ギフテッドの子供が学ぶべき事

にほんブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを頂けると嬉しいです。
    ↓ 
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ


...と言いましても、ここで言っているのはアカデミックな事ではありません。

こちらのSENG(Supporting Emotional Needs of the Gifted)という
ギフテッドの感情面でのニーズをサポートする機関のサイトに、「Using
Books to Meet the Social and Emotional Needs of Gifted
Students」
と言う、ギフテッドの社会的・感情的ニーズを本を用いて対処
する方法についての情報が書かれている記事をみつけました。


もちろん本題自体もとても参考になる内容なのですが、(機会があれば又いつか
この話題についても記事にしたいと思います。)この記事の冒頭に、”ギフテッド
の子が成長して行く上で本人が自覚し、学ぶべき事”
としていくつか重要な項目
がリストアップされていて、それらがとても参考になる情報だと思ったので、
今回この部分にフォーカスしてみました。


以下、「Using Books to Meet the Social and Emotional Needs
of Gifted Students 」
より抜粋。



”ギフテッドの子供達は、しばしばクラスメート達とはまた違った独特な社会、
感情面においてのチャレンジに直面する。彼らは”自分が人とは違う”という事
を理解し、それらをうまく対処する方法を身につけて行く必要があり、理想と
しては、それらの”違い”ゆえ、人間として発展、成長していく事を学ぶ事であろう。 

ギフテッドの子達が成長して行く過程において学ぶべき事とはー



1.自らの知的、芸術的才能のレベルは皆と同等ではなく、実際”自分は人と
 違う”
という事を認識し受け入れる。


2.他の子供と比べ、1人で過ごす時間が必要であるかもしれないと言う事を
 理解する。(そしてその事を理解している大人からのサポートが大切。)



3.自分とは能力や興味関心が違った人達との間でも人間関係を築く事を学ぶ。


4.たとえそうする事によって皆からかけ離れたとしても、自らの才能や能力
 をうまく活用する術を学ぶ。


5.自分自身で自らの知的好奇心を満たしたり、創作性を表現する方法を発見
 するという事を学ぶ。

(自らの”ギフテッドのニーズ”を満たす事に、自分自身が責任を持つ。)



...以下は私が個人的に思った事です。


1. ギフテッドの個人にとって、この世の中で生きて行く事は、私達一般とは
  異なった”世界”を体験するというのは避ける事ができない事実だと思うので、
  まず自らの特質を”認識する”事が、ギフテッドならではの様々な課題や問題 
  を対処していく上での大切な”第一歩”ではないかと思います。



2.”1人で過ごす時間を渇望する”というのは決して”ネガティヴ”な事ではない、
  と言うメッセージをきちんと伝えてあげるべきだと思います。
  
 「外向的タイプ」「内向的タイプ」の正確な定義を認識させる事によって、
  社会や周りが発信する、内向的タイプに対するマイナスなトーンやイメージ
  の影響もある程度阻止する事が出来ると思うので、成長して行く上において
  健全な自己のアイデンティティを形成しやすくなると思います。


3.これは私も(まさにその通りだなぁ〜)と気づかされました。

  確かにギフテッドの子達が社会性を育成したり、感情面においての健全な
  発達を遂げて行くには、自分たちと同じ知的レベルや興味関心を分けあう、
  intellectual peer(知的仲間)の存在が大切であるというのはよく言われて
  いる事ではあるのですが、現実的に見て、ギフテッドが一般の日常生活や
  環境の中で自分と同じ(又は似たような)能力の個人を見つける事は結構
  稀な事ではないかと思います。

  子供が小さい頃は、親が色々とそういった”知的仲間”を見つけやすい環境を
  設定したりしてあげる事もできますが、でも結局はこの世の中(学校や職場、
  その他の社会の場)は”一般の人達”がほとんどなわけですし、例え自分とは
  能力や興味関心の分野が違うと言えど、どんな層やタイプの人達との間でも、
  有意義な人間関係を築く事は出来ると思いますし、その術を身に付ける事は、
  大多数が一般人の社会の中で生きて行く”マイノリティ”のギフテッドに
  とってはとても重要なライフ(サバイバル)スキルになってくると思います。
 
  ギフテッドの子達は成長過程において、こういった部分も認識し、スキルを
  身につけて行くべきなんでしょうねぇ。


4. ”皆と違う”と見られたり、目立ったりするのが嫌なタイプの子達など、それ
  を避ける為に自らの能力を隠し、周りと同化しようとするかもしれません。
  
  でもギフテッドの子が精神的にハッピーと感じるのは、自らの興味関心分野
  をとことん追求してその活動に思う存分没頭したり、才能を表現し、再認識
  や確認したりする時だと思うので、その行為や活動が抑圧された状態では
  最終的には本人の精神面、感情面にマイナスの影響がでてくるのではないか
  と思ってしまいます。

  だから、ギフテッドの子達は自らの才能を認識し、個人の発達、発展の為
  に、それらを如何にうまく活用するかという術を学ぶ事を”知る”事が大切
  ではないかと思います。


5. これは私が特に激しく共感した部分であります。
  
  ギフテッドの子が幼いうちは、子供の知的好奇心、知識、情報の渇望を
  満たしてあげるためには、親である私達が色々と動きまわってそういった
  環境を用意してあげる必要があると思うのですが、子供達も成長していく
  に従い、”自分の事は自分で出来るようにする”と言う、”self-help skill"
  ( 自助技能)を身につけて行きますが、独自の”ニーズ”を持つギフテッド
  の子達にとっては、このスキルを身につけるのは特に大切な事だと思います。

  
 ”ギフテッドならではの特別なニーズ”を自らで認識し、それらに対し自ら責任
  を持って対処して行く事も又、大切なギフテッドのサバイバルスキルですね。

  
(自己の”独特”なニーズが満たされないのは社会やまわりのせいだ!などの
 責任転嫁思考だと、世の中に対しての見方もネガティヴになりがちでしょうし、
 例えば”助け”が必要な時など、それを認識して、適切なヘルプを求める、などと
 いった、”リソースフル”さも身につけるべきだと思います。)
 

以上、私自身色々と考えさせられる事があった、なかなか参考になるリストでした。

 

ブログをご訪問して頂きありがとうございます。

お帰りの前に、1日1回応援のクリックをしていただけると更新の
励みになります。
     ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

[PR]
by mathgifted | 2013-06-25 09:54 | Gifted/2E


数学が得意な15歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧