やっぱりこれからも支援は大切

少し前のこのギフテッドについての関心が薄れた?の記事で、最近の私は以前のように
無我夢中でギフテッド関連の知識情報を収集することがなくなってきており、一般に
ギフテッドについての関心が薄れた感じがすると書きました。


まぁ、確かにギフテッドの教育ニーズに関して言えば、とりあえず現在の時点では
あーちゃんも知的、学習面においてほどよい刺激とチャレンジを得る事が出来ている
のでそちらの方は落ち着いているのですが、先日ふと以前にも読んだ事があるこちら
の文献を読み返し、何やらまた色々と考えてしまいました。




Dr. Linda Silvermanによるこの文献、ギフテッドの個人の本質的な特徴が本当に
よく描写されていて、何度読んでも読む度に共感し、強く胸を打たれてしまいます。



"And the gifted set standards well beyond those of others.
They're never satisfied doing a "good enough" job, they want
to do everything to the best of their ability."


"The gifted Self is driven by both curiosity and the need for
expression-----in words, art, music, dance, visual models,
mathematical formulas, whatever. Sometimes this drivenness
results in accomplishments that everyone admires, but more
often it concentrates on mundane activities that have significance
only for the individual: an exquisite flower arrangement, a
brilliantly executed chess move, a fabulous idea, to to-die-for
chocolate sauce....."


"The elation that comes from finding "that note," that word, that
move, that brush stroke, that solution, is indescribable. It's pure
magic. At the moment, no external rewards matter. There is only
the delicious appreciation of now. Csikszentmihalyi (1990) calls
it "flow."


"The emotion of the gifted person are just as unruly. Anything
worth feeling is worth feeling intensely. Nothing is simple, bland,
or colorless. Everything is electrically charged with rich, multicolored
layers of meaning."


(The Universal Experience of Being Out-of-Sync: An Expanded
Viewより抜粋)



これらの描写を読んでいると、まさにあーちゃんの本質的な特徴をそのまま的確に
表現しているかのようで、もし私がこのようなギフテッドに関する知識がなかった
としたら、あーちゃんとの(行動や感情の面で)インテンスで波瀾万丈に富んだ毎日
の生活の中で、果たしてどれだけまともに親業を成す事ができているであろうか?
と想像してなりません。


(人一倍ストレスに弱い私なので、あーちゃんの子育てがあまりにもしんどくて
自分自身が心身とも病んでいる状態になってはいないか?なんて思ったりします。)


でもこういった知識や情報を心得ているからこそ、まさにローラーコースターに
乗っているかのような、時にはスリリングで、そして時には感情面でもどっぷり疲れ
てしまう激動の育児をどうにかこうにかこなせてやっていってるんだと思います。


そう考えるとギフテッドの子の教育ニーズの支援はあくまでも支援の”一部”である
に過ぎず、それらが幾分満たされていたにしても、その他(社会・感情)の面の
理解やサポートもとても重要だと思います。


私もあーちゃんのそういった面での支援もこれからどんどんしていってあげなくて
はならず、その為にはこれからも更にそういった関連(ギフテッドの社会面、感情面
の支援)の情報収集を怠ってはならないなと感じたのであります。



実際、知的、アカデミックな面ではかなり充実して満足している様子ではあるものの、
最近、ますます「この世のあり方」全般や、物事に対してあれこれとかなり深く思い
を巡らせては不満感を感じ批判的になったり、落ち込み気味になったりする事も増え
てきているので、私としてよく思春期にありがちな単なる一過性のものであってくれ
ればいいと思っているのですが、でももうすぐ14歳の子の精神にしてはかなり”深く
重たい”ものなので、やはりギフテッドならではの部分もあるのだろうと警戒をして
います。


私はこのブログで親バカ丸出しであーちゃんのアチーブメントの話もよくしますが、
でも学校の成績や試験の結果、もろもろのアカデミック関連のコンテストでの賞の
受賞などなんて、所詮は上記にある”ギフテッドならではの特徴が最終的に観察出来
るものとなって現れている”だけで、あーちゃん自身は結構こういった「結果」に
対してはあまり特別な思い入れはないみたいなんですよね。


あーちゃん本人にとっては、自分の知的好奇心を満たす事、自らの能力の限り全力を
尽くしてトライ、チャレンジする事、うちに秘めたクリエイティブニーズを表現する事、
そして自分にとって意味があり喜びを感じる活動に携わり、それによって”elation"又
は感情的にハイの状態になる事に充実感を感じ意義を見いだしているので、諸々の
アチーブメントはあくまでもそれらの単なる”最終結果”であり、それが”目的”ではない
と言う事なんです。


テストでよい結果を得たり、コンテストで好成績をあげたり、一流の大学に入学する為
に勉強するのではなく、あーちゃんの場合、根本的にはこれらの内面的でパーソナルな
”欲望”が大きな原動力となっているようであります。


CaltechやMITを目指すのも、将来自分が望む職業につく為もあるでしょうが、主な
理由としては上記で書いたような、自分自身の価値観に応じた理想的な教育や社会
体験が期待出来るであろうと考えているからのようです。


だから私も親として、子供の夢や願望が叶うよう、そういった面(教育面)での指導
やサポートも頑張らなければと思っています。


でも基本的には私があーちゃんに望む事は、一流大学に合格して将来いい職について、
などと言った表面的なものではなく、1人の人間として健全なセルフコンセプトを持ち、
他人に対しても優しさや思いやりの気持ちを持ち、一社会人として自己の責任をわき
まえ、且つ自分なりに幸せだと思える人生を送ってくれる事であります。


だからこちらの、


e0326991_08422218.jpg


と言うDr. Silvermanの言葉には大いに共感してしまいました。


この記事を読み直し、改めて「教育面でニーズが満たされているからギフテッドについて
の情報収集は必要ない」などと言った悠長な事など言わず、”ソーシャル・エモーショナル”
の分野での支援や人格形成の援助などの為にも、これからも引き続きギフテッドについて
の勉強をして行くべきだと思ったのでした。



いつもブログをご訪問して頂きありがとうございます。

ランキングに参加しています。
お帰りの際に応援のクリックを押して頂けると更新の励みになります。
どうぞよろしくお願いします〜!

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-10-31 09:04 | Gifted


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧