映画で知的好奇心を刺激

今年の冬休みは我が家は近場をちょこちょこと訪問するくらいで、別にどこ
に行くでもなし、ほとんど家でま〜〜ったりと過ごしています。


特に私は年末年始にかけて(多分)ノロウィルスにやられて寝込んで
ましたし、(お陰さまで大分体調が回復しました!)あーちゃんも年末
にカリフォルニアのグランマと親戚を訪れた意外は、の〜んびりまったり
した日々を送ってます。


そんなわけでこの休み中はかなり時間を持て余している事もあり、最近
あーちゃんと私は二人で一緒に色んな映画を観たりしています。


2人でベッドの上に横たわり、ポップコーンをほおばりながら色んな
ジャンルの映画にトライしてます。


あっ、でもあーちゃんはスーパーヒーロー系やコメディ系とかじゃなく、
歴史上の人物やイベントに基づいた、”ヒストリー系”の映画を好むよう
で、私が途中で退屈になってくーかくーか014.gif寝てしまったリンカーン
コロンブスについての自伝的映画も最後まで興味深そうに観てました。



で、これもまぁ一応実在の人物やイベントをもとにしているのではないか
と、先日、最近更年期障害に苦しむおばさんの目にチカチカ眩し過ぎる
ほど男前のケビン・コスナー主演の「The Untouchables」を観ました。

(ケビン・コスナーも今は結構おっさんになってるけど。)


e0326991_09155394.jpg


この映画、銃で打ち合うシーンやアンタッチャブルのメンバーが殺される
シーンとか、アル・カポネがバットで部下の頭を叩いて殺すなど、かなり
バイオレンスの場面が多いので、13歳になったばかりのあーちゃんには
ちょっと刺激が強過ぎるか?とも思ったのですが、映画の最初から最後
までかなり神経を集中させて観てましたよ。


そして観終えたあとはえらく感動した様子で、


「ものすごく良かった!」+(*゜∀゜*)+072.gif


って、目をキラキラ輝かせながら言ってました。

で、そんな興奮気味のあーちゃんに何気なく、


「どの部分が良かった? 何が印象的だった?」


と聞いてみると、

「汚職がはびこる司法システムの中で、それに飲まれ込まれる事なく、
自らの信条や正義を追求する為に、とうてい歯が立たないとも思える
巨大な悪の組織に立ち向かって行くアンタッチャブルのメンバー達の
勇気に感動した。」


って、もっともらしいような事を言ってましたよ。


小さい頃のあーちゃんは感情性OEがとにかく酷く、ちょっと悲しい
ようなストーリー(子供が迷子になったり、物を失くしたりなど)
でもすぐに反応してしまい、わんわん大泣きしてらちがあかなくなり、
よく私は(私が妊婦だった時でもここまでエモーショナルじゃなかった
ぞ!013.gif)などと思っていたものですが、最近ではそういった”人が
感じている感情にそのまま共感して気持的に同化してしまう”といった
部分はかなり薄れて来ているように感じます。


でもそれとは又違って、最近では”悪がはびこっている”のを見たり、人
や動物が不当に扱われていたり、個人や社会的な不正に対してなど道徳
的な面で激しい反応を見せていて、感情性OEの対象がシフトしていって
るようで、う〜ん、これも精神的な発達の一部なのかなんて思ったり。



この映画では最終的にはそういった部分が解決されていて、あーちゃん
も、映画を観ている間ずっと高まっていた精神的な葛藤が最後に消化
され、かなりスッキリしたようでしたね。



後、私がこの映画を観て思った、ちょっとした”教訓的な事”として、
最終的にアル・カポネを逮捕する事になった告訴の内容というのが
”殺人”ではなく”脱税”の罪なのですが、同じ結果をうみ出す為には、
時には視点や思考を大きく切り変え、別の方向から攻めて見るという、
”フレキシブル思考”が大切だと言った事なども言って聞かせたり
しました。


埋まっている宝物を発掘する為には、同じ穴をただひたすら掘り続け
るのではなく、あちこち掘ってみると言う、いわゆるlateral thinking
「水平思考」も忘れてはなりませんね。


映画を観終わったあーちゃんはまだ興奮が冷めきらない口調で、


「この後、(裁判で有罪判決となった後)アル・カポネはどうなった
んだろう。エリオット・ネスは? アル・カポネはいつアルカトラズ
に移動したんだろう? prohibition era(禁酒令の時代)について
もっと色々知りたい!」


などと言ってベッドから抜け出し、早速溢れんばかりの知的好奇心
を満たそうとパソコンに向って色々と調べ始めてました。


いやぁ〜、こういう「知りたいから学ぶ」という自然な学びはやはり
本人自ら学びの主導権を握っているといった感じで、パワーも熱意
も違いますね。


こういう学びは本当に効果的です。


映画はあーちゃんにとって新しい事を学ぶきっかけを与えてくれる
プロンプトみたいなもので、そこから色々リサーチして知識情報を
収集し、自分なりに色々とその情報を合成したり、別のトピックや
思考に飛躍させたりして楽しんでいるみたいです。


学校で出された課題だけが勉強じゃなく、こうした何気ないメディアム
がきっかけで学ぶ事もいっぱいですよね。


私も結構映画やドキュメンタリー映画など観た後、そのトピックに
ついて”もっと知りたい〜!”という衝動に駆られ、ついぐぐりまく
ってしまうタチなのですが、先日、何も年明け早々そんな映画なんぞ
観なくても...というようなドキュメンタリーを観てしまい、現在
この出来事について更に色々なソースを調べて自分なりに検証しよう
としているところであります。


                 「Nanking」


e0326991_11033241.jpg


この映画に出て来る出来事、「南京事件」を知ったのは、アメリカに
来て少したった頃で、きっかけは何だったかもう忘れてしまいました
が(多分、学生時代に米国史を取ってたときかも?)日本にいた時は
聞いた事がなかったので、とてもショッキングでした。


そしてその後、この事件に関してもう少し詳しく知りたいと思い、
Of World War II」と言う本を読みました。 



私も日本人としてとても読むのが困難でしたが、でもこれらの出来事が
実際起こっていたのであるならば、人間としてそれを知るべきだと思い、
苦痛や何とも言えない感情を押しつぶしながら読みました。


で、その後10年以上経って最近Huluでこの南京事件についての映画
を見つけ、数日前観たと言うわけでした。

(もちろんこれは私1人で観ました。)


本もこのドキュメンタリーも基本的には外国(アメリカ)側の視点
から捉えられたものなので、(本の著者は中国系アメリカ人)恐らく
ある程度のバイアスも混じっている部分もあるのではないかと思い、
自分なりに色んなソースを調べたりしています。


(日本ではかなりの南京大虐殺論争のサイトも見られます。)


でもねぇ〜、正直言って映画の中に出て来る資料映像を観ていると、
これは反日のプロパガンダでこういう出来事は実際には起きなかった
とはなかなか言い切れない部分が...


いかに死体や残酷なシーンを見慣れている私でも、直視するのは
かなり難しい動画に溢れていました。


と言うわけで、こんな風に、あーちゃんはまともな映画に刺激され、
私の方は今年も相変わらずこんなダークな世界に惹かれてしまって
います。



ブログにご訪問いただきありがとうございます!

いつもわざわざポチを押してくださって感謝しています。
皆さんの応援が私の元気の源となってます。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
[PR]
by mathgifted | 2014-01-07 11:29 | TV番組/DVD鑑賞


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧