カテゴリ:その他もろもろ( 36 )

ゴールデンドラゴンのブックマーク

先週末にARMLでラスベガスに行った時、滞在していたホテル内の
ギフトショップでこんなブックマークを見つけました。


e0326991_01210842.jpg


ゴールデンドラゴンボーイ(2000年の辰年生まれ)で、ドラゴンに
ちなんだものを集めているあーちゃんは、このブックマークを見る
なり一目で気に入って、自分へのお土産として買ったみたいでした。


これ、本当はかなり立体感に溢れた3Dなんですが、写真で見ると
それが見られなくて残念。


視覚過敏な私はこういうのは苦手で、あまり見ていると目がくらくら
して020.gif 状態になるので使えませんが。


これから夏休みに入り、サマーリーディングとして本を読む機会も
増えると思うのでちょうどいいですね。


ちなみにこの時同時にクラスでちょっと気になっている女の子にも
この3Dのブックマークを買ったのですが、動物やら天体ものやら
その他、数々のデザインの中から迷わず素早くハミングバードのを
選んだのでどうしてかと聞くと、その女の子は鳥が大好きだからと
言う事でした。


おぉぉぉぉ〜!


一般的にあまり人に対して興味を示す事がなく、クラスメート達に
関しても誰がどういったものに興味や関心があるなんて事にも疎い
あーちゃんなのですが、自分が気になる子に関してはやっぱり関心
度も違ってきますねぇ。


(普段は誰かと話をしていても注意散漫気味で、相手の話もきちん
と聞いていなかったりする事も多いのだけれど、彼女との会話では
内容にも細心の注意を注いで、細かな事でも全て覚えているみたい
です。笑)


これも思春期ホルモンの成せる業か!(笑)


我が家ではただ今、更年期で女性ホルモンが著しく減少している私と、
思春期で男性ホルモンが増加しているあーちゃんとの間でそれぞれが
同時に心身ともにかつてないクレイジーな変化を体験している真っ最
中でして、何だか私達って、二人で足して2で割ったらちょうどいいの
になぁ、なんて思ったりします。笑



尚、月曜日に早速このハミングバードのブックマークをその子にあげ
たらとっても喜んでいたと、あーちゃんがちょっぴり恥ずかしそうな
笑顔012.gifで報告してくれました。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-06-05 01:59 | その他もろもろ

帰宅しました!

昨日の午後でARMLも終了し、翌日の早朝(と言うかまだ夜中)にベガスを
発った私達は、約7時間の運転の後、今日の午後無事にリノへ帰って
来ました。

コンテストの様子については又後日報告したいと思いますが、ここで
リノからラスベガス間の風景の写真をちょこっとアップしておきます。

って、言ってもまぁ、ほとんどが乾いた砂漠地帯の平原と山々で、
あまりscenicな道ではないんですが。

私達が通ったルート。


e0326991_14482677.jpg


長時間こういう比較的にまっすぐな道路を運転するのは退屈で、眠たく
なってしまいますよねぇ。


そのせいか、ちょっとでも境界線を超えてしまうと、ブルブルブル
かなり激しい振動を感じるように出来ているみたいで、バックシートで
眠っていた私は運転しているパパがちょっとでも自分のレーンから逸れ
そうになると、その激しい振動で飛び起きてしまいましたよ!


リノから離れ、少しすると進行方向の左手にWalker Lakeと言う湖が
道路に沿って見えました。



e0326991_03141863.jpg

e0326991_14490221.jpg

e0326991_14493113.jpg


e0326991_14503084.jpg


e0326991_14504629.jpg


e0326991_14510747.jpg


右手はドライな山々。

e0326991_14495484.jpg


e0326991_15155751.jpg


暫くすると、その後は右も左もこういう景色が延々と続いていましたが。


e0326991_03151270.jpg


e0326991_14522615.jpg


e0326991_14520333.jpg


夕焼け時のネバダの砂漠地帯。


e0326991_14524764.jpg

e0326991_14530729.jpg


e0326991_14533095.jpg

こういう長距離のroad tripにでると、アメリカって本当にバカでかいなぁ〜
っと再認識させられます。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-06-02 15:17 | その他もろもろ

やっと落ち着きそうです

皆さん、こんにちは。

ここ最近、少しバタバタと忙しくしていた為ブログの更新をしてません
でしたが、私達は皆元気です!

実はここ5日間ほどちょっと家族で旅行に出かけていました。

久しぶりの家族での旅行だったので、とっても楽しかったです。

これから少し落ち着くと思うので、またブログの方を更新していきますね!


では、とりあえずの報告でした。


飛行機から見たシェラネバダ山脈の景色。


e0326991_14365637.jpg

e0326991_14350632.jpg

e0326991_14340157.jpg


e0326991_14342754.jpg

e0326991_14421985.jpg



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-05-12 14:43 | その他もろもろ

Stanford vs Berkeley

バークレー校のキャンパス内にある塔を見てふと去年訪れたスタンフォード
大学を思いだしたので、別になにも深い意味があるわけではありませんが、
ここでちょっとこの2つのキャンパスをビジュアル比較してみました。


思わずスタンフォード大学を思いだしてしまったバークレーの塔。

e0326991_09200503.jpg

バークレーのとげとげしそうな様子とはうってかわって、丸みをおびた温厚
そうなスタンフォードの塔。(笑)

e0326991_09203642.jpg

                   スタンフォード
e0326991_09225115.jpg

                 バークレー

e0326991_04154706.jpg

                 スタンフォード

e0326991_09211213.jpg

e0326991_09222962.jpg

e0326991_09362388.jpg

e0326991_00385113.jpg


e0326991_09341556.jpg

                     バークレー

e0326991_04152031.jpg

e0326991_04183647.jpg


e0326991_04195612.jpg

e0326991_04202845.jpg

e0326991_09424230.jpg

どちらも素敵なキャンパスですね。

今年は惜しくもチャンスを逃してしまいましたが、あーちゃんは来年は
Stanford Math Tournament (SMT)にも参加するとはりきっています。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチッと ┗┐(・ω・人)お・願・いしま〜す!

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-03-26 09:48 | その他もろもろ

最後に一言

あっ、タイトル見て私がブログをやめると思った方、まぎらわしい言い方
してごめんなさい〜!

今のところブログは辞めるつもりはありません。


ただ、今回の2Eカテ申請に対しての反論を含む、それ以外にも私が去年
からこれまでずっと聞き続けてきた、「ギフカテが荒れてしまったのは
もとはと言えば全てあーちゃんママの責任だ!」といった類いの批判全般
について、最後に一言だけ私の言い分を述べさせてもらい、このトピック
については終わりにしたいと思います。


ぶろぐ村のカテにおいて、ただのカテ登録者であった私に責任者やら
統括者やら何やらと、勝手な期待をしてきた方達がいらっしゃるかも
しれませんが、その概念を前提として私に理屈を唱えたり反論する前
に、まずその前提が妥当であるかどうかをご自身で検討する必要があ
るのではないでしょうか?




ブログ村の理念は「ブロガー主権」です。”

にほんブログ村は、既にブログをお持ちの方がご自分のブログへの
アクセス数を増やしたり、仲間と交流をするために登録する無料の
ブログポータルサイト(玄関サイト)です。トラフィック(アクセス数)
とコミュニケーション(交流)がにほんブログ村の二大特長になります。

また、それらの登録されたブログを読みたい読者さんたち、同じ興味
や趣味、感性のメンバーが集まっているコミュニティを探したい読者
さんたちが集まる場所にもなっています。にほんブログ村はメンバー
さまの記事と読者(閲覧者)が出会うにぎやかな場所なのです。”



カテゴリーにつきましては現在、参加メンバー様ご自身がお決めになる
仕組みでございまして、大変申し訳ございませんが、よほどのカテゴリー
違い以外はにほんブログ村からカテゴリー移動を勧告することは難しい
状況です。”


といった文章から、私自身の解釈としては、ブログ村のカテに登録する
メンバーは”それぞれ各自が自己の意思と自由を持ち、自らの意思と判断
で決定する権利があり、その個人の意思に反して何者からも(思想的、
行動的部分を)束縛されたり規制されたりされるべきではない”という
意識をもっていました。


ブロガー主権の理念って基本的にそう意味なんじゃないですか?


だからこういった体制(主権)は、登録メンバー各自自身が「統括者」、
「責任者」であるわけであって、それを誰か他のメンバーに期待する
という部分から間違っているのではないでしょうか。


(そしてもしコメントの主旨が”その事を他のメンバー達に訴えたい”ので
あるならば、私のブログのコメ欄で私に向ってその事を言うのは、私に
対しての反論(2Eカテを新設する事に対しての反対意見)とも捉えられ
恐れがある為、(実際私はそう捉えました。)誤解を生じやすく返って
逆効果になってしまうと思うのですが。)


こういった理念がはっきりと宣言されているブログ村(のカテ)は、企業
や組織、団体、(クラブなども含む)などと違った目的であるため、その
集まりに”責任者”や”統括者”は存在せず、カテ内での乱れの原因を「責任者
の不在が問題」として、単なる一メンバーに責任を求める(その意を示唆
する?)というのは何とも理不尽過ぎて、はっきり言って私は腹が立つとか
悲しいとか、傷ついたとかいうよりも、何だかあまりにも基本的な常識が
欠けているような感じがして、呆れ感と脱力感しか残りません。


登録しているメンバーさんがカテ内にてそういった責任者・統括者の必要性
を感じるのであれば、自らの個人的な判断で相手に確認もなしに”責任者と
思い込んで相手に期待をしてしまう”のではなく、はっきりとその考えを
ブログ村の村長さんに伝え、「カテ内投票にて責任者を設定するシステム」
などを導入する申請をするべきだと思うのですが。


私はこれまでの人生の中で、「憶測や思い込み」に頼り、結構痛い思いや
経験をしてきている事もあり、これらが如何に危険であるかを充分心得て
いますし、自分の意思や要望を明確にする事の大切さも学びました。


もちろんカテのメンバーさん自身が別のメンバーさんに対して”ある一定の
イメージやある種の期待を抱くのは、それは個人の自由なので誰もとやか
く言う事ではないとは思うのですが、問題はその個人的な思いや期待を、
カテという”何も責任や義務が強制されていない場所”で、他人に押し付け
たり、行動を束縛するかのような言及をするという部分で、それははっきり
いっておかど違いではないかと思うのです。


とどのつまり、カテが乱れる原因になった一部というのも、「責任者の不在」
などのもともと期待もされていない状態などではなく、こういった”他人の
思想や言動をコントロールしようとする姿勢や態度”の方ではないでしょうか?


同じカテ内と言えど、メンバーさんそれぞれ違ったバックグラウンドや
経験、考え方、見方を持つ個人が集まっているわけなので時には意見の
衝突などもあっても当然のことで、問題はそれらを尊重せず、自らの意見
のみが正論だとも言わんばかりにそれらを相手に押し付けようとする姿勢
や行為なのではないでしょうか?


大体、(よっぽど道徳的に外れていない限り)良識ある大人が自分の考え
をもとに、どこでどんな新しいカテを申請しようがその個人の自由であり、
上記のブログ村の説明でもあるように、”参加メンバー自身が決める事”
あって、嫌ならスルーすればいいのですから。


キツい事を言う様ですが、新しいカテを申請したという行為により、個人
がある一定の「感情」(怒りや悲しみ、置いてけぼりにされた感)などを
感じてしまったからとしても、それを”感じるのが間違っている”とはいい
ませんが、それらをアンリーズナブルに相手にぶつけるのではなく、自分
自身で対処したり処理するのが、分別ある大人の行動だと思うですが。


そして又、ブログ村のカテなんて別に刑務所とかじゃないわけですから、
自分が居心地が悪いと思ったら勝手に抜けたらいいんです。


別に抜ける理由なんて、誰かからあれこれ聞かれても答える義務もないし、
その理由に対して誰かからあれこれジャッジされるべきでもないんです。



私達は「個人の自由」をエンジョイしたいのであれば、それと一緒にひっ
ついてくる「自己責任」も受け入れなければならないのではないですか?


そして自己の自由を主張するのであれば、他人の自由も尊重すべきが良識
ある一般人というものでしょう。

自分は自由にやりたいようにやるけれど、他人に関しては(自論にもとず
いた理不尽と思える主張で)自由を規制するというダブルスタンダードに
は辟易してしまいます。


以上、私の2Eカテ申請についてを含み、去年から始まったギフカテでの
一連の出来事、流れに対して私に「カテ内での責任」を押し付けるような
批判や批難、反論をよこして来た人達に対して最後に一言どうしても言って
おきたいと思いました。


尚、私がコメ欄を閉じた事、暫く記事を更新していない事で私の事を心配
しているブロ友さんや読者の方達がいるかもしれませんが、(自分だけの
思い込みって?笑)どうぞ私の事は心配しないくださいね。


「あーちゃんはmath kid」から始まって、このブログを書き続けてかれ
これ丸4年が経とうとしています。


ブログ開設以来ほぼ毎日のように記事を更新して来て、私も最近少し
精神的にも肉体的にも疲れを感じるようになった為、記事の更新は暫く
お休みして、ここらで少し自らを労る為、R&R (Rock & Roll じゃない
ですよ!笑 Rest & Recuperationです!)のブレイクを取る事にしました。


私の現在の状態はまさにこんな感じですかねぇ。(笑)


e0326991_03234228.jpg

e0326991_03241233.jpg

と言う事で、少し休養してまた気が向いたら更新しに戻って来ます。

その時は懲りずに、相変わらず親バカ炸裂あーちゃんの自慢ネタ記事
も書いて行きますから。

そういうのを見てムカつく方は、すみませんがとっとスルーしてください。

それでは皆さん、少ししたら又お会いしましょう。



[PR]
by mathgifted | 2014-02-27 03:43 | その他もろもろ

ここでちょっとお笑い休憩

ブログにコメントしていただいた皆さん、ごめんなさ〜い!

皆さんのコメントのお返事がかなり滞ってます。 008.gif

でも必ずお返事はさせていただきますので、ちょっと時間をくださいね!


今週末はアメリカはPresidents' Dayの祝日を含む3連休でして、ちょ
っと色々とバタバタしていた事もあり、コメントの返信にいつもよりも
少し時間がかかっています。


本日はまともな記事も書けそうになく、ここ最近、少しインテンスな記事
が続いたこともあり、今日はちょっとここでお笑い休憩と言う事で、先日
見つけた笑えるサイトを皆さんとシェアしたいと思います。


私も久々に大笑いしましたよぉ〜〜!041.gif

皆さんも、これ見て大いに笑ってまた明日からがんばりましょうね!





最後にこれまた笑えるパパの若かりし頃の写真

シャツのデザインが時代を物語ってます。(笑)


e0326991_12041380.jpg


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-02-18 12:05 | その他もろもろ

やっぱり親子だな〜!総集編

日本は今日、バレンタインデーですねぇ。♥️

こちらアメリカは一足遅れて明日なんですが、あーちゃんはと言えば
相変わらず色気よりも数学気(?)で、別にこれといって何もプラン
があるわけでもなさそうです。


つい少し前まで同じクラスにほのかに想いを寄せていた子がいたよう
ですが、最近その子が別の子と付き合っているような話を聞き、(やはり
自分には数学の道しかない!)みたいな決意をし、異性には目もくれず、
ひたすら数学の問題を解いてます。(笑)


一応、私はあーちゃんの好きなチョコレートの詰め合わせを買って来
ているので、明日カードと一緒に渡す事にしています。
(パパにはもちろん何もなしです! 笑)


さて、つい最近のMathcountsの記事で、ブロ友のきらりママさんから
「あーちゃんパパさんにとっても似てきましたね〜☆」というお言葉
をいただきまして、普段いつも二人を実際に見ていてあまり似てると
は思っていなかった私は、(そうなのかな〜)と、やはり自分が見るの
と他人がみるのとは多少、違って見えるのかな〜などと思いました。


だって、パパはハーフと言ってもどちらかと言うとグランパ似で、あまり
日本人っぽくないし、でもあーちゃんはクォーターなので、顔もほとんど
日本人と変らないので、この二人が似てるというのは不思議な感じが。


あっ、でも私がやっぱりこの二人親子だわぁ〜!と思うのは、顔の全体
の雰囲気や輪郭、そして何と言ってもやっぱり頭の形でしょうか!


うちの場合はこの二人の後ろ頭を見ただけで、DNA鑑定も必要ないくらい、
「100%父と子です」ってわかるくらい似てるなぁと思います。


ほら、これなんかまるでパパの頭をコピーしたみたい。(笑)


e0326991_09405839.jpg


e0326991_09411698.jpg



でもごくたま〜に二人の写真を見ていると、頭の形以外にもふと、
(あっ、似てるわ!)って思う事もありますねぇ。

どの部分とは言えないんですが、全体の雰囲気や、ふとみせた表情
などが似ている事があります。


これらの写真は以前のブログ、あーちゃんはmath kidですでにアップ
したものですが、「やっぱり親子だな〜!」シリーズの総集編として
こちらのブログの方にもアップしておきたいと思います。
(ついでに新しい写真も追加。)


以下、「やっぱり親子だな〜!総集編」です。

目をショボショボさせてパソコンを見ている二人の表情が似てます。


e0326991_09451951.jpg


こちらもコンピューターのスクリーン(ゲーム)を見ている2人。

眉毛の形や鼻と口が似てる?

e0326991_09413808.jpg


おでこの広いところもそっくりですね。

e0326991_09415653.jpg


やっぱり横から見ると、結構似てるかな?


e0326991_09460266.jpg


これは笑顔の雰囲気が何となく似てると思いました。

e0326991_09404299.jpg


e0326991_09395039.jpg


そして今回初登場、パパがちょうどあーちゃんと同じ歳(13歳)の時
の写真です。

(白黒なんでわかりにくいですが...)

テーブルの真ん中がグランパで、右側の女性がパパのお姉さん。


e0326991_09435368.jpg

おぉぉ〜!70年代のアメリカの少年そのものといった感じ!(笑)

顔が切れてしまってますが、(ごめんなさい)左が妹さんです。

e0326991_09442363.jpg

おなじようなポーズがなかったですが、とりあえずそれに近いあーちゃん
の写真を白黒にしてみました。 雰囲気は似てる?

e0326991_09425825.jpg

あーちゃんって、ほとんど日本人なんだけど、私にはあまり似ていない
みたいで、周りの人も誰も私に似てると言ってくれません。

一つだけ自分にそっくりだと思う部分は、手のひら!

なぜか手のひらのシワ(線)とかがそっくりなんですよ!

あと、潔癖性のOCDは完全に私からだなぁ。(笑)

子供って各親のどの部分を受け継ぐかわからず、ほんと面白いですね。


最後に。

私のお気に入りの写真です。

この2人、結構早くから意気投合してたなぁ。


e0326991_11352746.jpg


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


[PR]
by mathgifted | 2014-02-14 11:42 | その他もろもろ

Hiromiさんのコメントへの返事

ここ最近私はあーちゃんやその他諸々の家庭の事情で忙しく、自分のブログ
の記事の更新や頂いたコメントの返信をするので精一杯で、ブロ友さん
達のブログ訪問も怠り気味になっていた為、(寄っても読み逃げの状態
でごめんなさい)ギフカテ内外で何が起こっていたのかなどよく把握し
ていませんでした。


その後、色々な人達の記事やコメント欄なども読ませていただき、まぁ
大体の流れは掴めましたが、実際今でもはっきりとした詳しい事情は
よくわかっていません。


そんな中、Hiromiさんのブログで明らかに私の事を指しているのであろ
うと推測できる部分が書かれている記事を読み、正直言ってちょっと気持
が凹んでしまいました。



私がギフカテを抜けた理由は、以前にもお伝えした以外にこういった
”ギフテッドについての課題”以外のややこしいいざこざなどに関わり
たくなかったというのもあったので、カテを抜けた後々までこのように
私の事が引き出される事に対して正直、モヤモヤ感じたのは確かでした。



まぁ、でも冷静になってHiromiさんの書かれた文章を読み返してみると、
私に対してストレートに批判をしているわけでもなく、Hiromiさんは
Hiromiさんなりにご自分が感じたり、思われる事を伝えようとしている
というのもわかりましたし、別に私がここでわざわざ反論したり意義
を唱えたりして、(すでに微妙な雰囲気になっているギフカテなので)
これ以上事を荒立てる必要もないと判断してそのまま黙っていようと
思っていました。


そうこう思っている時、Hiromiさんご自身からコメントを頂きました。


本来ならばコメント欄にて返信をするべきなのでしょうが、今回の件に
ついて私もそれなりに感じた事や、私の読者の方達にも明確にしておき
たい事もある為、返信が長くなってしまうことが予想される事から
(エキサイトのコメ欄は字数制限があるので使い難い。)今回、この場
(記事欄)にてHiromiさんから頂いたコメントの返信をさせてもらう
事にしました。


(公開コメントだったのでこちらの方でとりあげても問題ないと判断
させてもらいました。)


こういった記事は読みたくないと思われる方、恐れ入りますがこの類い
はこれで最後になると思うので、今回はなんとかスルーしていただける
とありがたいです。

では。


こちらがHiromi (fairdew)さんから頂いたコメントです。


あーちゃんママ、こんにちは!すっかりご無沙汰してます。記事に
関係ないコメントで申し訳ないのですが、最近あげた私の記事で伏字
で書いたことがあーちゃんママのことを書いていると誤解されている
ので、そのことでもしも、あーちゃんママにご迷惑をかけていたら
すみません。が・・・私はあーちゃんママの悪口を言っているんじゃ
なくて、前にもお話させてもらったように、定義の話やらなにやらで
昔からのことなのでどうぞおきになさらないでもらいたいのです。
外からみたら、私があーちゃんママの悪口を言っているようにみえる
んですね。全然違う人の話なのですけど・・・みんなそれほどあーちゃん
ママが好きってことですよね・・・あーちゃんママが抜けてから、
私なりにあーちゃんママとは違う、私の切り口でギフカテをがんばり
たかったんですが、どうも力不足ですみませんでした。



Hiromiさん、コメントありがとうございました。

最近あげた記事というのは私の解釈では「ギフカテにおける密かな派閥」
の事をおっしゃっているのだと思うのですが、上記でもすでに書きました
ように、私は最初にこの記事を読んだ時は、どうして私の事が(”これは、
このカテゴリーを作られたブロガーさんが...”というくだりから私の事を
指していると判断するのは妥当ですよね?)今回のギフカテでのいざこざ
で取り上げられるのかよくわかりませんでした。


私自身がHiromiさんの文体から感じたのは、”Hiromiさんがギフカテに
来ら以前のカテの風潮として、発達障碍=ギフテッドという認識
が確実流れていた。」そして、それは”私自身が意図した認識”ではない
にしろ、私の子供自閉症と診断された事もあり、結果的に私がそういっ
た認識を広める原因となってしまっていた。”とも捉える事ができるので
はないかと、この課題に関しては自分の記事でも幾度となく、”この2つ
は決して同じものではない”と唱えて来た私自身、Hiromiさんにそういう
捉え方をされてるのかと思うとなんだか無性にやるせないような気持に
なりました。


もちろんコメントでも説明して下さっているように、Hiromiさんはあく
”結果的”にそうなってしまったと言う事を言っているのであって、
をダイレクトに批判しているわけではないというのは充分理解しています。


ただ、この文体から、Hiromiさんが来られるまでのギフカテを、私が
(意図的ではないものの)ある一定のトーンに塗ってしまう方向へ導いて
しまったという、”間接的な批判”のトーンを感じてしまったのです。


(直接文字で名指しにしてなくても文章から”私”の事を指しているという
のがわかるので、そんなふうにある一定の人物を指しているというのは
責任を指摘されているように感じたのです。)


でもすでに言いましたように、これは私の捉え方の問題であってHiromi
さん自身私の批判(悪口)を言っているのではないとわかってますので
その事に関しては心配しないで下さいね。


ただ、こういった部分もまさに「文章でのコミュニケーションの限界」
物語っているようで、本人は100%明確に伝えているようでも、受けとる
側(読む側)が必ずしもそのメッセージを100%正確に受信するとは言
えないんですよね。


だから記事やコメントを書く時は意識的にこういった部分にも注意を
払い、表現や単語を慎重に選ぶ事が大切になって来ると思っています。


せっかくの素晴らしいメッセージが、その伝達の仕方によって妙に歪
んで捉えられたり、誤解されたり、きっちりと伝わらなかったら本当
に残念ですのでね。


ただ、同じ記事の中で一つ気になったのが、


”ここのカテゴリーを作られたブロガーさんのお子さんは、ギフテッド
プログラムには乗られていないので、あくまで自分のお子さんの一例と
してのお話で、ギフテッドとして選別された子供達のその本性というか、
生活の実態まではわからなくても仕方ないし、自称ギフテッド専門家
著書を読んで、それを参考にするしか情報ソースが持てない限られた
状況で、...(以下省略)”



と言う部分で、これらの文章においては少しばかり自分のポジションを
明確にさせておきたいと思いました。


まず、Hiromiさんは何をもとにこの結論(推測?)に至ったかという事
に疑問を抱いたのですが、これは私の記事か?それとも私のコメントから
か知りませんが、私の子供は”ギフテッドプログラムに乗っていない”と書
かれていますが、あーちゃんはあーちゃんの学校のギフテッドプログラム
に所属していて、この特別なクラス(学年で1クラスのみ)では全てのコア
サブジェクトにおいて普通のクラスとは異なったカリキュラムをやってい
ますので、(レベル的には1〜2学年上のレベルで中身も濃い)明らか
にギフテッドプログラムであります。


そして、私の状況に関しても、”自称ギフテッド専門家の著書を読んで、
それを参考にするしか情報ソースがもてない限られた状況で、”とあり
ますが、私の生活環境や状況など全てを知らないHiromiさんが、私の
ギフテッドに関しての情報ソース源をここまで限定出来る根拠は一体何
なのだろう?と、疑問をもったわけです。



私は私自身、そして家族に関してブログですべてを綴っているわけでも
ありませんし、私の行動範囲やギフテッド関係の関わり合いなども全て
ブログの記事として書いているわけではなく、Hiromiさんにはそういっ
た部分はわからないわけで、それを考慮に入れず不特定多数の方が訪れる
ブログの記事で、私やあーちゃんについて断定的に書かれているという
部分においては腑に落ちないと思いましたし、アンフェアだと感じました。


これらの表現は、あーちゃんの学校での様子や、ギフテッドに関した
情報記事を発信している私にとっては、ある意味、私や私の記事に対し
ての信用を失わせるものともなりえ、子育てに苦しんでいる日本の方達
に(下手な訳までしながら)少しでも役に立ちそうな情報を伝えようと
している精神に蹴りをいれられたような気持になりました。



まぁ、この部分も私の捉え方の問題と言われればそれまでなのですが、
はっきりした情報やデータ、妥当と思える推測など、バックアップで
きる根拠がないにも関わらず、個人の状況やその行動などを憶測だけ
で決めつけたような表現は避けるべきではないかと思ったのです。


そして、今回のギフカテのいざこざ(?)で、どうして私のこういった
部分が関係しているのかもよくわかりませんでした。



でも根本的には私もHiromiさんがこの記事で私の悪口を言っているの
ではないというのは理解していますので、私の事はどうぞ気になされ
ないで下さいね。


私とHiromiさんとは考え方や見方の違いなどが存在するというのもお互
い認識している事で、(そんなのあってあたり前!)それについてはお互
いの違った意見を尊重しながらも、それぞれが自分の信じる方向へ進め
ばいいと思っているし、その事もHiromiさんも私もすでに認識済みだと
思っているので、私はHiromiさんに対して何のわだかまりも持っていま
せんし、それどころかHiromiさんは子育てにおいても、ギフテッドに関
してもとても貴重なアイデアや情報も豊富におもちなので、私としては私
がfamiliarでないテリトリーやタイプのギフテッドに関しての情報をどん
どん幅広く広げて行って欲しいと願っているんですよ。


だからHiromiさんにはずっとブログを続けていって欲しいと思ってい
るし、ギフテッド関連の活動も是非実現して欲しいと願ってます。


Hiromiさんに寄せられる批判的なコメントも、読者の方達がHiromi
さんのそういった素晴らしい部分をもっと前面に出して、Hiromiさん
に末永くブログを書いて行って欲しいと思っているからこその愛の
ムチ的ものだと思います。


そういった意味で、皆もそれだけHiromiさんが好きって事なんですよ。


皆、何もHiromiさんがHiromiさんである事を受け入れないというの
ではなく、Hiromiさんならではの部分を変えず、Hiromiさんの持って
いる素晴らしい部分がもっとストレートに伝わるような方法を”付け
加えて”みては?と提案しているだけなのだと思います。


そしてねぇ〜。 こんな事を言ってしまうのは私が明らかにリーダー
格のタイプではないという事を大いに示しているんだと思うのですが、
Hiromiさんがギフカテで皆の役に立とうと頑張っているのはわかり
ますが、Hiromiさん、使命感や責任感を1人で背負い過ぎで、頑張り
過ぎだと思うんですよ。

(私にはそんな使命感や責任感など欠けてます。)


私の切り口でギフカテをがんばりたかったんですが、どうも
 力不足ですみませんでした。


そんな、私にあやまる必要などまったくないですし、(私にはこれが
よくわからんですよ。)こういう意識でギフカテで記事書いていたら
とてもしんどいんではないかと思います。


私がぶろぐ村にギフカテを申請した理由は、それぞれ違ったタイプの
(ギフテッドかも?いやそうでないかも?でも定型とは違うし〜?)
というユニークな子達の育児に悩んでいる親達がワイワイと集まって、
色々情報や意見の交換したり、たまには愚痴いいあったり(旦那のも!)
慰め励ましあったり出来る場所があればいいと思っただけで、誰が先頭
にたって、ギフカテを導いていくかなんてさらさら頭にもなかったですし、
ブログのカテなんて所詮、それぞれ違った考え方や目的のブロガーさん
達が集まる、”近所の公園”的な場所くらいじゃないかと思うんですよ。


公園に来る人のほとんどが似た様なバックグラウンド(ギフテッドと
思われる子の育児)を持っているけれど、そこでさらに共通の目的や
感じ方、考え方をもった人同士が自然と惹かれあい、仲良しグループ
ができてしまうのはごく自然な事だと思いますしね。


その”仲良しグループ”が、お互い敵対心にあふれる”派閥”に発展しない
ようにするには、お互いが意識的に誠意と尊重の気持を持って接する
事が大切ではないかと思います。


でもやはりそこは感情的な人間ですから、集団が集まるところではどう
してもそういう風になってしまうのもある程度仕方がないかもしれません
が、それは個人でどうこうできるものでもないと思うので、Hiromiさん
の力不足とかまっ〜たくそういうの関係ないと思いますが。


ギフカテにメンバーとして登録する際、別に「カテの掟」とか「メンバー
である事とは」などの条件規約などにサインするわけでもなし、色んな
考え方、意見、目的をもったブロガーさん達が集まる一つの地点くらいに
思えば気が楽になるのではないか?と思いました。


長くなりましたが、(ねっ?だからコメ欄では収まりきれない。笑)私は
個人的には是非、このままHiromiさんにずっとブログを書き続けていって
欲しいと思ってますので、これからも貴重な情報を供給し続け、私達親を
インスパイアし続ける記事を書き続けていってくださいね。


では。改めてわざわざ私のブログにコメントをしに来てくれた事を感謝
しています。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-02-12 06:22 | その他もろもろ

異様な雲

こちらは今朝、あーちゃんを学校へ連れて行ってる車の中から見た風景
なのですが、山の下の方に見えるのはこれ、雲?それとも霧?


うちのゾーンのハイスクール前にてあーちゃんがiphoneで撮った写真。


e0326991_04465695.jpg
e0326991_04471791.jpg



もこもことした(あっ、又オノマトペ使ってる!笑)雲が地上を
這っているという感じで、かなり広い地域にわたってこんな感じ
でしたよ。

ネバダではセントラルカリフォルニアではあまり見られなかった
気象現象が色々見られて面白いです。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-02-04 04:56 | その他もろもろ

笑えるテストの珍回答(日米対決)

あーちゃんの場合、テスト問題には一切手を付けず、用紙の裏側に独自の
テストを作成して提出するのがもっぱらのパターンでしたが、生徒
からこういう回答が返って来たら、私が先生だったら大笑いして
ポイントあげたくなるなぁ〜。

(まぁ、これを毎回毎回やられたらたまったもんじゃないでしょうが。)


以下は面白珍回答の数々を集めたサイトのリンクです。



とにかく 笑えます!~(^◇^)/





洋の東西を問わず、こう言ったクリエイティヴ思考をもつ子達がいるもの
ですねぇ。(笑)

こちらは英語のバージョン。



この中の21の、

1.  Why are there rings on Saturn?

    Because God liked it, so he put a ring on it.

               
            Saturn was NOT a single Lady

             の先生のコメントが笑えました。

いや〜、先生ったらBeyonce' のSingle Ladies (Put a Ring on It)
の歌を知ってたなんてね! (笑)


最後にこれも笑たー! (これは別のサイトで見つけましたが。)

まさにこの子の言う通り!045.gif


e0326991_12312214.jpg





いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村


[PR]
by mathgifted | 2014-02-01 12:37 | その他もろもろ


数学が得意な16歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧