ギフテッドチャイルドの親の権利章典

以前、こちらこちらの過去記事でギフテッドの子達の為の権利章典というのを
紹介しましたが、先日、ギフテッドの子供を持つ親の為の権利章典なるもの
を見つけたので、こちらの方もリンクしておきたいと思います。


ギフテッドの子育てはあらゆる面において非常で特殊である為、なかなか
まわりから理解され難く、(時には誤解をされたり)孤独な思いをしている
親達も決して少なくないと思いますが、これらの項目を読むと、多くの方が
思わず、うんうんemoticon-0144-nod.gifと首を大きく上下に動かして、激しく同意してしまうの
ではないかと思います。





■The Bill of Rights for Parents of Gifted Children

You have a right to...

1. patience and understanding on the part of friends, family,
 and educators with the unique parenting require for raising
 gifted children.


2. not be accused of bragging when you share your child's
 achievements because it doesn't always come easily, even
 to the gifted.


3. get support in the educational setting for your child's
 needs, even if the child is passing the state tests.


4. have your child's exceptionalities accurately diagnosed
 and served.


5. educational and mental health professionals who
 understand and are effectively trained in giftedness.


6. not be the only person who is determined to make
 sure your child has the time & materials to explore his
 or her gifts fully.


7. choose the best educational environment for your
 child without judgement from others, even if the best
 environment is home.


8. expect your child to be physically, emotionally, and
 cognitively safe at school and social situations.


9. allow your child to not always have to be successful.


10. celebrate your child's gifts without apology, hesitation,
  or fear.


私が特にうんうんemoticon-0144-nod.gifと思った部分をいくつか挙げてみますと、まず2の
項目で、私自身もあーちゃんのアチーブメントについての記事を書いたり
すると、「自分の子供を自慢しているバカ親」なんてよく非難された事も
ありますが、(多分今でもそう思っている人達は大勢だと思います。)
歳のせいで神経が図太くなり過ぎたか、最近ではただ一言、(それが
なにか?emoticon-0112-wondering.gif)と、さして気にもしなくなりました。


これは昔からそうなのですが、私自身、自分の子だろうが誰の子だろう
が、個人が一般では見られない、突出した能力やパフォーマンスなどを
見せる事に対してとにかく(すごいなぁ〜!)と言う、畏敬の念、尊敬
の眼差し的見方、感心や感動などを強く感じてしまうので、例えば親が
自分の子供のそういうアチーブメントを言っていたとしても、私にして
みれば、”一個人(ここでは自分の子)の素晴らしいパフォーマンス、
実績の報告”と捉えてしまい、私自身そういったレベルのアチーブメント
を成し遂げる為に親としてやってきた事(支援やその他)を知りたいと
いう気持や、私も自分の子の支援や応援を頑張らねば!とモチベーション
を高めてくれ、いい刺激となるので、他の親から子供のこういう話を聞く
のが大好きであります。


だから、「子供の自慢をしている」と非難されても、(そういう風にしか
見れない人には勝手に言わせとけばいいし、そういう人達とは関わらな
ければいいんだ。)と言った割り切った考え方をするようになりました。


人生、長いようで短いんですし、自分に何らかの形でネガティブな影響
を与えるような人と付き合うのは時間と精神的労力の無駄です。

それよりも自分や子供にとって有益である物や人達に囲まれて、限られた
時間を過ごす方がよっぽどましですし。


カリフォルニアの片田舎の学区から現在の”ギフテッド教育に関しては
かなり前進的で確立された学区”へ移ってきて、交流する親達の層もかなり
異なり、(特に天才学校と呼ばれているデイビソンアカデミーの生徒の親
達など。)親達の子供のアチーブメントに関する話はまさに日常茶飯事的
もので、私自身、そういうのを聞いても(子供の自慢をしている)なんて
気持は全くわいて来ませんし、それどころか教育や子育てヒントをもっと
もっと聞きたくて、いつも耳をダンボにさせてますよ。


また、「子供の自慢をしている」っていいますが、親が自分の子供の事、
特に素晴らしい業績などを誰かに報告したいと思う気持は、人間(親)
なら誰しもが感じるごく当たり前の心理だと思うのですが?


”What I am doing is working!”って事で、ある意味、自らがやっている
事がうまく言っているのをvalidate(確認)したい、もしくは他人に知っ
て欲しい、認識してもらいたいという気持もあると言うか...

こういう風に思うのは私だけではないと思うのですが...


だからリアルでもブログでも私みたいにストレートに記事に書いてないに
しても、あくまでもカジュアルに(でも明らかに!)自分の子供のアチー
ブメントをほのめかす情報や話を持ち出して来ている親も、実際のところ
は自分の子供の人並み以上の能力や実績を他人にも知らせたいという気持
や、実際知らせている事に根本的には違いがないわけで、そういう人達が
自分のことを棚にあげ、他の親に向って、「子供を自慢しているバカ親」
などと批判しているのを見たり聞いたりすると、あまりの偽善的な態度に
辟易してしまいます。


「いや、そういう問題じゃなくて、謙虚さの問題で...」と言われるかも
しれませんが、私は基本、合理的な考え方をしてしまうタイプなので、
どうしても”function over form"(形式よりも機能)になってしまうの
かもしれません。


私みたいなのは日本にいたらきっと皆から石を投げられていたのでは
ないかと思いますが。(苦笑)


あと、7の項目ですが、これも私自身経験がある事で、小学校4年を最後
にその後ホームスクールを始めた時、私も色々と周りから批判めいた事
を言われたりしたものでした。


でもねぇ。これ次の8の項目にも深く関係して来ますが、我が子が学校
で精神的、肉体的、知的な面において適切な環境が望めない場合など、
子供が安心して学習でき、個人として精神的にも成長できる環境を用意
してあげる事がまず大切だと思うのですが。


いじめや嫌がらせにあったり、疎外感を感じたりする事は、精神的、
感情的な面で子供にネガティブな影響を与え、たとえ学校と言う社会的
環境の中であろうと健全な社会性など身に付くはずもなく、返って子供
には逆効果になるだけですし、知的に一般枠からはみ出しているからと
言えど、それがまるで「子供のせいで、そういう例外に対応するのは学校
側の責任ではない」と言わんばかりに”厄介者”を扱うような空気を漂わせ
ているような教育機関に在席し続けるよりは、家庭という精神的にも安定
した環境を子供にとって最適な教育環境だと見なし、ホームスクールを
選ぶ事に対して批判の声があがると言うのが驚いてしまいますが。


うるさくぶーぶー言う外野というのは多くの場合が、実際その子供や
子供の置かれた状況、親の知識情報レベルなども知らないで、ただ一般
論のみでぎゃーぎゃーあれこれ批判する傾向にあり、予備知識や前提も
頭にない者達とまともに議論、討論も出来るはずもなく、これ又こちら
の精神的、肉体的エネルギーの無駄使いになるので、やはりこういった
人達はスルーするに限ると思うようになりました。

もちろんこういったエネルギーや時間を投資するに値する人間関係は
それ相当に見極め、辛抱強く教育や啓蒙を心がけるようにしましたが。


何だか今日は随分と辛口になってしまいましたが、(笑)私も昔は随分
と色々な事を気にし過ぎて気を病み過ぎ、自分や子供、家族にとって
よくない状況を生み出し、結局損をするのは自分たちだという事を身を
もって何度も経験してきましたので、悲しいけれどこういう見方をする
ようになったのかもしれません。


でも自分の身の回り(人間関係や物質など)をストリームライン化して
ミニマイズすると、管理しやすく心配事悩み事も少なくなり、昔に比べ
ると精神的に安定した場所にいられるようになりました。


あれこれと要求が多いギフテッドの子の親にとっては、この”内面的な
安定、穏やかさ”を確保する為にも、この「ギフテッドチャイルドの親の
権利章典」はいい参考になるかもしれませんね。



いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-07 09:25 | Gifted


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

お気に入りブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

人気ジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧