ギフテッドの子育てヒント:友情関係

学校に行っている間など、あーちゃんが他の子達とどのように係わり合って
いるかのかというのが自分自身では確認する事が出来ず、いつも先生達から
学校での様子を聞いたりして、ある程度安心していた部分がありました。


...が、ここ数週間、実際にデイビソンの生徒達とビデオでやり取りをしている
あーちゃんを見ていると、ソーシャルスキルの面においてはごく基本的で、まだ
まだかなりぎこちない対応を見せる事も多く、やはりこういった部分は持続して
練習を重ねていき、様々なスキルを身につける支援をしてやるべきだと再認識
させられたようでした。


初回の勉強会の時など、この勉強会の企画者であるD君がその際初めて参加
した女の子にあーちゃんの事を「This is A」と紹介した後、その女の子が
あーちゃんに向かってフレンドリーな笑顔で手を振りながら


「ハロー! Mr.〇〇!(ファーストナームではなく名字)」


と、言ったにもかかわらず、当のあーちゃんはスクリーンに映し出されている
その女の子(Cさん)の方を焦点さだまらないような目でぼ〜と見つけたまま
しばらく何も言い返さないので、私がマイクに聞こえないように、


「Cさんがあーちゃんに向かって挨拶しているじゃない! ちゃんと挨拶
仕返さないとダメじゃないの!」


と注意すると、


「彼女は、”Mr.〇〇(名字)”って言ってるから僕じゃなくてパパに話し
かけているんだよ! 皆僕の事”A”って呼ぶんで、Mr.〇〇はパパの事だよ!」


って言うじゃないですか! ( ; ゚Д゚)


私はこのあーちゃんのあまりの”clueless"さに、マジでずっこけそうに
なりましたよー!!!! (。_゚)〃どてっ!


大体、パパはこのビデオハングアウトにログインしてないわけだし、(マン
ケイブ–男の隠れ部屋でビデオゲームをしていた。笑)パパに会った事も
ないデイビソンアカデミーの女生徒が、D君にあーちゃんの事を紹介された
後、どうしてパパに挨拶すると思うのか?


数学に関しては誰もが見えないような事でも鋭く見えたり、凄まじい洞察力で
私達を驚かせてくれる反面、こういった社会的な部分でコモンセンスが大きく
欠けているのが本当に不思議でたまりません。


      (Cさん、どうしてパパに挨拶しているのだろう??? (・_・?) )

e0326991_305873.jpg



そんな中、お馴染みデイビソンの「Tips for Parents」のシリーズで、まさに
タイムリーな記事を見つけたので、自らの参考として、又皆さんの参考となれば
と思い、ここにアップしておきました。


「Tips for Parents: How to Make and Keep Friends -
Promoting Pro-Social Behavior」




■ソーシャルスキルの基礎

まず高度なソーシャルスキルというのは、2つの分野から成る。
それらは、

① 対人関係のスキル

  ・グループに参加するスキル
  ・会話を続けるスキル
  ・会話をお互い交わし合い、言語的、非言語的どちらともの
   社会的な合図を読む(空気を読む)スキル

などが含まれる。
   

もし子供にこれらのスキルが欠けているようであれば、こういったスキルを
習得させる為に直接指導をする必要がある。 その中にはこれらのスキルの
重要さを子供に説明し、ロールプレーングやゲームなどを通して各スキルを
練習する事も含まれる。


②社会的状況において、実際それらのスキルを実行出来る。

中にはすでに知っているスキルを実際に活かす事に困難を感じる子供もいる。
これは不安やナーバスだったり、注意不足、衝動的、意欲や関心が欠けて
いたりなどの要素が原因だったりする場合がある。

そういった場合、社会的状況の中で大人のサポートが必要となる。
ボーリングやボードゲーム、工作などの構造がしっかりとした活動などに
関わらせる事により、子供は即興に振る舞う必要がない為、大人が子供達
の交流を監視する事ができる。


この場合、ロールプレーも役立つ。
練習は、子供の社会的交流の際のためらいを減少出来る事も。
時として、子供にその日や週の目標を与える事が役に立つ事もある。
例えば、毎日のランチタイムに一緒に食べようと誰かを誘うなど。


注意すべき点は、個人それぞれが望む「社会的交流」のレベルというのは
各自によって異なるというのを認識する事で、子供に2〜3人しか友達が
いなかったにしても、その子自身が満足していて、それなりの社会スキルを
心得ていて、必要な時にそれらを活用できるならばそれはそれで良しする。



とあり、私自身がこの「社会的交流の願望」のレベルが低い為、(これと
言って特に大勢の人達と係わり合いたいとも思わず、数人のいい友情関係
で満足するタイプ)そして、私の見た限りあーちゃんも私と同じタイプの
ようなので、私としてはあーちゃんが自分自身が満足する社会的交流の
レベルを習得でき、それをメインテインする事ができるようにサポートして
あげたいと思いました。



■意欲のない子のモチベーションを高める

(このセミナーのディスカッションで持ち上がった例として)中には近所の子
やクラスメート達と友情関係を築いたり、維持したりするの事に対してあまり
関心がない(モチベーションが低い)子もいるという事で、一つの理由として、
子供自身が”自分には友達が必要ない”と思い込んでいたり、他の子達と共通
する事がなくて、うまく関われないという思いがあるというのがあげられる。



そう言った場合、介入をする際は十分に気をつけなければならない。
もし子供自身が他の子達との交流の少なさを気にしてなくて、満足そうである
ならば、介入する適切な時期ではないのかもしれない。 大切なのは子供自身
が変化を望んでいると言う事である。 そうかと言って、子供が他の子達を
無視したり、無礼な態度や不適切な行動をとっていいというわけではない。


そんな場合でも、とりあえず子供には学校内やその他の子供達との活動に
関わらせたりして関係を維持させておく事。そうしておけば、子供がもっと
友達を欲しがった際など他の子供達と交わりつながる場がすでにあり、友情
関係を築きやすくなる。


■ソーシャルスキルを促進する具体的な戦略


・指導

子供にスキルが欠けている場合、それらのスキルを教える必要がある。
ソーシャルスキルもその他のスキル(服を着たり、運転したりなど)と
同様に扱う。とにかく練習する事。


・練習する

ロールプレーなどでスキルを練習する。
物語を作ったり、うまくいった交流などを想像したり、お手本を見せたり、
練習する状況を作成したり。


・自然な状態の中で練習する

実際の社会的交流の中で指導をする。
社会的な状況に対してのプランを立て、そのプランを子供に練習させ、
その後、実際の状況下において指導を行う。その際、適切なスキルを
促す為に、二人(親子)の間に”秘密の暗号”を設定しておくのも
いいかもしれない。


・報告

状態が落ち着いた後、うまく言った状況や、そうでなかった状況などに
ついて話し合う。 うまくいかなかったものもだが、ポジティヴな交流
や成功だったプレーデートを特に強調して話す。


・うまくいく状況を設定する

プレーデートを成功させる為には、

①いざこざや衝突が生じにくい、構造化されたプレーデートを計画する。
 動物園や映画館を訪れたりするのはいい活動になるし、会話の話題
 ともなる。
 交流が楽しくいい雰囲気のままで終われるように、プレーデートは
 なるべく短時間に抑えること。


②プレーデートを計画する。
 ゲームやアクティビティ、そして休憩なども前もって予定する。


(これはプレーデートの際、とても大切なポイントだと思います。特に子供
 がまだ小さい場合、まだ遊びを自分達でうまくオーガナイズするスキルが
 発達していないので、親などが幹事(?)となって活動を取りまとめると
 子供同士もインターアクションがスムーズにいきやすいと思います。)


オリジナルの記事にはひき続きソーシャルスキル向上の為のヒントが
書かれているのですが、長くなるのでそれらはまたの機会という事で。


あーちゃんの場合、これらのスキルを練習したり、実践的に応用する場を確保
する事ができましたので、(ビデオチャット勉強会)これからもこの機会を
利用し、一般的なソーシャルルールや、微妙な仲間同士での交流スキルなど
もますます向上させていって欲しいものです。



ブログをご訪問して頂きありがとうございます。

お帰りの前に、1日1回応援のクリックをしていただけると更新の
励みになります。
     ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2013-09-18 03:48 | Gifted


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧