生命の不思議

まず始めに。

いつもこまめに応援のクリックを押して下さっている方、本当にどうも
ありがとうございます!

ぽちっと一押しするのは簡単なようで結構面倒くさいこともあり、にも
関わらず毎日応援して下さり感謝の気持でいっぱいです。040.gif

ちょっと一言お礼が言いたかったもので...

では本題に入ります。

今日の記事は昨日の記事にも関連した、ちょっとした雑学的なものになります。

昨日の記事でパパとあーちゃんがネバダの山奥に出かけ、射撃の練習を
する事に対して心配していると書きましたが、実はあーちゃんのどんく
ささやビビリぃでパニクりやすいと言った部分だけでなく、もう一つ私
が気になっている事があります。


それは、この地域のこういう砂漠地帯にはrattlesnake(ガラガラヘビ)
が生息しているみたいで、射撃の練習をしていて毒蛇に噛まれるんでは
ないか?とどうしても心配なってしまうんですよねぇ。

草むらの中に潜んでいるガラガラヘビにいきなり跳びつかれてアタック
されるんでないか?と気になって仕方がない。008.gif


e0326991_08181139.jpg


ネットで調べていて見つけた情報によると、rattlesnakeの種類(他の
ヘビもそうかもしれませんが。)って、頭を胴体から切断された後で
頭だけの状態でもしばらくの間(時には一時間近くも!)は噛み付いて
くるらしく、実際切断された頭に噛み付かれた人もいるそうな!008.gif

ひえぇぇ〜!

長年人生を生きて来て、初めて知りましたよ!


ちなみにこちらは頭を切断された後に、その近くでまだくねくねと動
いている自分の胴体に噛み付いているヘビの動画です。

かなりショッキングな映像なので、心臓の弱い人は閲覧注意。
(スルーして下さいね。)




いやぁ〜、生命って本当に不思議ですよねぇ。

どうしてこういう事ができるのかと更に調べていると、こちらのサイト
にこういう説明が。


"It is important to remember that a dead rattlesnake, even it
has been decapitated, can still bite and inject venom (poison).
This can occur because the snake's heat sensory pits are
active until rigor mortis is complete. Therefore, placing a
warm object, such as hand, near the snake's mouth will
trigger a biting response"


とあり、どうやらガラガラヘビの類いに見られる「ピット器官」という
赤外線感知器官は、死後硬直のプロセスが完結するまでは活性状態を
維持しているようであります。

だからピット器官(目と鼻孔の間にあるくぼみの様な器官)が存在する
頭に手などの暖かい物体を近ずけると、噛み付き反応が刺激されると
いう事らしい。

なるほどねぇ。

トカゲなんかは再生能力もあるし、ヘビは赤外線感知能力があり、何
だか爬虫類って、解剖学、生理機能学的にも私達ほ乳類とは違った面
があり、本当に興味深いですよね。


早速、今回学んだ事をパパに報告すると、

「そんな当たり前な事知ってるよ。」015.gif


って、軽く鼻であしらわれました。 ( *_ _)


実際、すでにあーちゃん用に「snake bite proof chap」と言う、ヘビ
に襲われた時の為のプロテクションギアもネットで購入していたようで
あります。


こういうの。

でも、これって、”大事”な部分が無防備なんですけどぉ。

私は孫の顔を見るのを楽しみにしているので、是非その部分もきちんと
プロテクトされたギアをデザインして欲しい。(苦笑)

e0326991_07451376.jpg


アウトドア活動とかが好きなパパですので、まぁ、私が心配しなく
てもそれなりの知識や経験もあり、準備も万端って事で、私自身も
さらに一安心したというわけでした。


それにしてもやっぱりアメリカ育ち(特にテキサス州の人達の間で
”一般常識”みたいですね。)の人達はこういう知識は当たり前なのか
もしれないけど、デブ症、いや、(それもそうですが、)出不精の
私にはこういう情報はあまり関係なく、今まで聞いた事がなかった
ので実際、上の動画を観てびびってしまいましたよぉ〜。


それにしてもヘビの首を切断してもがき苦しむ状態のままにすると
いうのは酷ですよね。

野外などでヘビに遭遇したとしても、ヘビは自ら危険を感じない場合
は攻撃を仕掛けてこないらしいから、こちらから離れて逃げればいい
のだし、こちらが身の危険を感じてやむを得ず殺さなければならない
場合は、苦しみを最小限に抑えて即死させるのが慈悲的だと思います。

(残酷なようだけど、ピット器官の活動を停止させる為にも頭の部分
を完璧に叩き潰してしまうとか。←自分の発言が怖くなった。008.gif


個人的には上の動画のような状態を、面白半分、娯楽的なトーンで
子供に見せるのは絶対避けるべきだと思いました。

それにしても、いい歳こいたばばぁになっても、まだまだ学ぶ事は
いっぱいですねぇ。026.gif


いつもご訪問ありがとうございます!

ブログ村のランキングに参加しています。
お帰りの際、応援のクリックを押して頂けると
更新の励みになります。

ポチっとよろしくお願いします〜! ♪♪♪ d(`Д´)b♪♪♪ Thanks!!★

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2014-08-05 08:14 | その他もろもろ


数学が得意な16歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧