カテゴリ:Gifted( 86 )

ギフテッドチャイルドの親の権利章典

以前、こちらこちらの過去記事でギフテッドの子達の為の権利章典というのを
紹介しましたが、先日、ギフテッドの子供を持つ親の為の権利章典なるもの
を見つけたので、こちらの方もリンクしておきたいと思います。


ギフテッドの子育てはあらゆる面において非常で特殊である為、なかなか
まわりから理解され難く、(時には誤解をされたり)孤独な思いをしている
親達も決して少なくないと思いますが、これらの項目を読むと、多くの方が
思わず、うんうん045.gifと首を大きく上下に動かして、激しく同意してしまうの
ではないかと思います。





■The Bill of Rights for Parents of Gifted Children

You have a right to...

1. patience and understanding on the part of friends, family,
 and educators with the unique parenting require for raising
 gifted children.


2. not be accused of bragging when you share your child's
 achievements because it doesn't always come easily, even
 to the gifted.


3. get support in the educational setting for your child's
 needs, even if the child is passing the state tests.


4. have your child's exceptionalities accurately diagnosed
 and served.


5. educational and mental health professionals who
 understand and are effectively trained in giftedness.


6. not be the only person who is determined to make
 sure your child has the time & materials to explore his
 or her gifts fully.


7. choose the best educational environment for your
 child without judgement from others, even if the best
 environment is home.


8. expect your child to be physically, emotionally, and
 cognitively safe at school and social situations.


9. allow your child to not always have to be successful.


10. celebrate your child's gifts without apology, hesitation,
  or fear.


私が特にうんうん045.gifと思った部分をいくつか挙げてみますと、まず2の
項目で、私自身もあーちゃんのアチーブメントについての記事を書いたり
すると、「自分の子供を自慢しているバカ親」なんてよく非難された事も
ありますが、(多分今でもそう思っている人達は大勢だと思います。)
歳のせいで神経が図太くなり過ぎたか、最近ではただ一言、(それが
なにか?013.gif)と、さして気にもしなくなりました。


これは昔からそうなのですが、私自身、自分の子だろうが誰の子だろう
が、個人が一般では見られない、突出した能力やパフォーマンスなどを
見せる事に対してとにかく(すごいなぁ〜!)と言う、畏敬の念、尊敬
の眼差し的見方、感心や感動などを強く感じてしまうので、例えば親が
自分の子供のそういうアチーブメントを言っていたとしても、私にして
みれば、”一個人(ここでは自分の子)の素晴らしいパフォーマンス、
実績の報告”と捉えてしまい、私自身そういったレベルのアチーブメント
を成し遂げる為に親としてやってきた事(支援やその他)を知りたいと
いう気持や、私も自分の子の支援や応援を頑張らねば!とモチベーション
を高めてくれ、いい刺激となるので、他の親から子供のこういう話を聞く
のが大好きであります。


だから、「子供の自慢をしている」と非難されても、(そういう風にしか
見れない人には勝手に言わせとけばいいし、そういう人達とは関わらな
ければいいんだ。)と言った割り切った考え方をするようになりました。


人生、長いようで短いんですし、自分に何らかの形でネガティブな影響
を与えるような人と付き合うのは時間と精神的労力の無駄です。

それよりも自分や子供にとって有益である物や人達に囲まれて、限られた
時間を過ごす方がよっぽどましですし。


カリフォルニアの片田舎の学区から現在の”ギフテッド教育に関しては
かなり前進的で確立された学区”へ移ってきて、交流する親達の層もかなり
異なり、(特に天才学校と呼ばれているデイビソンアカデミーの生徒の親
達など。)親達の子供のアチーブメントに関する話はまさに日常茶飯事的
もので、私自身、そういうのを聞いても(子供の自慢をしている)なんて
気持は全くわいて来ませんし、それどころか教育や子育てヒントをもっと
もっと聞きたくて、いつも耳をダンボにさせてますよ。


また、「子供の自慢をしている」っていいますが、親が自分の子供の事、
特に素晴らしい業績などを誰かに報告したいと思う気持は、人間(親)
なら誰しもが感じるごく当たり前の心理だと思うのですが?


”What I am doing is working!”って事で、ある意味、自らがやっている
事がうまく言っているのをvalidate(確認)したい、もしくは他人に知っ
て欲しい、認識してもらいたいという気持もあると言うか...

こういう風に思うのは私だけではないと思うのですが...


だからリアルでもブログでも私みたいにストレートに記事に書いてないに
しても、あくまでもカジュアルに(でも明らかに!)自分の子供のアチー
ブメントをほのめかす情報や話を持ち出して来ている親も、実際のところ
は自分の子供の人並み以上の能力や実績を他人にも知らせたいという気持
や、実際知らせている事に根本的には違いがないわけで、そういう人達が
自分のことを棚にあげ、他の親に向って、「子供を自慢しているバカ親」
などと批判しているのを見たり聞いたりすると、あまりの偽善的な態度に
辟易してしまいます。


「いや、そういう問題じゃなくて、謙虚さの問題で...」と言われるかも
しれませんが、私は基本、合理的な考え方をしてしまうタイプなので、
どうしても”function over form"(形式よりも機能)になってしまうの
かもしれません。


私みたいなのは日本にいたらきっと皆から石を投げられていたのでは
ないかと思いますが。(苦笑)


あと、7の項目ですが、これも私自身経験がある事で、小学校4年を最後
にその後ホームスクールを始めた時、私も色々と周りから批判めいた事
を言われたりしたものでした。


でもねぇ。これ次の8の項目にも深く関係して来ますが、我が子が学校
で精神的、肉体的、知的な面において適切な環境が望めない場合など、
子供が安心して学習でき、個人として精神的にも成長できる環境を用意
してあげる事がまず大切だと思うのですが。


いじめや嫌がらせにあったり、疎外感を感じたりする事は、精神的、
感情的な面で子供にネガティブな影響を与え、たとえ学校と言う社会的
環境の中であろうと健全な社会性など身に付くはずもなく、返って子供
には逆効果になるだけですし、知的に一般枠からはみ出しているからと
言えど、それがまるで「子供のせいで、そういう例外に対応するのは学校
側の責任ではない」と言わんばかりに”厄介者”を扱うような空気を漂わせ
ているような教育機関に在席し続けるよりは、家庭という精神的にも安定
した環境を子供にとって最適な教育環境だと見なし、ホームスクールを
選ぶ事に対して批判の声があがると言うのが驚いてしまいますが。


うるさくぶーぶー言う外野というのは多くの場合が、実際その子供や
子供の置かれた状況、親の知識情報レベルなども知らないで、ただ一般
論のみでぎゃーぎゃーあれこれ批判する傾向にあり、予備知識や前提も
頭にない者達とまともに議論、討論も出来るはずもなく、これ又こちら
の精神的、肉体的エネルギーの無駄使いになるので、やはりこういった
人達はスルーするに限ると思うようになりました。

もちろんこういったエネルギーや時間を投資するに値する人間関係は
それ相当に見極め、辛抱強く教育や啓蒙を心がけるようにしましたが。


何だか今日は随分と辛口になってしまいましたが、(笑)私も昔は随分
と色々な事を気にし過ぎて気を病み過ぎ、自分や子供、家族にとって
よくない状況を生み出し、結局損をするのは自分たちだという事を身を
もって何度も経験してきましたので、悲しいけれどこういう見方をする
ようになったのかもしれません。


でも自分の身の回り(人間関係や物質など)をストリームライン化して
ミニマイズすると、管理しやすく心配事悩み事も少なくなり、昔に比べ
ると精神的に安定した場所にいられるようになりました。


あれこれと要求が多いギフテッドの子の親にとっては、この”内面的な
安定、穏やかさ”を確保する為にも、この「ギフテッドチャイルドの親の
権利章典」はいい参考になるかもしれませんね。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-07 09:25 | Gifted

ギフテッドの子育てヒント: 不安感と鬱

ここ数日、あーちゃんの精神状態があまりよくありません。

ちょっとした事でイラついて、私がどうしてイラついているかを問い
かけても、皮肉っぽいトーンで答えたり、口答えしたり、時には感情
的になって怒鳴ったり。

そうかと思えばいきなり静かになり、ため息をついて暗い表情になり、
パパがちょっと態度を注意したら動揺して涙をポロポロこぼし、自分
の部屋に長い間閉じこもって出てこなかったり。


昨日は私もちょっと心配になってあーちゃんの部屋を訪れ、あーちゃん
の胸の中にたまっているモヤモヤを吐きださせる為、落ち着いた優しい
口調であれこれと問いかけ、まずは意見や忠告なども一切控え、黙って
ただただあーちゃんの話を聞いてあげました。


細かい話は抜きにしますが、まぁ、一言で言うと、どうやら夏休み中の
知的刺激の欠如による退屈さからくる「軽い鬱」と、最近パパと一緒に
時間を過ごす機会が増え、その際に色々と将来の事(主に個人、社会人
としての責任などの話)についての警告的、または激励のトークを聞か
され続ける事からくる、「不安感の高まり」が一緒になって、精神的に
不安定な状態になっているようです。


がっー!!!! щ(`Д´щ;)


パパにはあれほど、

「まだ13歳やそこらの子供に学費ローンの返済方法のオプションとか、
将来の職場での上司に対する接し方とか、妻子を養う為の男としての
責任とか、成人としての責任や社会の掟”などと言ったトークをしても
あまりにも先の話で、今の段階では「非現実的」過ぎてピンとこない
だろうし、それどころか将来に対しての不安を高める原因になるから
そういう話はあまりするな!」


とキツく言い聞かせていたのですが、私のいないところでこういう話
ばかりあーちゃんにこんこんと聞かせ続けていたらしい。015.gif


もう、全く。

相変わらずあーちゃんの特性と言うものがわかってなく、よかりとして
やった事が逆効果になっているという事に気がついてなく、本当に厄介
なおっさんです。かぁぁ〜! ヽ(`д´;)/ 


ただでさえ心身ともに大きな変化を経験し、多感な思春期の真っ最中
だと言うのに、これ以上世の中の色んな課題や心配事を増やすような
話をして、精神的に動揺させるな!って怒鳴りたいですよ。

(実際、今日、ちょっとパパと話し合いをするつもりです。)


夕べは夜寝る前長々とあーちゃんの話を聞いてあげ、不安感を取り除く
話をして私なりのダメージコントロールを試みました。

その後はあーちゃんもちょっと気持的に楽になったようで、

「学校が始ったらAPコースやアドバンスコースも受けられるし、学習
もチャレンジングとなって刺激が戻って来るだろうから今よりも元気
な気持になると思う。」

とうっすらと笑顔を浮かべて言ってました。

あーちゃんはパパとは根本的に性格も認知も感受性も全く異なるので、
”パパにとって効果的なやり方が必ずしもあーちゃんもそうであると限ら
ない”という事を忘れるべきではないのですが、人の立場で物事を見る
というパースペクティブ・テイキングのスキルに欠けるパパにはこの
部分が大きなチャレンジであるみたいですねぇ。


はぁぁ〜。

とりあえず、あーちゃんも今朝起きて来た時にはかなり気分がアップ
していたのでよかったですが。


新学年度開始まであと5日ほどですので、あーちゃんが言う通り、学校
が始れば学業に忙しくなるし、また数学仲間達との交流の機会も増える
し、そして何よりパパと二人で過ごす時間も減るので(!)こういった
不安感のトリガーとなるトークをされる事も少なくなるので、あーちゃん
のスピリットも徐々にアップするのではないかと期待しています。


あっ、最後になりましたが、今の私にとっても大変役に立つ情報ですし、
ギフテッドの子供をお持ちの親御さん達の参考ともなるリソースを見つ
けましたのでリンクしておきたいと思います。





いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-02 08:28 | Gifted

ギフテッドの特徴についての12リスト

正式に「ギフテッドの判別/識別」のコンセプトが存在しない(心理士や精神科
がそういった判断をしてくれない)日本の場合、自分の子供がギフテッド
ではないか?と勘ぐってみるものの、専門家からはっきりとした意見や
正式な判断が得られるわけではないので、何やら煮え切れない思いをして
いる親御さん達も結構いるのではないかと思います。



アメリカの場合でも(私の知る限りでは)医学的な「ギフテッドの診断」
などというものは存在せず、大抵の場合が各学区が要求する「ギフテッド
プログラム」の選考要因(知能テストや学力テスト、行動チェックリスト
などといった”ギフテッド識別の為の審査項目”)がその学区の受け入れ
基準に達していれば、「GT Students」と"identify"され、プログラムに
所属しているというステイタスで、多くの親が「うちの子はギフテッド」
と認識しているのではないかと思います。



学区にそういった「判別のシステム」(ギフテッドプログラムの一部)が
存在しない場合や、その他のオプションとしてギフテッド専門の私立の
学校や特別なプログラムを実施している教育機関への入学を希望する場合
など、学校側が指定するギフテッドの識別を専門とした教育心理士に診て
もらう事になる場合もあるでしょう。


(ギフテッドの専門家によるアセスメントの場合は、子供が”ギフテッド
であるかどうか”だけでなく、どのレベル(MG, HG, EG, PG)やその他
の詳しい情報なども得る事が出来るので、正確な識別+教育プランの設定
にもとても役に立ちます。)


あと、うちの場合みたいに最初は発達障害の検査の為に知能テストや
学力テストのアセスメントが行われ、その結果IQが高いと発覚する事も
結構あったりしますね。


でもアメリカでも学区にギフテッドプログラムがない場合や、付近に
ギフテッドの専門家がいない場合など、こういった方法にて「子供が
ギフテッドである」と識別される事も少ないのではないかと思います。


というわけで、ほとんどの場合は私達親はネットや本などから情報を
収集する事になると思うのですが、こちらの私が愛読している
「Byrdseed」というギフテッド教育情報のサイトに、ギフテッドの
特徴や識別の対象となる要因などの情報のリンクがリストされたページ
を見つけましたので、それをリンクしたいと思います。(笑)




またもや英語の情報で申し訳ないです。

でもやはりギフテッド関連で参考になる文献、記事は英語によるもの
が多いため、ギフテッドについて興味・関心を持たれている方達は
(毎回しつこいですが、苦笑)この際、是非英語の方も習得していた
だきたいと強く思っています。

(会話やライティングはおいといてもせめてリーディングの面だけでも!)


この記事のリストの一つ、


のページがなかなか興味深いなと思いました。

一口にギフテッドと言えど、個人の本質的な性格や認知スタイルや環境
なども関係し、色んなタイプ(6つ)のギフテッドが観察出来るんだなぁ
と思いました。


でもこれも不動というものでなく、環境の調節などによってタイプが
重なったり、違ったタイプへと切り替わったりするみたいなので、やはり
個人の持って生まれた性格、性質と置かれた環境、状況などのインター
アクションがキーポイントのようですね。


あーちゃんの場合も基本的にはThe double labeled (Type 5)」で、
小学生の頃はほとんどThe challenging (Type 2)」だったけれども、
教育環境を設定し直したり、社会・感情のニーズを満たしてあげたり
して状況を改善した事から現在ではThe successful (Type 1)」
なったという感じがしますし。


それぞれのリンク先でとても興味深い情報が読めますので、是非チェック
してみてください。


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-07-29 09:14 | Gifted

ギフテッドの子がぐずぐずと先延ばしにしてしまう10の理由

ふと思ったんですが、英語の”procrastination”という単語、日本語では
どう言うのかと辞書を引いてみても、どうも一言でピシッとうまく表現
できるような単語(名詞)がなかなか見つからなくて困っています。

一般的には、

”ぐずぐず延ばすこと、引き延ばし、先送り、遅延、優柔不断”


などの訳や言葉をよく目にするのですが、う〜ん、なんかどれも一言で
表現するにはしっくりこないような感じがして...

”遅延”や”優柔不断”と言った一言だけではどうも”procrastination"の
全てのニュアンスが含まれていない感じがして。

とりあえずこの言葉は、”やらなければいけない事などをぐずぐずと先延
ばしにしてなかなか取り掛かろうとしない”と言った意味で捉えていただ
くといいのではないかと思います。

(この単語がぴったりフィットする日本語の名詞形をご存知の方、教え
ていただけるとありがたいです。)


私自身、長年パパのprocrastinationに悩ませれ続けてきているのです
が、(まぁ、パパの場合は主な理由がただ怠慢なだけ。)どうやらこの
問題はギフテッドの子達の間でも結構よく見られたりするみたいですね。


こちらの記事がなかなか参考になると思ったのでリンクしておきます。




この記事によると、私達のほとんどがたまにぐずぐずと先延ばしにした
りする事もよくある事だけど、中にはこの習慣が慢性化してしまう場合
もあり、自分の(ギフテッドの)子供がこういった傾向を見せている
場合、あれこれと小言を言う前にまず、その行為(procarastination)
の理由を探ってみる事が、問題を解決するのに効果的である、という
事であります。


先延ばしにしてしまういくつかの考えられる理由とというのが...


1.被転導性(心理、思想、注意のそれやすさ)

  ギフテッドの中には自分の興味関心分野に集中、熱中し過ぎて手元
  のタスクにフォーカスする事が困難な子達もいる。彼らは色んな興味
  深いアイデアやプロジェクトなどによってあれこれと注意が散漫しや
  すくなる。過密なスケジュールはこういった問題を悪化される傾向に
  ある。ただし、子供の情熱や興味関心がすでに定着している場合、
  多数の要求(やるべき事)がなかったとしても注意散漫になりやすい。


2.無秩序(整理整頓が苦手)

  ギフテッドの子達の中には整理整頓や計画を立てるのに苦労し、時間
  の管理のスキルに欠ける子もいる。プロジェクトを完成させようとする
  モチベーションはあるものの、詳細に注意を促す事やいつもより長期的
  な計画が必要な場合など、圧倒されてしまう事も。
  時間管理やタスクをどのようにこなして行くかを構造するのが困難で
  あるという部分が、多くの場合この問題の根本的な原因となっている。
  

3.無関心、無気力

  ギフテッドの中にはあまりにも学校(授業)が退屈でうんざりして
  しまい、自らの作業や作品の質に対して興味を失う子もいる。
  これらの作業に意味を見いだせず、完成を遅らせたりする事も。
  機械的なドリルや簡単過ぎる課題などをして時間を無駄にするよりも、
  別の様々な活動に携わる方がましだと思っている。


4.過去の成功経験

  ギフテッドの中には”これまでそれで通って来たから”という過去の
  (成功?)経験からぐずぐずと先延ばしをする子もいる。
  これらの多くの子が締め切りギリギリに課題を終えたとしても、その
  作業や作品の質や結果に悪影響を与える事はないというのを学んでき 
  ている。努力すればもっといい作品が出来るというのはわかっていても、
  彼らのこれまでの成績や実績から、それほど無理して頑張らなくても
  何とかうまく通り抜けられるという事がわかっている。
  

5.反逆

  先延ばし行為は抵抗の表現や、子供が嫌がる課題を完成させる事に
  対しての静かな反逆である事も。 それはプロジェクトを過小評価し、
  重要さを最小限に抑え、面白くもなさそうな作業に取り組まなければ
  ならない事に対する怒りの表現である。 プロジェクトを最終的には
  完成させたとしても、最終の段階まで遅らせるというのはその子に
  とっては大きな力つけとなる、言わば静かな抗議の形である。


6.完璧主義

  成功達成への高い期待が不安感や遅延の願望を生み出す恐れも。
  ギフテッドの子供が、与えられた課題を最高の出来に仕上げられない
  かもしれないと心配すると、ギリギリの時点まで後延ばししてしまう
  かもしれない。これらの傾向は明らかに更なる不安感の悪化や、必然
  的な夜間の癇癪の原因ともなり得る。


7.セルフ・サボタージュ(自己破壊的行為)

  ギフテッドの子達(そして特にギフテッドの若者達)の中には自らの
  能力を隠そうとする者もいる。 周りに溶け込む為に才能を偽装した
  り、わざと手を抜いたパフォーマンスを行ったり、アカデミックな
  分野に背を向けたりする場合もある。

  先延ばし行為は彼らのこういったジレンマに直面する事に対しての
  躊躇いや迷いや、自らの能力を抑えるか、又は能力に応じて生きて行く
  べきかと言った不確実さや不安な思いを反映しているのかもしれない。
  もし作業や作品の質が劣っているのであれば、彼らが周りに伝えたい
  イメージを固定する事ができるのである。


8.不安感、自信喪失

  明らかなスキルにも関わらず、ギフテッドの子達の中には自分自身の
  能力に疑惑を抱く子がいる。彼らは自分が”偽装者”(インポスター)
  だと感じ、いつ何どき自分の不十分な部分や欠点が暴かれるかと心配
  してやまない。 彼らには維持すべき自分自身のイメージがあり、もし
  それらが何らかの形で崩れてしまうと”詐欺”だと暴露されてしまうと
  信じている。

  プロジェクトの完成を遅らせる事は、こういった恐怖に直面する事
  から生じる必然的な不安感を避ける手段でもある。


9.羞恥心

  不安定感とともに、あるギフテッドの子達は優秀な業績を達成する
  事ができない事に対して羞恥心を感じる。 彼らはこの事をまるで
  彼らの知性に対する告発、非難とでもいわんばかりに反応し、周り
  は自分の事を”不能だ”と見るのではないかと疑ってしまう。その結果、
  先延ばし行為は言い訳ともなり得る。もし、ぱっとしない冴えない
  成績が、土壇場の慌ただしく急かされた試みだとしたら、子供はその
  結果を”自分の実際の能力ではない”と思い込む事ができる。


10.うつな気分

  先延ばし行為は時折「鬱」の症状である場合もある。
  とは言うものの、この場合通常、引きこもりや仲間達からの孤立、
  悲しみ、食生活や睡眠のパターンの変化、イライラなどのその他の
  兆候が伴う。 こういった状況の場合、先延ばし行為は絶望感や
  学業に対する意義の欠如の反映である可能性もある。



と、これらがギフテッドの子達が物事を先延ばしにしてしまうであろう
いくつかの理由なのですが、「完璧主義」「羞恥心」などと言った
ギフテッドの子供によくみられる課題から生じる先延ばしについては、
主に「無関心」が原因によるものとはまた違った問題解決のアプローチ
が必要となってくるようなので、まず第一に何が原因となっているのか
というのを探り当てる事が大切なようですね。

  

いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-07-25 14:50 | Gifted

ギフテッド&2E関連の過去記事をまとめたブログ

「あーちゃんはmath kid」から始まり、現在のこのブログを書き始めて早い
もので4年以上が経ちます。

このブログには基本的にはあーちゃんの日々の出来事や成長、そして家族
の様子や私の何気ない想い、ぼやきなどを徒然と書き留めていっています。


が、そんな中、この4年間の間に私が色んなソースから収集したギフテッド
や2E関連の情報についての記事も結構あちらこちらに混じっています。


私のブログを訪問する多くの方達が、主にギフテッドについての情報を求
めているという事で、(パパや私のしょーもないような話題なんかは多分
興味ないでしょうから。笑)そういった方達の為にずっと前からこれら両方
のブログからギフテッドと2E関連の過去記事だけを集め、一つのブログと
としてまとめて読みやすくしたいと思っていたのですが、(でもなかなか
重い腰があがらなかった。)最近、時間的に少し余裕があったので、今回
遂にそのプロジェクトに取り掛かる事にしました。


というわけでこちらが新しいブログです。



e0326991_08503305.jpg



”新しいブログ”と言っても内容(記事)が新しいのではなく、ここでは
「あーちゃんはmath kid」「あーちゃんは数学のギフテッド」の両
方のブログからのギフテッド・2E関連の情報記事や、ギフテッドに関す
る我が家の個人的な体験などの過去記事を集めているだけなのですが、
でもここでは"ギフテッド関連の話題のみ"にストリームライン化されてい
るので、情報も見つけやすいのではないかと思います。


(私のゾンビフェチの話なんぞありませんので!笑)


ただ、「My 2e Kid」のカテゴリーではあーちゃんのギフテッドの特徴
や、これまでのアカデミックな面においてのパフォーマンスや功績など
の記事が載せてあるので、「親バカアレルギー」の方達はこのカテを
スルーする事をお勧めします。(笑)


現在の時点ではカテゴリーもまだ調節中の段階で、この先もう少し
fine-tuningをしていく予定です。


これからも普通通り、このメインのブログ(あーちゃんは数学の...)に
てギフテッド関連の記事を更新して行くつもりですが、ギフテッドの
記事だけアップし次第、この新しいギフテッドオンリーのブログにも
追加して行きたいと思っています。


つい最近も写真ブログも開設したばかりで、何やらあちこち管理が大変
になりそうですが、まぁ、ぼちぼちやっていきたいと思います。


尚、このブログ、ブログ村の「ギフカテ」「2E」カテに登録すべきが
どうかまだ今のところ迷ってるんですよねぇ。


「あーちゃんはmath kid」の方はこれからほとんど更新できなくなる
だろうから、そちらを外してこの「ギフテッド・2E」に特化したブログ
を登録した方がいいかなぁ〜?っと。


とりあえず、前々からずっと考えていたプロジェクトが形になって
ほっと一息ついてます。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-07-23 09:22 | Gifted

ギフテッドの誤診

ギフテッドの個人(チルドレン&アダルト両方)にとって大きな課題である
「誤診」ついて、詳しくて参考になる記事を見つけたのでリンクして
おきます。



この記事でとりあげられているトピックは子供ももちろんですが、どちら
かと言えば、多くのギフテッドアダルトが直面しやすい問題ではないかと
思います。


記事の内容(ポイント)を簡単に訳しますと、


ギフテッド、タレンティッド、そしてクリエイティブな人達と言うのは
強烈で強い感情性、想像性、知性、知覚性、運動性のOEを示し、また、
これらの特徴はこういった個人にとってはごく”普通”の発達であるという
のはこの分野の研究家達の間ではよく知られた事である。

ギフテッドの個人は極めて細かく調整された心理構成と、組織化された
意識、自覚の持ち主であるため、彼らは世の中を周りの人達とは違って、
そしてより強烈に経験する。


とは言うものの、大抵の人達がこう言ったギフテッドの特徴についての
正確な情報に欠けているため、これらの特徴は(一般の)精神療法士や
その他の専門家達からはしばしば何らかの精神的問題や精神病の兆候で
あると見られる傾向にある。


ギフテッドにとっては「普通」だと見なされる特徴でも、一般の間では
「神経症」とラベルを貼られてしまい、その結果、ギフテッドの人達は
家庭や職場、学校、そしてコミュニティ内での様々な人間関係の困難に
対して、個人的、感情的に弱くてもろくなりやすいという事を大抵の人
が知らない。


ギフテッドは比較的高度なレベルの強烈さと敏感さで機能するため、彼
らがセラピーを求める際、(一般の)セラピスト達は高等で複雑なパターン
の発達を持つ人達の識別や治療に関して特別な訓練を受けていないので、
(いわゆるギフテッドに関しての専門的知識や情報が欠けているので)
ギフテッドの人達は誤診される事がよくある。


ギフテッドの個人特有の非同期発達、強化された認識、自覚、エネルギー
や感情の反応、そして内面的な動揺などの治療的アセスメントから判断する
と、彼らの(ギフテッドならではの)”発達上の推移”(トランジッション)
が、単なる性格、もしくは注意障害と、間違ったラベルを貼られてしまう
事も決して少なくはない。


演技的(芝居がかった態度)、気分変調症、気分循環性障害(軽鬱病期
と小うつ病期が数日間持続数し不規則な経過をたどる気分障害)、ボーダー
ライン、自己陶酔的、ADHD 、またはADDなど、これらは”積極的分離”
のごく普通の段階を表現する時によく誤って付けられる、数ある中の一部
の診断名(ラベル)である。


こういったタイプの誤診の結果は、無害のネグレクトから、ギフテッド
の複雑な内面のプロセスを”普通化”しようとする試みを無効にしてしまう
見当違いのカウンセリングまでの範囲に至る。


誤診されたギフテッドの患者が、”ギフテッドの症状”を抑圧する為に薬を
処方された場合、ギフテッドのプロセスの偉大なる内面的な炎が鎮火され
てしまい、人生においての成就や実現の可能性を最小限にしてしまう恐れ
もある。


結果として、このように最も社会的貢献が期待出来るであろう人達こそが
治療のニーズが一番満たされていないのではないだろうか。


ギフテッドにとっては内面的葛藤は、現在の考え方や存在を、より一層
高度なレベルのものと置き換える為に前進させる原動力であるがゆえ、
退行的兆候(病気のサイン)というよりも発達的なものである。


このようなタイプの積極的分離は、個人の中での”現在の自分”と、”理想
とする姿”との間の強烈な内的テンションという形で特徴付けられる。


このダイナミックなテンションこそが、創作的な個人の複雑な内面の世界
を更に煽り、成長と発達の刺激を供給するものである。


ギフテッドの個人に関わるセラピストは誰しもが、これらの内面的な
プロセスをよく認識しているべきであり、(これらは高度な能力を発展
させる為にツールとして活用されるべきである。)そうでない場合、
セラピストはギフテッドの個人に更なる心理的ダメージを与える
リスクがある。


ギフテッドのセラピーやカウンセリングにあたる際、セラピストは以下
の個人の内面的な課題をとり扱うべきである。


・ギフテッドである事に対する内面的なストレス

・急速な発達に対する感情的なトラウマ

・自他共に対する内向性、強烈さ、完璧主義、極度の敏感さ

・不十分な精神的活動に対する症状の認識/自覚

・他のギフテッドの人達と交流する事の大切さ

・あり余るほどの身体的、感覚的、知的、感情的エネルギーを別の
 方向へチャネリング、フォーカスする。



彼らの人生の中でギフテッドの個人、カップル、家族が遭遇する独特の
対人関係においてのチャレンジというのが、


・主流(メインストリーム)の中で交流する事を学ぶ

・標準や平均に合わせる事に対する期待やプレッシャーの管理

・知的、創作的、または個人的に有利だと思われるゆえ、ギフテッドの
 個人に対して向けられる無意識の敵対心、憤り、反抗心、妨害行為を
 を和らげる

・彼らの能力の利用に適切な境界を設定する。

・他人と協力し、親戚や上司、同僚、ご近所さん、カウンセラー、教師、
 そしてその他のコミュニティのメンバーなどと関わる際の、日々の
 ギフテッドならではのジレンマを管理する



彼らの高度に発達した可能性を成し遂げ、健康を維持する為にギフテッド
の個人が直面しなければならない課題は決して少なくない。


ギフテッドやタレンティッド、クリエイティヴな人達に対してセラピスト
が与える事が出来る最高のギフトの一つというのが、ギフテッドの人達
自身(人間性)や彼らの能力を心から純粋に評価することだろう。


ギフテッドについて学ぼうとするプロフェッショナルというのは、(その
姿勢や態度からして)きっと間違いなくこれを達成する事だろう。



....ってことで、ポイントも何も、結局ほとんど訳してしまったじゃないですか!
(笑)

何だかぎこちない日本語になってしまいましたが...(苦笑)


(もしかしたら間違った日本語の表現を書いているかも知れませんが、(だと
したら教えて下さい)まぁ、基本的には大体こういった内容の事を言っている
と思います。)


心理士や精神科、セラピスト、専門家と言えども、ギフテッドに関して詳しく
ない場合は、ギフテッドの特徴を「職業柄のバイアス眼鏡」で見てしまい、
誤診してしまうというケースも結構あるのではないかと思います。


ギフテッドの誤診は子供だけの問題ではなく、大人(多くの場合自分が
ギフテッドであるという認識もない)も結構直面する課題だと思います。


ギフテッドに関しての認識や情報も少ない日本では、まずプロにこれらの
知識を期待するのは無理かもしれませんが、最低限自らが認識しているだけ
でも意識も違って来て、対処の仕方の参考になるのではないでしょうか。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-07-20 13:43 | Gifted

家庭ギフテッド教育:我が家でやってきた事

アメリカでは「ギフテッド教育」が実施されているとは言え、でもこれも全て
の公立学区や学校でギフテッドプログラム(GATE)が行われているわけ
でもなく、地域によっては存在しなかったり、また私の個人的な観察や
経験から言わせてもらういますと、あったにしてもその内容や質なども
地域や学区によってかなりの違いがあるという感じがします。


もちろん経済的に許されるのなら、私立のギフテッド専門の学校などでは
ギフテッドの子の特質やニーズに特化した質の高い教育を期待出来るかも
しれませんが、一般の公立学校ではギフテッドプログラムの有無、そして
質などは、その州や地域の経済や教育予算などといった要因が大きく関係
してくるように思います。


私達が以前住んでいた地域はカリフォルニアと言えど、SFベイエリアや
シリコンバレーのような人口が密集し、学区の教育水準が高い地域では
なかったので、(セントラルバレーの農業地帯の小さな市)学区として
もかなり小規模でした。


だから正式な「ギフテッド・プログラム」などと言ったものは存在せず、
それらしきものとしては、週に一度放課後、才能がありそうな生徒達を
集め、教師やボランティアの父兄達がパズルをやったり、クリエイティブ
ライティングの指導をしたりと言った感じだったみたいです。


(この学校のこの”ギフテッドプログラムもどき”は3年生から始ったそう
で、でもあーちゃんがキンダーに入学した年にその活動も廃止となった
らしいので、結局関係ありませんでしたが。)


でもあーちゃんには確かに”ギフテッドの子ならではの学習ニーズ”が存在
し、それらが満たされていない事で感情面やら日常生活面で困難を示して
いたので、私達は特別支援のIEP(個人別教育プラン)を利用して、凹の
の支援の一貫として、学校側に凸の部分のサポートや促進も組み込んで
もらってました。

まぁ、言ってみると「個人別ギフテッドプログラム」ってとこでしょうか。


参考として、学校でやってもらっていたのはこんな感じ。


リーディングではクラスで生徒のスキルレベルが5段階に分けられ、その
 中であーちゃんは最高アドバンスレベルの子達と一緒に指導を受けていた。

スペリングにおいてはクラスに参加しながらも、あーちゃんだけ自分の
 レベルにあったテキストや教材を使っていた。

算数・数学に関してはあまりにも自分の学年からかけ離れ過ぎていたの
 で、3年生の時はコンピュータラボで中学3年レベルのオンラインコース
 を行い、4年生の時は7年生のアドバンスクラスの子達とAlgebra I
 (この学区では8年生で学習する)のクラスへ飛び級した。


などなど...


でもその他の教科、特に科学に関しては小学校時代は日本の「理科」の
ように単一の科目がなかったので、たまにやるサイエンスのトピックは、
あーちゃんにとっては物足りない様子でしたが、でもクラス内で特別な
対処はされてなかったようです。


こんな感じで学校でのあーちゃんの「ギフテッドの面に対する支援」は
システムがしっかりしたギフテッドプログラムを提供する学区と比べると
あまり期待出来るものではありませんでした。


日本なら塾とかも充実しているでしょうが、アメリカでは塾はそれほど
普及してないので、(あったとしても先取りとか促進ではなく、どちら
かというと出来てない部分を支援するリメディアルと言った感じ)これは
もう家庭で何とかそういった部分も支援して行くしかない!と思い、独自
「ホームギフテッドプログラム」なるものを作成し、実行する事にした
のでした。


って言っても、ただ単に自宅で子供の知的好奇心を満たしてあげたり、
潜在能力やスキルなどを伸ばしていってあげるために役に立ちそうな事
を心がけただけなんですけどね。(苦笑)


以下、小さい頃から私があーちゃんの知的欲求を満たしてあげたり、能力
やスキルを促進したりする為に心がけて来た事をリストしてみました。



まず、あーちゃんは3歳で自閉症と診断されて以来、一日8時間、週5日
集中ABAセラピーを受けていたのですが、その当時からセラピスト
さん達はあーちゃんの学習能力の高さに気がつき、基本的なプログラム
に付け加え、あーちゃんのペースやレベルに合わせた指導をしてくれて
ました。



例えば、ピア・プレーで同じ歳ごろのお友達とは年齢にあった遊びを
しながらも、自宅で個人指導の際は「知的年齢」に合わせたゲームや
活動をしたりして、あーちゃんの知的ニーズを満たしたり。


お友達とは乗り物に乗ったり、電車で遊んだり、ごっこ遊びをしたり
して、社会性スキル向上をターゲットにしてた。

e0326991_13350216.jpg

e0326991_13354891.jpg

で、個人セラピーの時はこんなふうにポーカーやモノポリー、スクラブル
やスペリングゲームなどの教育ゲームをやったり。

セラピストさんとブラックジャック?をやっているあーちゃん。

本当に嬉しそうな顔してます。


e0326991_13443736.jpg


こちらはスペリングゲーム。

e0326991_13435769.jpg

この個別ABAセラピーは自閉症の面においての療育だけでなく、早期に
あーちゃんへ知的刺激を与えたり、学習習慣を身につけるのに大きく
貢献していて、本当にありがたいと思っています。


そしてこのセラピー以外に私が心がけて来た事が...


・とにかくたくさん本を与え、読み聞かせをしたり読書を促した。

自宅にはライブラリーを構え、いつでもあーちゃんが好きな時に読書が
できる環境を設定しました。


e0326991_13383625.jpg


e0326991_15000207.jpg


e0326991_13390351.jpg

e0326991_13402378.jpg

読んだ後はよく感想文も書いていたし...


e0326991_14141382.jpg


私やパパと本の内容や哲学的概念などについてディスカッションしたり。


e0326991_04234137.jpg



・科学博物館や様々なワークショップや活動、ツアーなどのフィールド
 トリップに連れて行った。


e0326991_13400106.jpg

e0326991_13414899.jpg

e0326991_13412591.jpg


e0326991_14341139.jpg

e0326991_04271971.jpg

e0326991_05593260.jpg


(ちなみに、私のもう一つの写真プログの「Museums」のカテでそれらの
写真が見られますので、興味のある方はどうぞ。)



・教育関係のドキュメンタリー映画を一緒に観て、感想文を書かせたり、
 様々な話題についてディスカッションをした。


e0326991_13431043.jpg

 

・オンライン学習 (教育サイトや学習コースを受講)


e0326991_14304427.jpg



e0326991_13392130.jpg

e0326991_13421569.jpg



・論理的思考や読解力のスキルを向上する為のワークブックや練習。
(あーちゃんの知的レベル、習得のペースに合わせた学習)


e0326991_14294437.jpg


10歳の時、8年生(中学2年)の科学のコンセプトを学習したり。

e0326991_04053361.jpg



・自宅で出来る科学実験などを試したり。


など、外のリソースに頼らなくても、正式にギフテッドプログラムが学校に
ない日本でも、親の意識とクリエイティヴな発想で工夫をこらしたり、才覚
を駆使する事によって、子供にとって有益な「ホームギフテッドプログラム」
をデザインし、実行する事が出来ると思います!


間もなく夏休みに入ろうとしているので、これらのオリジナルプログラムを
実践するにはまさに絶好のチャンスだと思いますので、皆さん、是非工夫
をこらして頑張って下さいね。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-07-15 14:51 | Gifted

ギフテッドと不安

昨日の記事でanxiety(不安)の話題が出たところで、ここではギフテッド
不安(不安症)についてとても参考になる情報のリンクを付け足して
おきたいと思います。


いやぁ〜、こうやってこの話題についてのいくつかの情報を読んでみると、
やっぱりギフテッドの子達(多分、大人も?)は一般よりも不安感を感じ
たり、心配し過ぎたりと言った傾向が強いみたいですね。


(まぁ、もちろんギフテッドかどうかに関係なく、個人の持って生まれた
性質の部分も大きく関係しているのではないかと思いますが。)


こちらの「High Anxiety」という記事によりますと、ギフテッドの子達
の脳は一般とはちょっと異なり、感覚が強調され超敏感なので、私達が普段
見落としてしまいがちな詳細やあらゆる情報も素早く感じ取ってしまうし、
感覚が敏感であるという事は、ストレスフルや嫌な出来事も鮮明に体験して
しまうという事で、それに加えて彼らは記憶力に優れているのでそういった
出来事も後々まで鮮明に覚えているという事なのです。


(この”ハイパーセンシティブな脳”については以前の記事でもとりあげて
ますので、興味のある方はこちらの過去記事へ。)





そして、最初の印象が強いだけでなく、後で思い起こす時もそれらは極め
て強烈であるらしい。


(あぁ〜、この部分もあーちゃんそのまんまです。小さい頃のインパクト
が強かった出来事やストレスフルな出来事、ネガティブな感情、その出来
事の際、私達が言った言葉や関連する風景や状況など、後々まで鮮明に覚
えていて、たまにそれら思い起こしてはその時と同じ感情や精神状態に陥り、
パニクったりしてます。002.gif


そしてギフテッドの子の豊かなイマジネーションと、一見つながりのない
ように見えるものにも関連性を見いだしてしまうという能力が加わること
によって、こういった子達は(普通の子達が気がつかなかったり、考えも
しないシナリオなどを想定したりして)必要以上にナーバスになったり、
不安感を感じたりするようですね。


"Their own brains transform a bad experience into something
far worse, and then connect it to other situations. The anxiety
can spread like a virus"


って部分、あーちゃんを見ていてもすごくよくわかります。


(いやぁ、ギフテッドではない私も実は極度の不安症で、いつもあれこれ
と最悪のシナリオを想定してしまい、オロオロと心配し過ぎて精神的に
しんどい思いをしています。でも私の場合は、自分は癌かも?とか、乗る
予定になっている飛行機が墜落するのでは?とか言った、非合理な類いの
ただの不安感なのですが。汗)


尚、こちらの記事では子供が不安な状態である症状や対処法などがリスト
されていて、親としてはとても参考になります。(英語)




”Asynchronicity, or uneven development, is another trait
common to many gifted children. Often, cognitive development
will leave physical or affective development in the dust, resulting
in even more “out of place” feelings – and more potential for
anxiety. ”



と、非同期発達(知能、社会性、感情面、身体的など各分野の発達が
均等でなく、凸凹がある。又、知的や認知の分野内においてもスキル
や能力によって差があったりする。)が、ギフテッドの子のセルフ
コンセプトや社会性に影響し、”場に溶け込めない感”、”浮いてる感”
が不安を一層強くする可能性もある、という部分もうなずけます。


そして、


Many gifted children place very high expectations on
themselves. While common, this characteristic can cause
any number of problems, both at school and at home. From
worrying over unmet goals or an assignment that’s just not
“perfect” enough, the constant need to reach exceptional
levels of achievement can also lead to anxiety and stress,
according to educational psychologist Jerry Schecter.”


と、ありましたよ!あーちゃんの例も!


私もこの対処の部分をこれからじっくり読んでみようと思います。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-07-13 12:32 | Gifted

全てのギフテッドが早くから字が読める?

本日、アメリカは4th of Julyで独立記念日であります。

アメリカにお住まいの皆さん、

Happy 4th of July!


こちらは去年の4th of JulyにLake Tahoeの湖上で行われた打ち上げ
花火の写真。


e0326991_07151405.jpg


去年はLake Tahoeへ花火大会を見に行ったのですが、今年は暑いし、
人混みも避けたいので、私達は自宅でまったりと独立記念日を過ごす
事にしました。


”食中毒で倒れそう”だったパパ015.gifは、今日はバックヤードBBQをやる
と張り切ってまして、夕べ夜中にいそいそと24時間営業のスーパーに
買い出しにでかけたようで、今朝起きてキッチンに行くと、冷蔵庫の
中には(身体に悪そうな)ソーセージやらチーズやら、BBQの材料が
ありました。


キッチンのカウンターにはパイを発見。


一応はアップルパイも買ってましたが、今時季節外れのパンプキン
パイも買ってあって、サンクスギビングズには”Typical! 013.gif"と言って
食べなかったパンプキンパイを4th of Julyに食べようとは、相変わ
らず偏屈ぶりを発揮しています。


(夜中に買い込みに出かけるなど、なによぉ〜!やっぱり仮病だった
んじゃないのぉ〜?と疑ってしまう。 苦笑)



前置きが長くなりましたが、ここから本題です。


うちはパパもあーちゃんもかなり小さい頃から字が読めるようになったの
ですが、(あーちゃんの場合は極端に早く、1歳半くらいでG1~2に
習う単語を読んでいた。)全てのギフテッドの個人がearly reader
か?と言うと、そうではないようです。


e0326991_08542033.jpg



によりますと、


"It's true that many gifted children read at a
remarkably early age,"


”多くのギフテッドの子がかなり早い時期に字を読めるようになり、また
その中には言語的能力にも優れていて、語彙も豊富で自分の年齢を遥か
に上回るレベルのユーモアや、言葉の細かなニュアンスや巧妙さなども
簡単に把握してしまう子もいるのも確かであります。


こういった子供達は図書館からどっさりと本を借りて来て、いつも本を
読んでいるので(前が見えなくて)壁にぶっつかったり、学校の授業中
に退屈しのぎに机の下に本を隠して読んでいると言ったくらい、読書好
きになる場合が多い”ようではありますが、


”But not all gifted children read early."


このブログでもお馴染み、コロラド州にあるGifted Development
CenterのディレクターであるDr. Silvermanの彼女自身、及びその他
の研究の調べによると、ギフテッドの子の約半分が就学前(アメリカ
ではキンダー入学前を指しているので、年齢にしたら5〜6歳)に独自
で(誰からも教わらず)字を読め始めるようであります。


(ギフテッドでありながら)キンダー入学前に字を読まない子に関
しては、その理由として、

・視覚空間型学習者
・数学的、芸術的、機械的・空間的才能の持ち主
・学習障害
・学習に不利な環境のもとで育った
・単に”遅咲き”(晩熟型)


などの要因があげられています。


この視覚・空間学習者(visual-spatial leaners)という部分、何だか
納得いく気がします。


視覚・空間認識に優れた子達って、早くから学習面での才覚を示す
聴覚・連続タイプの子達とまた認知や発達のパターンが異なり、早期
の頃は発達にも凸凹も見られ、「遅咲き」の傾向があるので、早く
から字を読む子も少ないのかもしれませんよね。


(ちなみにあーちゃんはいくつかの特徴を除いて、典型的な「聴覚・
連続型学習者」であります。


Auditory-Sequential learner vs Visual-Spatial learnerについては
こちらのページが参考になります。




”ギフテッドの子が早期に字を読まない場合、教師や親はその子の他の
突出した才能を見落としてしまい、ギフテッドではないと思ってしまう
かもしれません。


秀でた言語能力は目立つとは言うものの、子供がシャイだったり、
あまり話好きでなかったり、ギフテッドの部分を覆い隠してしまう
何らかの学習障害があったりすると、顕著に高い能力や才能もしば
しば無視されてしまう恐れもあるので、(これはまさに2Eキッドが
抱える大きな課題であります。)親は”その他のギフテッドの特徴”
を認識し、IQテストをリクエストしたり、ギフテッド関連のサービス
を利用するなど、対処を心がけるべきだ”

という事です。


だから例え自分の子供が早くから自分で文字を読み始めなかったと
しても「うちの子はギフテッドではない」と決めつけないでくださいね。


ギフテッドの中でも個人によって発達のパターンは本当にそれぞれ
だし、その他の要因も関係したりして、本当に一概では判断できま
せんし。




またこの記事の中では、


”Most gifted children who are not early readers catch
up quickly, though, start reading on their own in kinder-
garten or first grade, and learn to love reading"



とあり、早期に読み始めなかった大抵のギフテッドの子達も仲間
達に素早く追いつくみたいで、この子達は、”自分が読みたいから”
”本に魅了されているから”という内因的な動機に駆られ本を読む
ようであります。


また、本を読む事は彼らの想像力をさらに豊かにし、毎日の生活
の中に存在するあらゆるストレスからの”安全避難場所”的存在とも
なっているとの事で、この子達にとって本を読む事は、ある種の
ストレス対処法の一つなんでしょうね。


この記事の最後の部分にもありましたが、子供の読書を愛する心
を育成して行く為にも、親としては出来る限り子供が楽しんで本
を読める環境や機会を与えてあげる事が大切だなと思いました。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by mathgifted | 2014-07-05 10:37 | Gifted/2E

Happy Birthday, Pearl S. Buck!

本日(アメリカ時間6月26日)は小説家、Pearl S. Buckの誕生日であります。

この日を祝し、以前こちらの記事でもご紹介した、ギフテッドのOE
クリエイティヴニーズ(創作意欲)の部分がとてもよく描写されている
かの様な彼女の言葉をここでもう一度アップしておきたいと思います。


e0326991_07013854.jpg


最初の記事から1年以上も経った今でも、(私のググり方が不十分なのか)
どれだけググってもこの文章の日本語訳を見つける事ができなかったので、
今回も又、このブログの読者である、あまのさんオリジナル和訳を使わせ
て頂くことにします。


(私にはこういう文章を訳する言語的センスが全くないもので。苦笑)



”どの領域であれ、真に創造的な魂とは、ヒトという創造物として、
非凡に、残酷なまでに、繊細に生まれついているという以上のこと
ではない。

この者にとって……
ちょっと触れることは叩かれるのに等しく、
ささいな雑音はかしましい騒めきに等しく、
不運とは悲劇であり、
楽しみは喜悦となり、
友情が恋慕となれば、
恋人は神となる、
そして失敗は死を示す。

さらに、この酷なまでに感じやすい生体には、作り、造り、創ることへの
強烈な必然性が加えられている――音楽であれ、詩であれ、著作であれ、
建造物であれ、また何かそのようなものであれ、制作するということなし
には、息の根を止められたようなものなのだ。彼は作らねばならない、
創作を吐き出さねばならない。いくらかの奇妙な、知られていない、内面の
緊張によって、彼は作ることなしには真に生きているとは言えないのである。"

(日本語訳:あまのさん)



前にも言いましたが、私にとってはこの表現こそ、まさにギフテッドの
個人の鋭い感覚や感性、(OE)そして、自分でも何だかよくわからない
のだけど、内面からふつふつとわき起こる抑えきれない衝動に駆られた
強い「創作欲」が優雅に、且つ鮮明に描写されているように思えます。


”a friend is a lover,"


という部分など、つい最近、ブロ友のzoyさんがブログの記事の中で、

”会えなければ会えないで思いが募り、
会えば会ったで別れがつらい...

と、まるで恋人のよう...。”


と、息子さんのコージ君のお友達に対しての思いを書かれていたのを
思いだしてしまいました。


ギフテッドの個人にとっては、友達、恋人、配偶者などの人間関係の
親密度もある意味”インテンス”(強烈)となりがちなので、(それだけ
心身ともに相手に自らを捧げているのでしょう)こういう人達を理解
していない者にとっては”too much"と感じてしまうかもしれないと
いうのもよく理解出来ます。


でもギフテッドの人達って、自分が価値を見いだす関係(相手)には
とことん正直で忠実で、一度そういう信頼関係を築き上げたならば、
相手を意図的に傷つけたり裏切ったりする事は稀ではないか?なんて
思ったりします。

(まぁ、その個人の性格によるので一概に言えませんが...)


”...he is not really alive unless he is creating."


この部分も、周りから見たら大袈裟に聞こえるかも知れませんが、
でも私もあーちゃんやその他のギフテッドの子、大人を見ていてこの
部分にすごく同感します。


ギフテッドにとって、この「創作欲」はある意味「食欲」や「睡眠」
「性欲」などの私達が生きて行く上で必要不可欠な、基本的な欲求や
活動と同じくらいのレベルに位置付けられるといっても過言ではない
という気がします。


だからギフテッドの個人がこの「創作欲」「創作活動」が抑制、
抑圧されつつある環境に置かれた場合、彼らにとって本質的なニーズ
が満たされないので、(子供の場合は特に)感情面や精神面において
影響し、社会生活の面や感情面などで困難や問題などを生じる恐れが
あると思います。


(また、彼らのこれまた別の”本質的ニーズ”である「知的欲求」
「知的刺激」も満たされていないと、同じ様な問題が起こります。)



もちろん、全てのギフテッドの個人がそういった強い「創作欲」を
見せていたり、実際「創作活動」を行っているわけではないと思うの
ですが、でも子供の頃は特にそういった部分もまだ十分発達していない
(又は気がついていない)「潜伏期間」でもあると思うので、こういう
眠っている意欲やモチベーションを刺激してあげるのも私達、親の役目
ではないかと思っています。


ギフテッドを単に教育学上的な概念のみで捉え、「一般よりも早く、
深く学ぶ者」とか、「顕著に高い能力を持つ者」のみのスコープの狭
い見方をしていたら、そういった要素を示していない(伺われない)
者はまるでギフテッドではないと言わんばかりではないですか。


別に「顕著に高い能力を”示して”いる者」=ギフテッドという部分に
異議があるわけではありません。


もちろん、それは確かにそうであります。


でも中には「顕著に高い能力」を潜在的に持ちながらも、あれこれと
何らかの複雑な理由で、その潜在能力が表にでてない個人(アンダー
アチーバー)も結構いるという事を忘れてはならないわけで、その能力
が発達して表にでる為には、その個人の「根性」だの「やる気」だの
「気合い」や「努力」などの部分だけではまかなえない、その他の要因
の改善や介入、支援なども必要となって来るケースも確かにあるのです。


これは特に2Eに関して言える事だと思います。


日本には現在ギフテッドプログラムが存在しないので、2Eの子達は
教育機関では知的には問題がない(どころか優れた)「障害児」と
見なされ、その障害を対象とした公的な支援を受けている事でしょう。


ただ、それはそれで必要な事なのですが、2Eの子はある一定の分野
(凹)でのニーズもありながら、知的分野(凸)でも又特殊なニーズ
が存在する為、「障害」や「欠如」の部分ばかりをフォーカスして
「潜在能力」の部分を無視していると、先にあげた社会面でや感情面
での困難、問題にもつながりかねないという事なんです。


だから学校や教師があれこれ言おうと、親としては子供の”部分的な
ニーズ”だけでなく、”全体的なニーズ”に目を向けてあげて欲しいと
思うのです。


ギフテッドの概念やギフテッド教育が浸透していない日本で、私がこう
いった内容の記事を書いている理由は、決して「現在の日本の教育事情
を改革して行く動きを起こす為」とかいった大袈裟なものではなく、
ただ単に親御さん達に個人的レベルで何か気がついたり、参考にして
くれればいいという気持なんで、「日本の事情がわかっていない者に
海外の事情を持ち出されては不愉快だ!」と思われる方は私のブログを
スルーして頂けるとありがたいです。


学校やその他の公共機関ではそれらが供給してくれるサービスをフルに
利用させてもらい、(障害の支援)家庭では親が子供にとって為になる
事をしていけばいいんですから。


私自身の経験や観察から思うに、ギフテッドの子、2Eの子どちらに
とっても、知的&創作的ニーズを満たしてあげる事は、彼らの精神的
なwell-beingを保持し、彼らの「顕著に高い能力」がフルに開花され、
表現される為には必要不可欠な事だと思うので、親としては凹だけで
なく凸の支援も怠らないように心がけたいですね。


(実際、凸の支援で凹の問題が解決される事もかなりありましたし。)


何だか最後はPearl Buckの誕生日とは関係ない話になってしまったの
ですが、(私の記事はいつもあちこち飛び散らかってまとまりがなくて
申し訳ないです。汗)とりあえず、最近あれこれと思っていた事をこの
機会にぶちまけてみました。020.gif


(最近、なんだかこれ、多くないですか? 苦笑)



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by mathgifted | 2014-06-27 10:09 | Gifted/2E


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧