟み、と言った感じで。


e0326991_06304564.jpg


前学年度のバインダーはでかいリングが一つだけだったので、ファイル
フォルダーや紙の重さでリングが歪んでしまい、きちんと閉じなくなって
しまっていた為、今年は小さめのリングが2つついてあるバインダーを購入。

ちなみにこちらが去年使っていたバインダー。


e0326991_13180376.jpg

大きなリングが歪んでしまい、噛み合わせがきっちりいかなくなり閉じた
時にその部分がバインダーの一部を摩擦してこんな無惨な姿になってました。


e0326991_13185669.jpg


こんな風に小さめのリング2つに分かれていると、負担も少なく歪み難い
のではないかと思いました。



e0326991_06311484.jpg

e0326991_06310224.jpg


このディバイダーの科目のラベル、あーちゃんの字にしては随分きれいに
書けているじゃない〜?

かなり気合いを入れて書いたのが伺われて笑ってしまった。

e0326991_06312655.jpg


今朝は通常よりも早く起床し、興奮で胸をワクワクさせながら早めに登校し
たあーちゃんですが、午後帰宅してから話を聞くと、今学年度もHonors
Classだったようで、又、まだ休み中に登録した「選択科目のリクエスト」
も本日の時点で正式に承認され、これで今学年度は本格的にJapaneseの
学習をする事になりました!

いやぁ〜! 外国語のクラスは今回初めてなので、期待に胸を膨らませて
とても喜んでますよ。


また、去年から同じクラスで、密かに恋心を抱いているLさんも数ある選択
科目の中から「Japanese」を選んでいたと知り、ものすごく喜んでました。
(笑)


こちらが今学年度(高校9年生)の時間割です。

■English Language Arts (Honors)

■Math (このクラス(Honors)ではAlgebra II(通常10年生で取る)を取る
    らしいけど、あーちゃんに関しては高校の学院長とミーティングで
    決定するので、今のところは未定。)

■Biology (Honors)

■Physical Education

■Japanese (Elective 1)

■AP Computer Science (Elective 2)
 (大学レベルのアドバンスコース)


ハイスクールでは制服の色も変わり、(水色+紺から黒+ベージュ)何だか
又一回り成長した感じがして、嬉しいやら、ちょっと寂しいやら...


今日の午後学校から帰って来てパパとくつろぐあーちゃん。

e0326991_07200412.jpg

これで夏休みの後半に感じていた憂鬱な気分も一気に解消されたの
ではないかと思います。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-08 07:33 | High School

目指せバイリンガル!

まず最初に。

皆さん、昨日は早速、私の新しい写真ブログにご訪問くださりありがとう
ございました〜!

応援のポチまで押して頂き、驚くべきことに登録したばかりの「海外風景
写真」カテで、いきなり2位になってしまってましたよ〜!

応援、どうもありがとうございます!040.gif



さて、この秋から高校へ進学するあーちゃんですが、大学進学を目指して
いる場合、高校で修得すべき単位数やコースなども違ってくる為、すでに
フレッシュマン(9年生)の時点から色々と計画を立て始める必要がある
みたいであります。


他の州はどうだかわかりませんが、例えばあーちゃんは最近バークレーも
志望校の一つとして考え始めているようで、University of California
のシステムに応募する場合、「A-G科目」を修得している事が必須みたい
なんですよね。


で、その中には、

Two units (equivalent to two years to through the second
level of high school instruction) of the same language other
than English,"


と、高校の4年間で英語以外の外国語のコース2単位(2年間)を修得
している事が条件のようなんです。


(尚、ネバダ州の大学、University of Nevadaへのアプリケーション
は外国語は含まれてないようです。)


まだ現在の時点でははっきりと本命の大学が決まっているわけではない
のですが、(本人はMITにかなり強く傾いているみたいではありますが。)
ここ最近、スタンフォードバークレーを実際訪れたり、大学のHPを
色々と調べたりした後、こういったカリフォルニアの大学もオプション
として考え始めているようなので、その準備として高校時代に「外国語」
の単位を取るぞ〜!と意気込んでいます。


そこで、夏休み前に学校から配布された「高校の必須科目と選択科目」
の情報を見てみると、なんと選択科目の中に「Japanese」があるでは
ありませんか!


e0326991_09411839.jpg


e0326991_09413280.jpg


これを見たあーちゃん、即座に日本語を取ると決め、9年生から本格的
に日本語の勉強をする事になりそうです!

これだったら私が宿題やら学習も見てあげられるかな?
(国語が苦手だったくせに、ほんまか?。笑)


これまでアカデミックな分野に関してはどの教科も問題なく習得して
きましたが、「外国語」の科目は今回が全く初めてとなる為、果たして
ちゃんとやっていけるのだろうか?という思いはありますが、基本的に
パターン認識力、(文法)記憶力が優れているあーちゃんなので、まぁ
大丈夫ではないかと思っています。


う〜〜!

これで日本のじじばばと電話で日本語で会話ができるようになるかも?

じーちゃん、ばーちゃん、あーちゃんと話せたら大喜びですよ!


バイリンガルである事は、いろんな面でも利益をもたらすようなので、
この2年間、あーちゃん頑張って日米のバイリンガルを目指せー!


ちなみにバイリンガルについて興味深い記事があったので、またいつも
のごとくリンクしておきますね。





いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-07-08 11:11 | High School

ハイスクールの説明会に行ってきました

ここ最近あーちゃんの学校関係で色々と忙しい日々が続いていたのですが、
今日からやっと学校が春休みに入ってあーちゃんも私もちょっと一息
できそうです。


とは言え、休みは1週間ほどで、学年末も迫っているので休みの間にも
ちょっとしたプロジェクトや課題が課されているので、あーちゃんの方
はそちらの方とかに忙しくなりそうですが...


それでもとりあえずは久々にちょっとだけのんびりできそうです。


休みが終われば今学年度(8年)もあと2ヵ月ほどとなり、今年でミドル
スクールを卒業します。


その後約2ヵ月半ほどの長〜い夏休みをはさみ、今年の秋(と言っても
8月なんでまだ夏ですが)からあーちゃんもいよいよ高校生になります。


あーちゃんの学校はK–12(キンダーから12年生まで)なので、中学
(6〜8年)を卒業してもそのまま同じ校舎内の高校の部門へ移るのみ
なので、新しい環境に馴染むのが苦手なあーちゃんにとっては中学から
高校へのトランジッションもわりとスムーズにいくのではないかと思っ
ています。

(実際、あーちゃんは現在の時点でも数学はハイスクールのクラスを
取っているし、放課後の数学クラブのコーチも高校の先生なので、
すでに教員や環境などにも馴染んでいるみたいなので安心してます。)


同じ学校内であるものの、中学から高校へとなるとカリキュラムや
システムなどもかなり変って来ると言う事で、先日、放課後8年生の
生徒達を対象に行われた「高校の説明会」に家族で参加して来ました。


パンフレットの表紙。
あーちゃんはClass of 2018になるのかぁ。

e0326991_13212183.jpg

この学校は大学進学校なので、アカデミックな部分はもちろんの事、
カレッジアプリケーションに必要なあらゆる分野のサポートなども
充実していて、とても心強いです。

e0326991_13224577.jpg

e0326991_13220557.jpg

現在のところ、あーちゃん(そして私達も!)はハイスクールは出来
れば例の数学の優秀な子達を対象とした学校、Proof Schoolへの入学
を希望しているのですが、でももしそこが無理だったとしても、最低
でも現在の学校はこの辺りの公立の高校と比較すると、学業的にもまず
まずいいチャレンジになるのではないかと思います。


とりあえず現在のプランとしては、この学校の高校へ進学しながらも、
引き続き色々なオプションに目を向け、あーちゃんにとって最適な学習
環境が期待出来きそうな学校を探し続ける予定にしています。


あぁ〜、何だか終わりのないジャーニーって感じで、私もこれから益々
リサーチなどに忙しくなりそうです。


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチッと ┗┐(・ω・人)お・願・いしま〜す!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-03-29 13:48 | High School


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧