ギフテッドの生徒用ブルームのタキソノミー

引き続き、にほんブログ村のランキングに参加しています。
応援のポチを頂けると嬉しいです。
    ↓ 
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ

又もやこちらの「Educating Gifted Students in Middle School」の本に、
なかなか参考になる情報が載ってましたので、ちょっとここでご紹介します。

e0326991_4203192.jpg


教育の目標として多くの教育機関や教育者達が参考にしている思考の構造、分類
体系に「ブルームの分類学」(Bloom's Taxonomy)と言うのがあります。 


こちらの表では、認知のプロセスにおいての「教育目標のドメイン(領域)」
示されています。


       ■ブルームの教授目標の分類:認知領域 (Cognitive Domain)
                    (改正版)

e0326991_4381060.jpg


この表は、一番下の基礎的な目標からより高次のものへと階層的に分類されて
いて、各レベルを下(基礎)から簡単に説明しますと、


■記憶 (Remeber)
     
   新しい情報を記憶したり、以前に学習した情報や知識(事実、理論、
   定義など)関連したパーツを思い出したり、必要に応じ、それらを
   自由自在に長期記憶から引き出す。(思い起こす)

 
■理解 (Understand)

   トピックや概念、構成、などと言った基本的な理解を、要約や言い換え、
   例示などの方法にて口頭、書面、図によるコミュニケーションを含む
   方法を用いて表現する。

   ◆理解のスキル

   ・解釈する(明確化する、言い換える、説明する、訳す)
   ・例証する(図解する、事例を挙げて説明する)
   ・分類する(分類する、組み込む)
   ・要約する(抽出する、一般化する)
   ・推測する(結論づける、推定する、挿入する、予測する)
   ・比較する(対比する、地図を描く、一致させる)
   ・説明する(モデルを構成する)


■応用 (Apply)

   過去に学んだ知識や情報(抽象的概念やメソッド、理論、手順、法則など)
   を、ある一定の状況において実行したり、駆使したりして応用する。
  

■分析 (Analyze)

   情報を細かく部分的に分け、その組織構造を綿密に観察し、それらの
   中に関連性を見いだしたり、個々のパーツ(概念や情報など)から
   ”一つの大きなアイデア”を見いだしたり、全体的な構造や目的とどの
   ように関連しているかを判断したりしながら理解を深める。
   
   キーワードは、比較・対照、分解、区別、選択、分類など。


■評価 (Evaluate)

   ある一定の基準や規範に基づいて、アイデアやコンセプト、作品や
   製品などを判断したり批評したり、審査したりする。


■創造 (Create)

   個々の知識や情報の理解を基に、様々な要素を合成しながら、これまで
   見られなかった、もしくは存在しなかったパターン組み立てる
   

と、思考のプロセスのレベルは下から上へ進行して行きます。

(そして下層の割合が大きく、上層が小さいというのは、そのレベルに費やす
 学習のフォーカスの比率も指しているのではないかと思います。)


尚、このギフテッド教育に関した本の中には、以下のような図が載っていました。

                
                  一般の生徒の場合

e0326991_5594758.jpg


これは通常の分類表そのままなのですが、

こちらのギフテッドの生徒用の分類表を見てみますと、内容が少し違っている
のに気がつきます。

                 ギフテッドの生徒の場合

e0326991_632976.jpg


まぁ、要するに、ギフテッドの場合は、通常の分類表がそのまま逆さにひっくり
返っただけなのですが、この本によりますと、一般の生徒と比較して記憶力や
理解力が優れていて、習得の効率が良いギフテッドの生徒達は、”記憶””理解”
などといった基本的な領域にさほど時間とエネルギーを費やす必要がなく、彼ら
に必要なのは、もっと高度なレベルの上層の領域で、(創造評価など)学習
内容においても、更なる複雑さや深さを加える事が大切だと言う事でした。


これは私も(うん、まさしくその通り! 理にかなっている!)とうなずいて
しまいました。


こういったコンセプトを一般の教育者達が把握してくれていたならば、どれだけ
無駄なドリルなどの反復作業が避けられ、労力と余分な時間、そして(ここが
最も大切な部分)ギフテッドの子達の精神的苦痛を和らげる事ができるであろう
と残念な思いで仕方がありません。



ギフテッドの子達が既に習得してしまっている概念や情報を、”これは授業の
一環だから”
とか”他の子達も皆やっていて、ルールだから”などといった理由で
ドリルや反復作業を彼らに強制し、”その子(ギフテッドの子)だけ反復作業を
免除する事は”特別扱い”となり、他の生徒に対してフェアじゃないのでそれは
出来ない”
などというロジックで拒否する教育者は私には理解出来ません。



一般の子にとっては”適切なレベルと学習のニーズ”であるドリルの時間(記憶)
は、ギフテッドの子にとっては”さほど時間と労力を費やす必要のない領域”
あり、その分野に時間を取られてしまうというのは、本来この子達が必要な高度
なレベルに費やす時間を削られてしまい、結局この子達にとっての”実際の学習
ニーズ”
が無視されている事になるのではないかと思うのです。


(ギフテッドの子の学習の機会が剥奪されている。)


となれば、フェアも何もあったもんじゃない!

アンフェアな扱いを受けているのは、自分たちに適した学習レベルや指導内容
が得られず、本来のニーズが満たされる事のないギフテッドの子達の方じゃない
ですか!


そういった日々の退屈さや精神的なフラストレーションから、ちょっと外れた行動
をみせたりすると、学校側は「問題児扱い」又は”なんらかの精神、もしくは
”発達障害”の疑いの目で見たりして、全くたまったもんじゃありませんよね。



もちろん一般の公共の教育機関では、通常のクラス内にてこのような各子供の
レベルに合わせた教育や支援はまず望めないという事も充分承知してます。


(”ギフテッド教育”が正式に存在しない日本の場合は特に。)


でも、ギフテッドの子達が”他の子達と同じように”学んで行く為には、私は
「ギフテッド教育」の大切さをひしひしと感じています。


たとえ今はこのギフテッドの生徒を対象としたブルームの分類が公共の教育機関
に適応されないとしても、家庭で子供の学習支援をしている親達にとっては、頭
の片隅にいれておけば、支援の際、参考になるのではないかと思います。


あーちゃんももうすぐ夏休みに入り、私もこれから又「サマーホームスクール」
のカリキュラム作成を計画している最中ですが、この表を参考にして、この夏
はもっと上層レベルの領域の学習にフォーカスできる学習計画を立てて行こう
と思いました。



ブログをご訪問して頂きありがとうございます。

お帰りの前に、1日1回応援のクリックをしていただけると更新の
励みになります。
     ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ

[PR]
by mathgifted | 2013-05-08 07:57 | Gifted


数学が得意な16歳の2E kid(ASD&ギフテッド) あーちゃんの毎日を綴っています。ネバダの山奥で熱愛する数学を修行中!将来は大学の数学教授になるのが夢。13歳から本格的に地元の大学で数学のコースを受講し始めました。 目指すはMIT or Caltech! 


by あーちゃんママ

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

はじめに
あーちゃん
あーちゃんの作品
Gifted
2E
Math(数学)
Proof School
Middle School
High School
University
Language Arts
Japanese
Science
SAT/ACT
Social Studies
Reading
自宅学習
学習/教育
Resources
Awards
iPad
お薦めの本
自閉症/ADHD
脳について
ソーシャルスキル
実行機能(EF)
Life Skills
Exercises
Memories
育児
Psychology
Health/Medical
Arts
英語の記事・情報
あーちゃんママ
ママのつぶやき
あーちゃんパパ
Quirky Family
Family Outings
日々の出来事
アメリカ生活
TV番組/映画鑑賞
その他もろもろ

最新の記事

ご訪問ありがとうございます
at 2016-02-15 07:26
あーちゃんの2014年を振り返る
at 2014-12-31 15:37
あーちゃんとデート
at 2014-12-30 12:36
あちゃー!あーちゃん (ノ_..
at 2014-12-29 12:31
二人でCOSMOSにハマってます
at 2014-12-28 09:10
ご近所のクリスマスデコレーシ..
at 2014-12-26 09:37
クリスマスイブだと言うのに...
at 2014-12-25 10:37
SAT '14の結果
at 2014-12-24 11:31
Ten best Gifte..
at 2014-12-23 12:42
春学期のコース
at 2014-12-22 10:10

以前の記事

2016年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月

メモ帳

最初のブログ
あーちゃんはmath kid
もよろしくお願いします!

今まで家族で訪れた場所や自然の風景、家族との何気ないひと時などの癒し系写真を集めた私のもう一つのブログです。
Carpe diem
e0326991_03350338.jpg

フォロー中のブログ

日常の小さな魔法
mama's recipe
陽のあたる場所  + が...
あーちゃんはmath kid
Curious Ryon...
Gifted☆
シアトルで子育て
ギフテッドの子の一日
でこぼこギフテッド
毎日ギフテッドかあさん
僕と数。
* 緑の中の台所 *
凸凹な僕たち
でこぼこワンダーランド
アメリカのギフテッド&2e情報
The Curious ...

外部リンク

記事ランキング

ライフログ


Misdiagnosis And Dual Diagnoses Of Gifted Children And Adults: ADHD, Bipolar, OCD, Asperger's, Depre


Different Minds: Gifted Children With Ad/Hd, Asperger Syndrome, and Other Learning Deficits


A Parent's Guide to Gifted Children

その他のジャンル

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧